写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:食べられる庭 ( 211 ) タグの人気記事

オンブバッタが大暴れ

f0108133_23224764.jpg

最近バジルの葉が虫に食われて穴だらけになっているのが目立ってきました。

以前はバジルの虫食いと言えばベニフキノメイガばかりだったのですが、昨年あたりからどちらかと言えばオンブバッタが目立っています。 オンブバッタはイネ科によく発生するそうなので、昨年からトウモロコシを育てだしたのが原因でしょうか。

f0108133_2322534.jpg今朝、水やりの際に見たところ、なんとバジルのてっぺんに五匹もの小さいオンブバッタがたかっていました。 お盆の最中であることをすっかり忘れて駆除しようとしたのですが、相手は芋虫と違ってぴょんぴょんと跳びまくるため、結局逃げられてしまいました。

ところで、庭に現れるのは害虫ばかりではありません。 キュウリにはどうしてもウドンコ病が発生してしまうのですが、ウドンコ病の天敵のキイロテントウがどこからか現れて食っていました。

最近なぜかカマキリの姿を見ないのですが、カマキリがまた現れてオンブバッタを食べてくれないものでしょうか。

[写真] オンブバッタ: 体長約1cm



OLYMPUS Tough TG-5

by at384 | 2017-07-17 00:16 | 植物 | Comments(0)

トウモロコシが虫食いに

f0108133_21335486.jpg

ここのところ、博物ふぇすてぃばる! の準備もあって更新が滞っているのですが、今年は元肥をきちんと施してから作物を植えたのに加え、妻がしっかりと管理をしてくれているお陰で、野菜類の成長が今までになく順調で、トウモロコシはすべての株に実が付き、草丈は大半が二メートルに達しています。

f0108133_2134789.jpgところがやはりそううまくばかりは行かないようで、昨年は何事もなかったトウモロコシが害虫に襲われてしまいました。

朝、水やりの際に様子を見ていると、実の上部のヒゲのあたりに糞のようなものが付着しています。そこで丹念に見て行くと、さやの下部に穴が。アワノメイガに入られてしまったのかと思い、まだ熟していないのですが収穫してみたところ、アワノメイガの幼虫らしき姿はどこにもなく、わずかに数ヶ所がわずかに食われているだけでした。

一体何者が食ったのか、そしてなぜちょっと齧っただけで姿を消したのかわからないまま、とりあえず若いうちに収穫してしまったトウモロコシは蒸し焼きにして食べてみました。 熟していないため味は薄かったのですが、そこそこ甘みもあり、芯もところどころ柔らかく、そこそこ楽しめました。

f0108133_21341344.jpgところで、今年育っているトウモロコシのうち二つだけ、実の先端が苞葉から飛び出したうえに曲がってしまったものがあります。 なぜこんなことが起きたのかわからないのですが、今のところ飛び出した先端部分は病気になっている風でもなく、きれいな状態なので、このまま様子を見てみようと思っています。

[写真] トウモロコシの実: 長さ約15cm



OLYMPUS Tough TG-5

by at384 | 2017-07-16 23:21 | 植物 | Comments(0)
f0108133_2261292.jpg

f0108133_226341.jpg約二十日前に摘芯を行ったオカワカメはうまく枝分かれしてくれました。 長めに切り戻したのが成功して、一回の摘芯で三〜四本の枝分かれをし、さらにもう一回摘芯したので、つるはかなりの本数になっています。

そして今年、発芽が遅いこともあって新たな苗を一株買ってきて追加しましたが、その後になって元々あった地下茎からも新芽が出始めたので、なかなか賑やかになっています。

[写真] オカワカメ: 草丈約70cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2017-06-25 22:23 | 植物 | Comments(0)
f0108133_2146293.jpg

苗を植えてから約五十日後のゴーヤーの様子です。

f0108133_2146861.jpg今年は摘芯がうまくいって早々と何本もの子つるが広がり、葉の密度も高く、うまく緑のカーテンが広がってくれそうです。

そして今年は子つるが増えたためか、雌花が大量に付いているのが確認できました。 これがすべてうまく受粉できて成長するとは限りませんが、最近そばに植わっているキュウリの花も含めて、ハチやアブが飛び回る姿をよく見かけるので、期待できそうです。

[写真] ゴーヤー: 草丈約70cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2017-06-25 22:04 | 植物 | Comments(0)
f0108133_21284378.jpg

f0108133_21283670.jpg種蒔きから約五十日後のトウモロコシの様子です。 ここのところ加速度的に成長しているようで、約二十日前は株と株の間にかなり余裕があったのが、今では間を抜けるのに葉っぱをかき分けて通らねばなりません。

そして数日前からは、成長のよい数株で雄穂が見え始めました。

心なしか茎の下の方が膨らみ始めたようにも思え、だんだん楽しみが増えてきました。

[写真] トウモロコシ: 草丈約80cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2017-06-25 21:44 | 植物 | Comments(0)
f0108133_21122961.jpg

約二十日前に培養土の袋に直に苗を挿したサツマイモの様子です。

雨のかからない軒下に放置し、土が乾いて葉が萎れてきたら水をあげるだけなのですが、元気に育っています。 残念ながら土の中の様子を見られないので、肝心のイモがどうなっているかがわかりませんが、秋が楽しみです。

[写真] サツマイモ: 草丈約40cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2017-06-25 21:25 | 植物 | Comments(0)
f0108133_194115100.jpg

久々にしっかりと雨が降った今日、昼前に雨が止んだので昼食と散歩を兼ねて久々に深大寺近辺に出かけたところ、道端にオオミスジコウガイビルがいるのを見つけました。 じつは昨年からずっとオオミスジコウガイビルがいないかと探しており、見つけたら捕獲しようとビニール袋を持ち歩いていたので、さっそく袋に。 家に持ち帰り、庭に放すのが目的です。

これからの季節、我が家の庭の野菜はナメクジが跋扈して野菜を食い荒らします。 野菜を食い荒らすのはアブラムシをはじめ、バッタや芋虫の類など他にも色々いるのですが、これらはテントウムシ、クモ、カマキリ、アシナガバチなど天敵がしっかりいて、昼間にも姿が見えるので最悪手で駆除することも不可能ではありません。

しかし、ナメクジは夜行性で庭には今のところ天敵もとくにいないため、雨の多い季節はやりたい放題になってしまいます。 ナメクジの天敵としてはオサムシ、マイマイカブリ、コウガイビルが知られているため、これらを見つけたら是非連れてこようと、袋を持ち歩いていたわけです。 なかでも飛んで行ったりしないコウガイビルは、見た目の気持ち悪さこそありますが、うってつけの存在です。 難があると言えば土壌改良の担い手であるミミズも食べてしまう点ですが。

捕獲したオオミスジコウガイビルは、毎年ナメクジが最も多く見つかる日陰のじめじめした一角に放しました。 放されたオオミスジコウガイビルはしばらく土の上を這い回っていましたが、やがて土の中に潜って姿が見えなくなりました。

オオミスジコウガイビルは外来種だそうなので、厳密に言うならそれを放すことは問題なのかもしれませんが、今のところ生態系を乱すという話も聞かないので、そこは大目に見ていただければ。

ちなみに見つけた個体は体長30センチ程度の、この種類としては小ぶりのものでしたが、餌のナメクジが豊富だと1メートル近くなるとか。 なお、プラナリアと同じ扁形動物で再生力が極めて強いので、切断してから放すことも考えましたが、ただでさえ気持ち悪いので、とりあえずそのまま切らずにおきました。


[写真] オオミスジコウガイビル: 長さ約30cm



OLYMPUS Tough TG-5

by at384 | 2017-06-25 21:03 | その他の生き物 | Comments(2)
f0108133_21223090.jpg

f0108133_21223771.jpgこの一週間は真夏を思わせる暑さだったのですが、そのおかげか庭の二つのベリー、ラズベリーとブルーベリーの実が色付き始めました。

ラズベリーは以前から栽培していますが、ブルーベリーは今年が初めてなので、とくに気になっていました。 右の写真に網の目が写っていますが、防鳥用の網を取り付けています。

写真を撮ったのが昨日の朝だったのですが、一日経ってさらに色は濃くなってきています。 早ければ次の週末には初収穫となるでしょうか。

[写真] ラズベリーの実: 直径約1.5cm / ブルーベリーの実: 直径約8mm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2017-06-04 21:50 | 植物 | Comments(0)
f0108133_20523060.jpg

今年は初めての試みでショウガをプランターで栽培することにし、五月の連休に植えたのですが、それから一ヶ月の間、まったく何も生えない状態が続きました。 心配で二週間ほど前に軽く土を掘り起こしてみたものの、植えた種ショウガは腐ってはいなかったものの、変化は見られませんでした。

それがここのところの暑さが幸いしたのか、この週末になってようやっと二本だけ発芽してくれました。 そしてもう一度土を掘ってみると、土の中にはもう二本準備中のようです。

ショウガは植えてから発芽まで一ヶ月半から二ヶ月かかるそうなので、一ヶ月目の今発芽しているのはかえって早いほうなのかもしれませんが、なかなか気を揉ませる野菜です。

[写真] ショウガの芽: 草丈約1.5cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2017-06-04 21:16 | 植物 | Comments(0)
f0108133_20141717.jpg

f0108133_2014237.jpg二週間前に辛うじて芽が出たオカワカメですが、やはり心許ないということもあって、先週苗を一株買ってきて追加しました。

その苗は買ってきた段階ですでにつるが少し伸びていたのですが、順調に成長して二日後には網を見つけて絡み付き、どんどん伸びてこの週末には草丈50センチほどに。 ここで枝分かれさせるために摘芯です。

オカワカメは頂芽優勢の傾向が極めて強いため枝分かれしにくく、摘芯のしかたが悪いと切った直下の脇芽しか成長しないので、成長が落ち着いてつるが硬くなっている辺りまで、20センチほど切り戻しました。

[写真] オカワカメ: 草丈約50cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2017-06-04 20:51 | 植物 | Comments(0)