人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

オカワカメが開花して、栽培終了

f0108133_23404661.jpg

オカワカメ栽培2013: 15


f0108133_23405211.jpg定植から十九週間後、花芽の出たオカワカメは三分咲きぐらいになりました。

昨年は初めて栽培したということもあり、興味も手伝って満開になるまで見届けたのですが、九月末から十一月前半はきのこで手一杯になって片付ける暇がないことと、昨年の経験よりオカワカメのつるが枯れるとガチガチに固くなって、網から外すのに非常に苦労することから、早々に栽培を終えて片付けることに。

f0108133_23411847.jpg片付ける前は、ほとんどむかごができていないとばかり思っていたのですが、実際に片付ける際に残っている使えそうな葉を収穫していったところ、葉の陰からむかごが続々と現れました。 やはりそれなりにできていたようです。

f0108133_23413275.jpgそして収穫した葉については、すでに八月末頃から色も厚みも薄くなってきて、あまり美味しそうでなくなってきていたのですが、それでも窓の前一面を覆っていただけのことはあって、集めてみたところ数百枚に及んでいました。

オカワカメの葉は大量にあるようでも、火を通すと驚くほどかさが減ってしまうのですが、さすがにこれだけあると減っても充分な量があり、このあとしばらくの間、オカワカメをふんだんに食べることができました。

f0108133_23412717.jpgところでつるをすべて刈り取ったあと、土の中から地下茎を掘り出しましたが、あまりの成長のよさに油断して、ほとんど追肥をしなかったのがたたってか、あれだけ生えていたわりには量が少なく、しかもあちこちにネキリムシの仕業と思われる大穴が空いており、すっかり忘れていたネキリムシへの恨みを思い出しました。 とはいうものの、来年また窓の前を埋め尽くすには充分な量があるので、よしとしましょう。

掘り出した地下茎は寒さに弱いため、来年の春まで室内で保存するのですが、昨年のように乾燥しすぎてひからびてしまわないように、注意しようと思います。

ということで、五月の連休頃から約五ヶ月にわたって続けて来た今年のオカワカメ栽培記録ですが、これにて終了します。

[写真] オカワカメ: 草丈3m以上, むかご: 直径約7mm, 地下茎: 長さ最大約5cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2013-10-04 00:51 | 植物 | Comments(0)