人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バジルの本葉と二番手組の発芽

f0108133_7235541.jpg

バジル栽培2009: 6


種蒔きから四週間経ち、バジルの本葉ははっきりと形がわかるぐらいに大きくなって、バジルらしい丸みを持った形状が出てきました。発芽状況が今ひとつだったため心配しましたが、なんとかなりそうです。

f0108133_724145.jpgそして、先発組の発芽があまりに悪かったために、空きができたところに追加で蒔いた種は、十日経つのですが、ここ数日でどどっと発芽してきました。今度は少々蒔きすぎたかなという気もしますが、とりあえずはこれでようやっとプランターの大きな空きがなくなりました。

五年以上もかかってようやっと学習した、二段階蒔きが功を奏したようですが、今回は学習能力のない私には珍しく、後から蒔いた種のほうは、先発のほうの反省から、少しだけ工夫をしてみました。

まずは種蒔き後の水やりのしかたで、従来は種が流れてむらができたり、双葉が掘り返されたりしないよう、霧吹きで水をやっていたのですが、これを思い切ってじょうろに替えてみました。以前使っていたじょうろは、穴が大きかったために水流が強くなり、土が掘れてしまっていました。そこで首の部分を穴の小さなものに取り替えてみたりしたのですが、穴から出てくる水は細くなるものの、なぜか先端は水が溜まってじょぼじょぼと太い水流になってしまい、やはり土が掘れてしまいました。

f0108133_725944.jpgf0108133_7244615.jpgそんな中、昨年たまたま東急ハンズで、よく台所用品などを出しているOXOとかいう会社のじょうろを見つけ、これはと思い買って来たのですが、これがいい感じの水流なのです。といいつつ、今年も最初は慎重に霧吹きでやっていたのですが、追加で蒔いた時は、思い切ってこのじょうろで水を与えてみました。

その結果、土が掘り返されることもなく、めでたく発芽してくれました。霧吹きのときはばら蒔きにした種が、土の上に露出したままですぐ乾いてしまったり、出て来た根がうまく土に潜れなかったりしていたのですが、うまい具合にほどよく土に埋まり、発芽率が上がったように思えます。

また、霧吹きだとたっぷりやったつもりでも水量が少なく、土が乾きやすかったので、発芽まではプランターを半日陰に置いていたのですが、じょうろでたっぷり水をやれるようになったので、陽のあたるところに置くようにしました。これもうまくいったようです。

と、少々うまくいったものだからといい気になっていますが、過去もこの後の段階で葉ダニにやられて全滅したり、双葉のままだめになっていったりと、難関が待ち構えています。これからもまた色々と大変です。

[写真] バジル:幅約1.2cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2009-05-10 08:20 | 植物 | Comments(0)