人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

テントウムシの幼虫を連れて来て

f0108133_2145819.jpg

f0108133_21453612.jpg昨日、買い物帰りにエゴの猫足を観察していたエゴノキの前を通りかかると、虫こぶの口が開き、何やら白い粉状の物にまみれた生き物がもぞもぞとうごめいているのが見えました。

これはもしや、エゴノネコアシアブラムシがアシボソに引っ越すところではと思い、いそいそと写真機を取り出して近付いてみると、動いているのはアブラムシではなく、テントウムシの幼虫でした。どうやら口の開いた虫こぶの中に潜り込み、アブラムシを食べまくっていたようです。

f0108133_21454718.jpgもう既にアブラムシは喰い尽くされたか逃走したようで、虫こぶの中や周囲には残骸しか残っていないようでしたが、ここのところベランダ菜園にわいたアブラムシに悩まされ、テントウムシでもいないかと思っていた私にとっては、大食いな上に成虫と違って飛んで行くことのない幼虫はまさに救いの神のようなもので、写真もそこそこに幼虫を連れて帰り、早速アブラムシが一番多いコリアンダーに止まらせてみました。

f0108133_21455812.jpg果たして効果はいかほどのものかと見守っていると、テントウムシの幼虫は忙しくあちこちの枝を行ったり来たりし始め、その途中にアブラムシをみつけるとすかさず襲いかかり、むしゃむしゃと食べて行きます。小さくてわかり難いですが、左の写真はまさにアブラムシを食べているところです。

そして、ひとしきり食べるとしばらく立ち止まり、腹部をやや上にそらしたかと思うと、その先端から糞が出て来て、終わるとまた動き回ってはアブラムシを次々と食べ始めます。

何とも頼もしい限りで、この分なら数日でアブラムシが全滅するのではと喜んでいたのですが、その後、三時間ほど経って見てみると何だか様子が変です。先程までは手当たり次第アブラムシをむさぼり喰っていたはずが、どういうわけかアブラムシには目もくれず、忙しく歩き回るだけです。

コリアンダーの臭いが付いたアブラムシはあまり口に合わないのかとも思いましたが、とりあえずそのまま様子を見ることにして、今朝見てみると、あいかわらずただ歩き回るだけです。そして、夕方見てみるとコリアンダーの茎につかまったまま体を丸めるようにしてじっと動きません。

もしかするとこれはそろそろ蛹に変わるのかもしれませんが、結局、テントウムシの幼虫でアブラムシ退治などという甘い目論みはあっさり破られ、しかたなくまた指でぶちぶちとアブラムシをつぶしました。

[写真] テントウムシの幼虫:体長約6mm



PENTAX Optio 750Z

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2009-06-28 22:43 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)