人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いいツチグリ

f0108133_7193626.jpg

先週末のことですが、青梅にある内沼きのこ園というところにしいたけ狩りに出かけました。 (ちなみにそこは、高野さんのキノコランプが展示されています)

f0108133_7195125.jpg野生のきのこが豊富な季節にしいたけ狩りかと呆れられそうですが、私たちが出かけるのは公園や緑地など動植物の採取ができない場所ですし、食べることを考えながらきのこを見るのが不得手なので、食べるときは非情に徹しようと、人工栽培のきのこ園に出かけたというわけです。

実際に行ってみると、ほだ木から生えているシイタケのあまりのかわいらしさに、ついつい情が移って本来の目的を見失いがちになりながらも、とったその場で炭火焼などして楽しみました。

さて、しいたけ狩りも昼にはすっかり満腹になって終わってしまい、東青梅駅前に戻ると、道ばたに「風の子・太陽の子広場」という案内標識があります。 同じ多摩地区とはいえ、そうちょくちょくと来られる場所でもないので、以前訪れたときにすてきなきのこに出会えたこともあって、腹ごなしに寄ってみることにしました。

f0108133_7195846.jpgしばらく乾燥が続いたためか、ひからびたものがちょぼちょぼとあるだけで、めぼしいきのこは見られず、これはやはり嫌われたのかと思いつつ進んで行くと、林の中の土の露出した場所に、なんと開いたばかりのきれいなツチグリがいるではありませんか。

ツチグリそのものはけっこうどこにでも生えているものですし、実際近所でもごろごろと生えている場所があるのですが、じつは開いたばかりのきれいな状態のものは一度も見たことがなく、つぶれていたり、風化してぼろぼろになっていたり、古くて黒ずんでいたりと、いつも残念な思いをしていたのです。

一度きれいな状態のものを見たいと、まだ開いていない幼菌のうちから目をつけていても、いつまでたっても開かなかったり、開きかけたそばからカビにやられてしまったりして、一度でいいから「いいツチグリ」を見てみたいと言っていたところでしたので、これを見たとき、うれしさに思わず大はしゃぎしてしまいました。

たまたま運がよかっただけかもしれませんが、「風の子・太陽の子広場」はやはり聖地でした。

[写真] ツチグリ: 直径約3cm



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2012-11-03 09:21 | 菌類 | Comments(0)