人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

オカワカメが地下茎から続々と発芽しています

f0108133_0195178.jpg

オカワカメ栽培2013: 4


定植から四週間後のオカワカメの様子です。

先週芽が出始めた地下茎は、その後も続々と芽吹き始め、早いものではつるが十センチほどまで伸びています。 苗で買ってきて植えた二株もあり、栽培記録はつけていませんが、じつはゴーヤーとキュウリも植わっているので、今年の緑のカーテンはにぎやかになりそうです。

f0108133_020595.jpgそして苗で植えた株のほうですが、そのうちの片方は早くもオカワカメの本領を発揮してつるがどんどん伸び、一メートルにも達してしまいました。 ただ、この一本だけが突出して長いので、枝分かれを促すためもあり、このあとその長いつるは途中で切り取って三十センチほどに戻しました。

f0108133_0202494.jpgところで、昨年はベランダで育てていたこともあって、これといって虫にも喰われなかったのですが、今年は下のほうの葉が穴を開けられるわ、つるの先端にはアブラムシがつくわと、自然界の洗礼を受けています。

f0108133_0203060.jpgとは言うものの、殺虫剤は使いたくないので、テントウムシでもやってこないかと思いながら指をくわえてみていたところ、何やらちょろちょろとつるを上り下りしている虫らしきものを見つけました。 一瞬毛虫かと思ったのですが、よく見るとどうやらクサカゲロウの幼虫のようです。

いつの間に現れたのかわかりませんが、テントウムシと同じくアブラムシの天敵であるクサカゲロウの幼虫のおかげか、気がつけばつるの先端の若い葉にくっついていたアブラムシは見事に姿を消していました。

そう言えば先日、イモムシの存在を嗅ぎ付けたのか、アシナガバチが飛び回っていましたが、自然の調節機構はよくできているものだと、感心してしまいます。

[写真] オカワカメ(地下茎から育てたもの): 草丈約10cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2013-06-07 00:42 | 植物 | Comments(0)