人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

春の使い

椿の花も大分咲いてきたようなので、そろそろ見つかるのではないかと思い、新宿御苑でツバキキンカクチャワンタケを探してみました。最初はなかなか見つからなかったのですが、しばらく探しているうちに勘が戻ったのか、次々と見つけることができました。

f0108133_23222515.jpg

f0108133_23225764.jpgツバキキンカクチャワンタケは写真のような、茶色いラッパのような形をしたきのこです。
馴染みのない方から見れば地味で怪しげな形なのですが、その生態を知ると、なかなか興味深いものがあります。

きのこと言えば樹や枯葉に生えるものという印象があるのですが、このきのこは椿の花だけに生えます。さすがに森の掃除屋さんと呼ばれるきのこだけあって、生えるのは花と言っても咲いている花ではなく、地面に落ちた花です。そのため、椿の花が落ちる春になると姿を現して、新しい落ち花に胞子を飛ばし、取り付いた胞子は一年間その花とともに土の中で暮らした後、翌春また地表に現れては胞子を飛ばすという生活を送っています。

別に花を愛でているわけではなく、単に食べ物にしているだけなのですが、何処となくのんびりとした性格に感じられ、面白いきのこです。『はなのすきなうし』という絵本がありますが、そのお話に出てくる牛を思い起こさせます。

[写真] ツバキキンカクチャワンタケ:長さ約2〜4mm


このきのこが生えてくると、今年のきのこシーズンの幕開けがやってくる。


PENTAX *istDS + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople *istDSTrackbackPeople TAMRON AF SP90mm MACRO

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2006-03-13 23:05 | 菌類 | Comments(0)