人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バジルが穫れすぎて少々持て余してきました

f0108133_2334466.jpg

バジル栽培2013: 11


f0108133_23343769.jpg種播きから十三週間後のバジルの様子です。

切り取っても切り取っても、次々と新しい葉が出てきて、一週間前にどこを切ったのかがわからなくなってくる我が家のバジル。 そろそろバジルを使った献立のネタも尽きてきて、食傷気味になってきました。

それもそのはず、昨年までのプランターで育てていた頃は、せいぜい六、七株だけで一夏たっぷり楽しめていたものが、今年は二十株以上もあるのです。

f0108133_23351169.jpgしかし、次々と伸びてきて花芽が出てしまうので穫らないわけにはゆかず、この暑さを利用して穫った葉を乾燥させて保存することにしました。

乾燥は干物用の網に入れ、二階のベランダにぶら下げています。 暑いといってもさすがに一日では乾かないので、数日はかかるでしょう。

f0108133_2335446.jpgところで、花壇のタイムやセージと同様に、バジルもベニフキノメイガの幼虫をはじめとする青虫のたぐいにあちこちかじられ、穴だらけです。

そのため、現在は収穫するとまず「品質検査」と称して、葉についた虫を取り除いているのですが、それでもしばしば、ふと見ると台所を青虫が這っているという事態が発生します。

f0108133_23351978.jpgいったいどこに隠れているのだろうか、そもそもどうして次から次へと出現するのだろうかと思っていたのですが、たまたま「品質検査」を行っていた際、その謎が判明しました。

青虫は成長点付近の葉にいることが多いのですが、そのあたりを集中的に見ていたところ、何やら白い粒がいくつか付いているのを見つけました。 その大きさや数からしても、セージの葉に付いていた白いツブツブとは明らかに異なるもので、だいたい一つの株に数個付いています。

この状態ではとても同定などできませんが、おそらくこれが次々と出現するベニフキノメイガの卵なのではないかと思います。 探してみるとほぼすべての株に付いているのですが、この状態でははっきりいって手の打ちようがなく、お手上げの状態です。 何か貪欲な天敵でも現れて、片っ端から喰ってくれないものでしょうか。

[写真] バジル: 草丈約50cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2013-08-05 00:26 | 植物 | Comments(0)