人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

久々のバジル成長記

f0108133_725255.jpg

バジル栽培2009: 12


バジル成長記録の前回の更新から一ヶ月以上経ってしまいましたが、久々の更新です。

実はこの一ヶ月の間に、武蔵野市から調布市の深大寺に引っ越しまして、その準備やら片付けやらでまったく時間が取れず、すっかり間が空いてしまいました。その間にも一応ほぼ一週間毎に写真だけは撮っておきましたので、ここでまとめてこの一ヶ月分の成長記録をご紹介します。

前回の更新は種蒔きから十週間後の六月二十日のものでした。

f0108133_727432.jpgこれは種蒔きから十二週間後、六月二十七日の様子です。

草丈はばらつきがあるものの、十センチから十五センチぐらいで、ようやっと幼苗の状態から、よく花屋さんの店頭で売っているビニールポット入りの苗ぐらいの大きさになりました。よく見るとはっきりとした腋芽が付きだしています。


f0108133_727524.jpgこれは種蒔きから十三週間後、七月四日の様子です。

草丈は大きいものでは二十センチを越え、腋芽もかなり立派になってきました。ひょろひょろと上にばかり伸び、葉っぱがスカスカな感じもしますので、そろそろということで、この直後に摘心しました。


f0108133_728378.jpgこれは種蒔きから十四週間後、七月十一日の様子です。

摘心してから一週間経ちましたが、先端の切り口の部分は伸びて来た腋芽にすっかり隠されて見えません。よく見れば上端の葉っぱが二列平行に並んでいることで、これが成長した腋芽であることがわかると思います。

これまで、コリアンダーから飛び火したアブラムシにさんざん悩まされてきましたが、コリアンダーは前の週に種を収穫し、枯れた株も全部始末してしまったためか、ようやっとアブラムシの姿を見なくなりました。

ちなみに、根元の土に白っぽい粉のようなものが見えますが、これは追肥で撒いたマグァンプK(小粒)です。園芸の本などを見ると、正しくはもっと早い時期にあげてやらないといけないのでしょうが、例によって、最近ひょろひょろしているから、そろそろ追肥しておくかという感じの、いい加減なやり方でやっていますので、決して参考にしてはいけません。


f0108133_728123.jpgこれは種蒔きから十五週間後、七月十六日の様子です。

旧居の最後の週ですが、アブラムシは去り、梅雨は空け(と気象庁が発表)、追肥をやったにもかかわらず、今ひとつ元気がありません。もっとも追肥したマグァンプKは緩効性なのでそうすぐには効いてこないのでしょうが、葉っぱの色が浅く、つやもなく、下の方の葉っぱが枯れて来て、毎朝しなびた葉っぱが数枚落ちているといった状態です。

この後、引越しの間に一株がなぜか急に元気を失い、枯れてしまいました。


f0108133_7282263.jpgこれは種蒔きから十六週間後、七月二十七日の様子です。背景が変わったのでお分かりとは思いますが、新居に引っ越して一週間経ったところです。

追肥が効きだしたのか、環境が変わったからか、天候がバジルの好む高温多湿になって成長期になったのか、腋芽が一気に成長して、一週間前と比べると見違えるほど葉っぱが混んで来ました。

引越し前は今年もまただめかと危惧したのですが、これなら大丈夫そうです。


f0108133_7283424.jpgそして種蒔きから十七週間後の今週の様子です。

腋芽はますます大きくなり、びっしりと葉が茂ってきました。光の当たり具合もあるので、写真で見るとあまり正確な比較はできませんが、直接見ると、明らかに葉の色が濃くなり、つやが出てきました。よく見ると花芽が付いている株もあります。


f0108133_7255934.jpgf0108133_7264487.jpg
この元気さは気候の変化によるものも当然あるでしょうが、引越しによって大きく環境が変わったこともあるかもしれません。

まず何より日照時間が増えました。旧居では南側に高い棟があって一日五時間ぐらいしか直射日光が当たらなかったのですが、新居では日の出から日没まで、太陽さえ出ていれば、ばっちりと陽が当たります。

それから、ベランダの庇が短く、雨が直接当たるようになった点も変わりました。今までは人工的な水やり以外に水のかかる時がないせいか、乾燥を好むハダニが発生し、喰われた跡が葉に白く点々と残って、葉の色つやを悪くする一因になっていたのですが、ここのところの天候不順で激しく雨に晒されることもあって、ハダニが姿を消し、葉の色つやが戻ったようです。

また、前の住人が残していったものか、コンクリートブロックがベランダに転がっていたので、これ幸いとプランターを乗せました。プランターをベランダに直置きすると土が高温になって、植物が弱ったり、根腐れの原因になるとは聞いていましたが、ついついそのままにしていました。

そんなこんなで、先週までは駄目にならないうちに全部収穫してしまおうかとも思っていたのですが、この様子なら欲張ってもう少し育ててみようと思います。

[写真] バジル:草丈約50cm



PENTAX Optio 750Z

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2009-08-01 10:04 | 植物 | Comments(0)