人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

害虫王者ガイキング2013

f0108133_1464790.jpg

もう何年も前からバジルをはじめ、諸々の野菜作りに手を出してきましたが、その一方でそれらの野菜にあれこれと被害を及ぼす害虫との、正直まったく嬉しくないお付き合いもさんざん経験してきました。

昨年まではベランダで育てていたためか、相手の種類も多くありませんでしたが、今年は露地植えにしていることもあって一気に相手が増えてしまい、地上で最も繁栄を誇る一族の威力を思い知らされて、少々気力も萎え気味になってすらいます。

そこで半分やけくそ気味に、我が家のささやかな菜園を襲った歴代の害虫(昆虫以外も含む広義のムシ)の困った実力を当世のゲーム風に分析して害虫王者ガイキングを決定し、憂さ晴らしでもしてみようと思い立ちました。 ちなみに私はゲームの類いにきわめて疎く、「ゲーム風」といってもよくわかっていませんので、そのへんは大目に見てください。

それでは、害虫王者の候補を季節の早い順に紹介しましょう。

f0108133_14242057.jpg[ハダニ]
クモ綱ダニ目ケダニ亜目ハダニ上科
破壊力 ★★★☆☆ 〜 苗の時期は致命的な被害になる
集団力 ★★★☆☆ 〜 気がつくと大量にいる
持続力 ★★★☆☆ 〜 発生時期が長い
防御力 ★★☆☆☆ 〜 極小でしかも葉の裏側にいる
必殺技:特になし
弱点: 水がきわめて苦手

五月頃の雨の少ない時期に、バジルの葉の裏側に発生して葉に白い点々を作り、まだ小さい株を枯死させたことすらありました。 ただし水が大の苦手なため、葉水や雨ざらしで簡単に防げてしまうので、今となってはもうあまり恐くはありません。

f0108133_14434915.jpg[アブラムシ]
昆虫綱有翅亜綱カメムシ目腹吻亜目アブラムシ上科
破壊力 ★★☆☆☆ 〜 株を枯らすほどにはならない
集団力 ★★★★★ 〜 猛烈な繁殖力
持続力 ★★★★★ 〜 真冬以外はいつでも現れる
防御力 ★☆☆☆☆ 〜 動きが鈍いので簡単につぶせる
必殺技:単為生殖、アリの利用
弱点: 天敵に人気

農薬を使わない限り完全防除は不可能で、大量発生してしまったら正直お手上げなので、我が家としては「アブラムシの付きやすい物は植えない」というきわめて消極的な対策で逃げています。 ただ、発生しても株を枯らすほどの被害は出ないので、見つけたら地味に手で捕まえているのが現状です。

f0108133_14591215.jpg[ヨコバイの仲間]
昆虫綱カメムシ目頸吻亜目セミ型下目ツノゼミ上科
破壊力 ★☆☆☆☆ 〜 葉が汚くなって腹立たしい程度
集団力 ★★☆☆☆ 〜 繁殖はしないが数は意外に多い
持続力 ★★☆☆☆ 〜 真夏になるとあまり見ない
防御力 ★★★★☆ 〜 飛んで逃げる
必殺技:瞬発力を活かした逃げ足
弱点: 警戒心がない

オレガノ、タイム、セージの葉に白い傷を点々と付け、株こそ枯らさないものの、飛んで来ては飛んで逃げるために正直打つ手がほとんどなく、腹立たしい虫です。

f0108133_15261035.jpg[ベニフキノメイガ(幼虫)]
昆虫綱チョウ目二門亜目メイガ上科ツトガ科ノメイガ亜科
破壊力 ★★★★☆ 〜 タイムを何度も枯らされた
集団力 ★★★☆☆ 〜 捕っても捕っても現れる
持続力 ★★★☆☆ 〜 発生時期に幅がある
防御力 ★★★☆☆ 〜 アオムシらしからぬすばしっこさ
必殺技:いざとなると葉から飛び出して逃げる
弱点: 糸を張るので水をまくとよく目立つ

シソ科の植物を好んで襲撃するという、我が家に喧嘩を売っているとしか思えぬイヤなやつです。 しかも最初は極めて小さいためになかなか見つけられず、気付いたときには新芽がボロボロ、捕まえようとするとスススッと葉の間に逃げ込み、追いつめたと思うと株からぴょんと飛び降りるという妙にすばしっこいところがなおさら腹立たしい奴です。

f0108133_1554151.jpg[ネキリムシ(カブラヤガ幼虫)]
昆虫綱チョウ目ヤガ科モンヤガ亜科
破壊力 ★★★★★ 〜 根元からポッキリやられる
集団力 ★★★☆☆ 〜 単独行動だが数は多い
持続力 ★★★☆☆ 〜 発生時期に幅がある
防御力 ★★★★★ 〜 昼間は土の中に隠れている
必殺技:茎ごと丸かじり
弱点: 動きが鈍い

カモミールは全滅させられ、固いシシトウやシソの茎も根元から喰い切って株ごと一発でダメにする、恐るべき奴らです。 しかもここまで大胆な荒らしかたをするくせに、目立つ昼間はコソコソと土の中に隠れるという卑怯な習性で、そのためか見た目まで醜悪に感じられます。

f0108133_1614149.jpg[アザミウマ]
昆虫綱アザミウマ目
破壊力 ★★★★★ 〜 株全体が使い物にならなくなる
集団力 ★★★★★ 〜 大発生する
持続力 ★☆☆☆☆ 〜 夏後半に限定される
防御力 ★★★☆☆ 〜 極小で飛び跳ねて逃げる
必殺技:汚しまくり
弱点: 困ったことに、なし

じつはここしばらく姿を見ていないので、被害からは遠ざかっているのですが、一旦発生するととにかく小さいわ、跳ね回るわで捕まえられないうえ、汁を吸われた痕が白っぽくなり、それが株全体に拡がって使い物にならなくなるという、甚大な被害を及ぼします。 発生すると手の付けようがないので、これからの時期は戦々恐々です。

以上、長々と書いてきましたが、わざわざ戦力分析などするまでもなく、やはり何といっても今年最大の被害を及ぼしているのは、やはりネキリムシでしょう。 カモミール全滅の恨みは深いものがあります。

というわけで、映えある今年の害虫王者ガイキングは、文句なしでカブラヤガの幼虫(ネキリムシ)に決定です。

なお、このノリで今度は天敵王者テンキングもやろうかと。。。

[写真] 被写体: 我が家の害虫いろいろ




名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2013-08-18 16:40 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)