人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

あわわわわっ、とアミガサタケ大発生

f0108133_084168.jpg

大変お待たせしました! 春です!! と言わんばかりにどどっと生えたアミガサタケ。
でもちょっと烈しすぎではありませんか。

ここ数年、春先に少雨が続き、アミガサタケが寂しい状態が続いていたのですが、今年は三月末からよい具合にお湿りがあり、あとは気温さえ上がればひょっとするとひょっとするのでは、と内心期待していました。

f0108133_084693.jpgそんななか桜も満開を過ぎて散り始め、時間もできたので、そろそろ深大寺周辺の様子を見に行こうかと思い出かけると、深大寺に向かう桜並木でいきなりこのアミガサタケの押しくらまんじゅうが。 不意をつかれたのと、あまりに強烈な生えかたに、思わず人目もはばからずに大笑いしてしまいました。

見たところ少々古くなっているようなので、この様子ではかなり前から生えていたと思われるのですが、この桜並木の植え込みは、以前生えていたこともあって、今週何度か出勤時にまだ生えていないことを確認していたはずなのです。 我が目の節穴ぶりが情けないのですが、ともあれ幸先のよい出だしてこれは期待できると、いつもの探索経路へと歩を進めました。

f0108133_085258.jpgすると今度は神代植物公園裏の、さまざまなきのこがよく現れるイチョウの植わった一角に、トガリアミガサタケの大発生が。 先ほどのお団子状態とは違って、こちらは点々と離れてはいるものの、大小あわせて二十本ほどのトガリアミガサタケがぽこぽこと楽しげに生えているのです。

深大寺に越してきて以来、トガリアミガサタケはまだ一本しか見たことがなかったのが、とつぜんこの光景で、先ほどの強烈なアミガサタケに続いてのお祭り状態にすっかり気分が高揚して、またまた人目もはばからず大騒ぎしてしまいました。

f0108133_085770.jpgそして気がつけば、通常なら十分ほどで行けるはずの深大寺へたどり着くのに、小一時間もかかってしまいました。 もっとも、十分で行けるのはきのこのまったくない時期で、普段も似たようなものなのですが。

いよいよすごいことになってきたと、大いに期待して神代植物公園に入って行ったのですが、残念ながら本日のきのこ運は尽きてしまったようで、その後はほとんどきのこに出会うこともなく、単なるお花見に終わってしまいました。

とはいえ、一日で五十本近くのアミガサタケに遭遇したのはかれこれ五年ぶりでしたので、なんだか久々に春を満喫したような心地でした。 ここ数年、春のみならず一年を通してきのこが不作続きでしたので、今年こそ多くの楽しいきのこたちに出会えること祈るばかりです。

[写真] アミガタサケの塊:直径約15cm, トガリアミガサタケ:高さ約8.5cm



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX K-5 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
PENTAX K-5 + DA21mm F3.2 AL Limited

Commented by kokusa5884 at 2012-04-19 23:19
ものすごいかたまりですね。私の近所では、なぜかアミガサタケはなかなか見られません。こんなの見たら、卒倒します。
Commented by at384 at 2012-04-20 00:15
わかる人にはわかるのかもしれませんが、やはりアミガサタケの習性は不可解で、いつどこに生えるのかいまだに予測できません。正直深大寺周辺には生えないのではと思っていたほどなので、私も今回は驚きました。
Commented by kokusa5884 at 2016-03-25 21:40
すごい!!けど、もう少し良い(きれいな)場所に生えてほしいですね。
Commented by at384 at 2016-03-26 09:49
アミガサタケは何故か小汚ない所に生えたがるように感じるのは気のせいでしょうか。
ここ数年、深大寺周辺では黄色系のアミガサタケが不作でしたが、今年はちょくちょく降雨があるようなので、久々の大発生を期待してしまいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2012-04-16 01:28 | 菌類 | Comments(4)