人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ゴーヤの実が急成長

f0108133_7174697.jpg

ゴーヤ栽培2011: 12


苗を植え付けてから五十九日後のゴーヤの様子です。

f0108133_7175312.jpg先週末に雌花が開いたばかりだったゴーヤの実は、驚くほど急速に成長し、長さ十センチほどになってしまいました。 もっとも雌花が咲いた時点で、付け根にあったちびゴーヤが二センチほどの大きさになってはいましたが、それでも一日で一センチ近く成長していたことになります。

ゴーヤの実は雌花が咲いて受粉したと思われるものが六つほどあり、そのうちの二つ、上の写真と左の写真のものが大きくなっています。 それぞれ二株あるゴーヤの一株ずつに付いていて、どちらもほぼ同じ大きさです。

こうなると気になるのが収穫時期で、昨年は三週間待って長さ十八センチまで大きくしてから穫ったのですが、既に種の周囲が赤くなり、苦みが薄くなっていました。 今年はどの時点で収穫するか、また悩みどころです。

f0108133_718626.jpgちなみに、肝心の葉の茂り具合ですが、やはり実に栄養を取られているためか今一つで、上に行くほど葉が細かくなり、隙間が空いてしまいます。 一つのプランターに二株植えてしまった昨年ほど貧弱ではないのですが、まだまだカーテンというにはほど遠く、遮光効果はレースのカーテンにすら及びません。

この収穫と日陰の両立は来年の課題でしょうか。

ところで、今年は貧弱とは言いながらも、部分的には葉が茂っているためか、ゴーヤの周囲に虫が多いようです。 決してありがたい虫ばかりではないのですが、シャクトリムシ、ミノムシ、アブ、マルハナバチ、ナミテントウ、クモ、アリ、そして若干関係ないかもしれませんがコオニヤンマまで現れ、ちょっとした里山のようになっています。

何より不思議なのがナミテントウで、今までシシトウのアブラムシ駆除用に連れてきてもすぐに飛んで行ってしまうものが、どういうわけか、もう二週間近く二匹のナミテントウがずっと居着いており、毎朝しきりにつるの上を歩き回っています。 たまに近くのシシトウにいることもあります。

肉食の昆虫で、アブラムシが好物なことで知られているので、居着いているからには何かしら小さな虫を食べているのでしょうが、そのおかげか、最近アブラムシの姿を見ていません。

f0108133_7215389.jpgf0108133_722117.jpgf0108133_7221734.jpg
f0108133_722056.jpgf0108133_722677.jpg

[写真] ゴーヤ: 草丈約2m, 実の長さ約10cm



PENTAX Optio 750Z

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2011-07-05 09:21 | 植物 | Comments(0)