人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今年もコリアンダーとディルの栽培開始

f0108133_739473.jpg

コリアンダーとディル栽培2009〜2010: 1


f0108133_740166.jpg先日、勝手に発芽してしまったコリアンダーとディルは、台風にもめげず、早々と本葉まで出てきてしまいました。

そのような訳で、勝手に発芽した彼らに催促されるように、今年もハーブ、コリアンダーとディルの種を蒔き、栽培を開始しました。

コリアンダーとディルの栽培は三期目で、初回は春に蒔いたために、すぐに花が咲いてしまい、ろくに育たないうちに収穫、前回は初めて秋蒔きにし、いわゆるビギナーズラックもあって一応大成功でした。

今回もうまく行くといいのですが、前回の反省点である、伸ばし放題にしたために葉が固くなって風味が落ちてしまった、というのを何とか試行錯誤しながら改善してみたいところです。

f0108133_7404955.jpgそんなコリアンダーとディルですが、一応我が家での種蒔きの様子を紹介します。どちらもセリ科に属する一年草で、種は光が当たると発芽する好日性種子ということで、土に埋めず、ばら蒔きにしました。

左の写真がコリアンダーの種で、丸くて固い殻の中に二個は行っていますので、発芽し易くするために、花瓶の底などを使って、軽くごりごりと殻を砕いて分割してあげます。

f0108133_7411283.jpgそして右の船のような形の種がディルで、こちらは一つずつなので、そのまま蒔いてあげます。

おそらくどちらも一週間ほどで発芽すると思うのですが、その発芽の様子は勝手に発芽してしまった昨年の種に早々と見せられてしまった通りで、細長い双葉の付いたひょろっと背の高い芽が出てきます。

順調に行けば、一ヶ月半ほどで葉をちょこちょこと摘み取って使えるぐらいになると思いますが、今年もうまく育てることができるでしょうか。

f0108133_98468.jpgところで、ほったらかしにしていた切株からしぶとく復活してしまったバジルですが、先日の台風で強風に揉まれ、こんな姿になってしまいました。

f0108133_9115262.jpgこうなるならさっさと使ってしまえばよかったと後悔し、抜いてしまおうかと思ったのですが、茎の下の方を見ると、もう新しい芽が出てきています。何という生命力かと感心しつつも、これでまた引っこ抜く機会を逸してしまいました。

f0108133_9152535.jpgさらには、他の株を抜き去った後の土から、新たなバジルの双葉まで顔を出してしまいました。台風の後の高温に刺激されて発芽してしまったようです。バジルの生育には摂氏二十度以上の気温が必要と言われているので、このまま成長する可能性は低いのでしょうが、最近は温暖化のせいか、冬でもあまり気温が下がらないようなので、もしかすると成長し続けるかもしれません。

バジルのプランターは春まで土を休ませるつもりだったのですが、これらをどうしたものかと、少々扱いに困っています。

[写真] コリアンダーとディル:草丈約4cm, 種の直径約3mm



PENTAX Optio 750Z

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2009-10-11 09:25 | 植物 | Comments(0)