人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

コナス初収穫

f0108133_10312887.jpg

コナス栽培2010: 14


種蒔きから七十六日目のコナスです。

膨らみだした実は、むくむくと成長し、紫に色付いて、すっかりナスらしくなっています。

f0108133_10314385.jpgまだ梅雨明けは宣言されていないようですが、連日の晴天と猛暑で、ついつい気が付くとコナスの葉がぐったり萎れているということもしばしば起きてしまうようになりました。

そんな中、ここのところコナスの様子がやや怪しくなっています。 まず葉の色がやや黄色味を帯びていること、最初はつやがあった実の紫色がつや消しになっていること、そして「千に一つの徒もない」はずの花が結実せずに枯れていることです。

そう思っていましたところ、妻もやはり異変に気付いており、早速調べてくれました。

ナスが水不足や肥料不足に弱いことは既に私も調べていましたが、どうやら我が家で起きている異変の数々は、その水不足や肥料不足の際に出てくる現象だったそうです。 さらに加えて花の紫色が薄くなることや、花の雌しべが雄しべよりも短くなるという現象も起こるとのことです。

そして、なんと困ったことに、これらの現象は見事なまでに、当てはまっているのです。

雌しべが雄しべよりも短いという現象は、実は既にうすうす気付いていたのですが、これが水不足や肥料不足に起因するものだとは思いませんでした。 なるほど、危機を感じたナスが、確実に子孫を残そうとして、このような変化を起こしているのでした。

などと感心している場合ではありません。 肥料は既にたっぷり与えてあり、これ以上やるのはかえってまずいほどですので、どうやらこれはやはり水不足と、鉢が小さ過ぎたことによる根詰まりが原因と疑われます。

f0108133_10315570.jpgゴーヤでも同じ過ちを犯していますが、今さら植え替えるわけには行きません。 あとは水やりに気をつけるとして、とにかく今は実を二つも付けて負荷も大きそうですから、やや早いような気もしますが、収穫することにしました。

せっかくの初収穫が、つや消しになってしまったのは残念ですが、このコナスをどうやっていただこうかと考え、結局、すぐに食べてみたいということから、塩もみにすることとなりました、

f0108133_10321386.jpgいざ実を割ってみると、やはりまだ早かったようで、果肉は青みが残って固く締まっており、ようやっと種ができかけている状態です。

f0108133_10322670.jpgそしてこれを塩もみしていただいてみると、きゅきゅきゅっというような固い歯ごたえながらも、ほのかにナス特有の風味がしました。

とりあえず、初収穫はこのような感じで、これからできる実はもう少しうまくできるよう、水やりには注意したいと思っています。

[写真] コナスの実:直径約3cm



PENTAX Optio 750Z

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2010-07-19 11:38 | 植物 | Comments(0)