人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

梅雨の晴れ間の虫三昧

f0108133_1823729.jpg

いかにも梅雨らしいじっとりした日が続き、毎朝バス停に向かうたびにイタチタケやキクラゲの楽しげな姿を見ては、すっかり気分がきのこになっていたところへようやっと雨も上がり、さっそくいつもの深大寺周辺に出かけました。

そこかしこにきのこは出ていたものの、期待がふくらみすぎて若干物足りなさを感じつつ歩いていると、どういうわけか路傍にアブラゼミらしきセミの幼虫が。 まだ時期的に早過ぎるうえ、そもそもこの時間は午前中です。 何かおかしいと思いつつ見ていたのですが、セミの幼虫は妙にふらふらして、まっすぐ進めないわ、こけまくるわ、やはりまともではありません。

何かの間違いで早く地上に出てしまったただけなのか、何かしらに中枢神経を乗っ取られ、操られているのかわかりませんが、まともに羽化はできなそうです。 そういえば以前、梅雨時の八国山緑地で、セミタケらしき菌類に犯されたセミの幼虫が頃が転がっているのを見たことがありますので、そんなものなのかもしれません。

f0108133_1824885.jpgそして今度は神代植物公園の中に入り、いつものきのこ探索経路を進みながら写真を撮っていると、またまた怪しげなものが目に入りました。

こちらは正真正銘の、菌に犯されてしまったやつでしょう。 公園内ということもあり、掘り起こして確認してはいないのですが、たぶんオサムシタケだと思います。 オサムシタケを見たのは初めてではありませんが、今回のものはなかなかいい感じの怪しさをかもし出しています。

きょうはずいぶんと虫づいているなと思いつつ、さらに歩いて行くと、今度はドクダミの葉の上に何やら緑色のものがうごめいています。

f0108133_1824219.jpg近付いてよく見ると、アカスジキンカメムシの成虫でした。

じつは少々恥ずかしいことに、アカスジキンカメムシは終齢幼虫こそ何度も見ており、ワハハカメムシなどと勝手に名付けて喜んでいるのですが、成虫は一度も見たことがなかったのです。 今回見たものは少々羽が傷んでいるようでしたが、初めて見る成虫の姿に大喜びしてしまいました。

というわけで、なぜか虫三昧な一日でした。

[写真] セミの幼虫: 3cm / オサムシタケ?: 高さ2cm / アカスジキンカメムシ: 1.5cm



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2012-06-17 19:19 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)