人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

とうとうセージまで

f0108133_723127.jpg

セージ栽培2013: 7


種播きから十週間後のセージの様子です。

ヨコバイの仲間に汁を吸われて、あちこちに白い傷ができているセージですが、とうとう葉が付け根からぽっきりとやられてしまいました。 しかも一株だけでなく、あちこちの株で同じような状態が起きています。

とうとうネキリムシがセージにまで現れたかと周囲の土を探してみましたが、残念ながら見つかりません。 そこでやられた葉を見てみると、葉の一部が丸まっており、その内側に蜘蛛の巣のような白い糸が張られていました。

どうやらこの特徴からして、タイムやバジルを食い荒らしているアオムシのようです。 糸の張られた部分を開いてみると、やはりこいつでした。

そもそもアオムシやケムシが大の苦手で写真さえ見るのがいやなので、いちいち種類も調べていなかったのですが、シソ科の葉ばかりを狙い撃ちしてくるので、さすがに気になって調べてみると、どうやらシソ科、糸を張る、すばしっこいという特徴から、ベニフキノメイガという蛾の幼虫のようです。

とりあえず食われているセージの葉を片っ端から裏返して一通り捕捉しましたが、今まであまり大きな被害の出ていなかったセージまでやられ始め、少々心配です。

[写真] セージ: 草丈約8cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2013-07-09 07:21 | 植物 | Comments(0)