人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

関内さんの木彫りきのこ(14)

関内(せきうち)さんの木彫りきのこ紹介の十四回目です。
(関内さんの作品についてはこちらに詳しい説明があります)

今回ご紹介するのは木彫り作品ではなく、実物です。

f0108133_23263968.jpg

f0108133_23264569.jpgまずはコフキクロツチガキの乾燥標本です。

そもそも私自身がこのきのこをまったく知らなかったのですが、関内さんの話では、頭部の丸い袋の部分がたいへん美しい青色で、とても印象に残ったそうです。 上の写真で背後に写っている写真もいっしょにいただいたのですが、これがその時に撮られたものです。

青いバラやカーネーションなど、やはり人類はというのか日本人は青い色をした生き物に対する潜在的なあこがれがあるようですが、このきのこも、きのことしての魅力以上に、そう言った意味で琴線に触れるものがあるのではないかと思います。

腹菌類好きの私としては、やはりぜひ実物が見たいところです。

f0108133_23265033.jpg

こちらは切株から生えたマンネンタケの実物です。

あまりに作品が大きいので、我が家の撮影環境が丸見えになって恥ずかしいのですが、見事なマンネンタケが何本も生えています。 実際にこの切株から生えたものなのか、別々に採集したものを切株に付けたものなのかは、伺うのを忘れましたが、この立派さと怪しさは漢方薬局の店頭に置いても見劣りがしないのではないでしょうか。

古来より霊芝の大きく枝分かれしたものは縁起物として珍重されてきたそうですが、我が家でも何となく縁起がいいような気がして、これを玄関に飾っています。

作品No.不明 (2006/1/27): コフキクロツチガキ [高さ5.5cm, 乾燥標本]
作品No.不明 (2006/7/28): マンネンタケ [幅28cm, 実物・切株・木材, ニス仕上げ]


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2012-05-22 23:59 | 菌類 | Comments(0)