人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

なぎさの森と関内さんの木彫りきのこ番外編

f0108133_23484774.jpg

関内(せきうち)さんの木彫りきのこ紹介の番外編です。
(関内さんの作品についてはこちらに詳しい説明があります)

元々予定していた用事が急に取りやめになり、時間ができたので、思い立ってなぎさの森(正式には大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森)へきのこ偵察に出かけました。 この公園はこのブログで何度か木彫りきのこの作品を紹介している、関内さんのよく行かれるという場所で、関内さんからいろいろと素敵なものが生えた話を伺っていたので、気になっていた場所です。

f0108133_2348121.jpg関内さんにはとくに連絡したわけでなく、もしかしたらどこかでお会いすることもあるかも、というくらいに考えて、大井競馬場駅方面から公園に入ろうとすると、いきなり入口の真っ正面からササクレヒトヨタケのお出迎えを受けました。

さっそく写真に収めたあと、初めての場所なので、とりあえず管理事務所まで行って公園内の情報などを確認しようと進みつつ、あちこちに顔を出したきのこを撮っていると、進行方向正面から近付いてくるかたが。 見ればなんと関内さんと、この公園によくらっしゃるきのこ仲間のかたのお二人でした。 もしかしたら程度に思っていたのが、到着早々ばったり出くわし、お互いにびっくりでした。

その後はかたじけないことに、関内さんときのこ仲間のかたのお二人のご案内をいたたきながら公園内を見て回り、深大寺とはまた違う、魅力的なきのこを撮影することができました。

f0108133_23481740.jpg途中で管理事務所にも立ち寄り、お二人の撮られた写真を拝見したりしたのですが、そこに公園内で採取したコウジタケとニオイコベニタケが置いてあり、「においをかいでみましょう」と書いてあったので、体験させていただきました。

お恥ずかしいことに、私はきのこを撮影こそするものの、きのこをもぐということをしないため、人様に説明しているくせに、自分ではにおいをかいだことがありませんでした。 ということで、初めてニオイコベニタケの臭いをかいだのですが、まさにカブトムシ臭そのものでした。

そんなこんなで、関内さんとなぎさの森をめぐりつつ、またしても木彫り作品をいただいてしまいましたので、たいへん前置きが長くなりましたが、追加でご紹介します。

いちばん上に載せた写真がその作品のヤシャイグチで、関内さんの作品には珍しく、管口が彫られていないのですが、特徴である柄のささくれや、傘の表面の色の感じなどの細かい部分の再現性は相変わらずいい感じです。

作品No.132 (1994/5/1): ヤシャイグチ [高さ13cm, 木製, アクリル絵の具?]


実物きのこはササクレヒトヨタケ(高さ約6.5cm), ニオイコベニタケ(傘径約3.5cm)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2012-06-24 23:43 | 菌類 | Comments(0)