人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

やっと出会えた立派なアミガサタケ

f0108133_9154728.jpg

引越しの後片付けやら何やらで、なかなか観察に出られなかったことと、なにより春先の天候があまりきのこ向きでなかったことから、今年はアミガサタケ運が良くなかったようです。 昨年があまりに良すぎたこともあり、なおさらその感があるのでしょう。

f0108133_9161755.jpg結局今年は四月の中頃に見た、毎朝乗るバス停近くの二本くらいしか見られなかったとしみじみ思っていたのですが、思いがけず、今年最後と思われる大きな出会いがありました。

先日会社の成人病検診で訪れた虎ノ門付近の病院で、予約の時間まで少し間があったため、辺りをなにげなく探索していたところ、なんと巨大なアミガサタケの集団に出くわしたのです。

さすがにもう時期的には過ぎており、全体に朽ちかけてはいたのですが、立派なアミガサタケが団子状に二ヶ所生えており、その周辺にも小さな個体がぽつぽつと散らばっていました。

あと一、二週間ほど早かったらさぞかしすてきな光景だったろうとは思いますが、これだけでも今年のアミガサタケ欲はじゅうぶんに満たされたように思います。

ちなみに、棲息環境を確認しようと周囲を見回してみると、やはり若木ながら桜があり、写真にも写っていますが、コンクリートの壁際という場所で、桜とアルカリ性土壌という要件には合っているようです。

今年は機会がなく訪れることすらできませんでしたが、六本木と合わせて、これで港区内に二ヶ所目のシロとなりました。 どうやら港区はアミガサタケの宝庫のようです。 そもそも港区自体が高低差の多く、細い路が複雑に入り組んだ土地で、絵に描いたような都会とは趣を異にしているのですが。

[写真] アミガサタケ: 高さ約6cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2013-05-05 09:57 | 菌類 | Comments(0)