人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

コナスの花がまた咲いた

f0108133_74835.jpg

コナス栽培2010: 12


種蒔きから六十日目のコナスです。

f0108133_743134.jpg一昨日開花した最初の花は、あれから一時間半ほど後にはすっかり全開しました。 そして、その最初の花の脇に付いていた花芽もどんどん大きくなって、今朝には開花が始まりました。

一昨日の時点でためらっていました摘心も、結局昨日行いました。 摘心の際、やはり花芽が一つ犠牲になってしまいましたが、摘心する前からどんどん伸びていた腋芽にも次から次へと花芽が付き、日に日に大きくなって、こんなに花を咲かせて大丈夫なのかと不安になるほどですので、気にすることもないでしょう。

f0108133_745465.jpgそして、今朝は改めてナスの花を観察してみました。

ジャガイモやトマト、シシトウなどの作物や、雑草のイヌホオズキやワルナスビなど、ナス科の植物の花は一目でわかる特徴のある形をしていますが、それらの花がこぢんまりして可愛らしいのに対し、ナスの花は格段に大きく、色こそ紫できれいなものの、何とも厳つい風貌で、まさに親分格といったところです。

葉や茎もごわごわした剛毛に覆われていますが、花も同じで、写真をよく見ると、花弁の先端にアブラムシが付いているのですが、この剛毛が手強いからか、大量発生には至っていません。

ところで、花が咲くと気になるのは受粉のことで、ついつい気が逸って人工授粉させようと雄しべに触ってみるのですが、まだ花粉が熟していないようで、指には何も付きません。 「親の意見となすびの花は千に一つの徒もない」という諺がある通り、勝手に自家受粉するらしいので大丈夫なのでしょうが、ついつい気になります。

[写真] コナス:草丈約30cm



PENTAX Optio 750Z

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2010-07-03 08:04 | 植物 | Comments(0)