人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タイサンボクの花が咲いた

f0108133_9251447.jpg

私の住んでいる集合住宅の敷地の一角に、大きなタイサンボクの樹があるのですが、その花が今咲きどきを迎えています。

あまり詳しくないので、調べたことの寄せ集めなのですが、タイサンボクは北米原産のモクレン科の常緑樹で、百三十年ほど前に日本にやってきたそうです。 つやつやした固そうな葉をもち、初夏に二十センチ近くにもなる白くて巨大な花を咲かせ、花からはモクレン科の花によくある、甘い芳香が漂ってきます。

モクレン科は原始的な特徴をよく残した植物と言われ、恐竜が闊歩していた白亜紀の地層からも種族の化石が出てくるそうで、どのみち伝聞なので詳しいことは省略しますが、その特徴はさておき、タイサンボクの何から何まで大味な感じは、古代の巨大な生物が跋扈していた頃を連想させるものがあります。

モクレン科と言えば、器代わりにもなる巨大な葉を持つホオノキもやはり大作りですし、葉は小さめですがユリノキも巨木になり、コブシも木そのものは相当大きくなるので、そんな古代の名残をどこかに抱えているのかもしれません。

私はこのモクレン科の植物が大好きで(種の名前となっているモクレンは今一つなのですが)、原始的なところから来るのか、例えば巨大さゆえの緻密さに欠けるどこか間の抜けたような雰囲気に親近感を抱いてしまいます。 特にコブシはその花の緩い感じや、特徴的面白い実など、興味は尽きません。

何より花より団子派の私にとっては、香りのほとんどないサクラや、食欲を誘わないバラの香りより、甘い香りがするという点がいいのかも知れません。 と言いつつ、モクレン科の花は香りだけで蜜はなく、蜜をうまく使うのはむしろバラ科のほうなのですが。

[写真] タイサンボクの花:直径約20cm



PENTAX Optio 750Z

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2011-06-05 10:25 | 植物 | Comments(0)