人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

深大寺きのこだより

f0108133_11432056.jpg

梅雨とは名ばかりの少雨続きでなかなかきのこが生えず、家庭菜園の記事ばかりになっていたこの頃ですが、ようやっと期待した雨が続いて、深大寺周辺では先週あたりからきのこたちが活気づき始めています。先週の時点でもそこそこは生えてはいましたが、今週になって中型のきのこも生え始め、いよいよ賑やかになってきました。

f0108133_11432570.jpgどこでも同じことながら、深大寺周辺にもいつもの場所にいつもの顔ぶれが現れます。

まずは上の写真のテングタケの仲間。 いつもの場所に繰り返し生えてくるのですが、金曜の朝あたりから白いだるまさんのような姿の幼菌が落葉を押し上げて顔を出し始めました。 早いものではすでに傘がすっかり開いています。

それから、あの場所に繰り返し生えてくるツマミタケ。 小ぶりでいつもこの程度までにしか伸びず臭いもあまりしないのですが、そのおかげかダンゴムシなどにあまり食い荒らされることがなく、いい状態のものが見られます。

f0108133_11433112.jpgこちらは一昨年大発生したときの写真を妻の編みぐるみ展にも出したイヌセンボンタケ。

その後はいまひとつ好条件に恵まれず、百本ぐらいが関の山なのですが、それでも金曜の朝に幼菌が集団で顔を出しており、その後晴れてしまったため心配したものの、なんとか無事育ってかわいらしい姿を見せてくれました。

f0108133_11433947.jpgそしてあの一帯に毎年生えてくるムラサキヤマドリタケ。

いつ出てくるのか発生時期が読めないので、正確には把握できていないのですが、見ている限りではこのあたりのものは傘の黄色いまだら模様が顕著で、ほとんど黄色に近くなる個体が多いようです。

そのほかにもヤマドリタケモドキと思われるきのこが今年も生え始めており、いよいよ夏という雰囲気になってきましたが、天気予報ではこの先またしばらく梅雨の中休み状態で、せっかく生え始めたきのこたちもまたお預けになってしまうのではないかと危惧しています。

[写真] テングタケ?: 高さ約2.5cm, ツマミタケ: 高さ約3cm, イヌセンボンタケ: 傘径約6mm, ムラサキヤマドリタケ: 傘径約2.5cm



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2013-06-30 14:16 | 菌類 | Comments(0)