写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:面白いもの ( 69 ) タグの人気記事

念願のニオウシメジ詣で

f0108133_2039362.jpg

明日は仕事が休みという昨晩のこと、予期しなかった情報が飛び込んできました。 埼玉県久喜市にある高柳大香取神社の境内にニオウシメジが大発生したというのです。

この神社には昨年もニオウシメジが生えて話題になったのですが、遠いことと交通手段が無いことから訪れるのは諦めていました。 ところが何という僥倖でしょうか、明日は休みで、しかも二年目は生えないだろうという予想を上回る大発生です。 これを逃したらもう生涯出会う機会は無いかもしれないかもしれないと、意を決して本日会いに出掛けました。

到着してみると、10メートル以上離れた神社の入口からもはっきりわかる白っぽい塊の数々。 神社を取り巻くウッドチップの通路をふさぐように、ニオウシメジの株立ちが点々と陣取っていました。 巨大なきのこが塊となって、2メートル×7メートルほどの地面を点々と占領している様子は、冗談としか思えないような、何とも珍奇で不思議な光景です。

ご近所の有志のかたが保護用の柵を立て、カラスなどに齧られないように夜間は柵ごと布で覆い、乾燥すれば散水と、面倒を見てくださっているのですが、お話を伺ったところでは九月の中旬頃に生え始め、三週間ほど経ったのが現在の様子とのことでした。

f0108133_2040898.jpgf0108133_20402952.jpg


今年は雨が多いためか、その後も次々と発生して柵の外にも生え出してしまい、柵を急遽広げたそうです。 また、発生場所も少し離れた場所にもう一カ所と、まさに大発生です。 ちなみに下の写真の右側がもう一カ所のもの、左側が後から生えて柵を拡張した辺りで、妻の持っていた日傘を比較までに後ろに置いてみたのですが、この大きさがわかるでしょうか。

f0108133_20421226.jpgf0108133_20421813.jpg


ちなみに下の左側の写真は発生して4日目のものだそうです。 右側の写真は何日目のものかわかりませんが小ぶりなほうの個体で、これでもいわゆるジャンボマッシュルームほどの大きさはあります。

f0108133_20411862.jpgf0108133_2041264.jpg


ご近所のかたのお話では、以前は神社の周囲にはアカマツやナラやクヌギが生えていたのですが、公園にするために一部を伐採し、それを粉々に砕いて全部埋めたそうで、どうやらそれが熟成して栄養分豊かになった結果、ニオウシメジが生えてきたのではないかとのことでした。

f0108133_20413269.jpgf0108133_20423189.jpg

f0108133_20575529.jpgf0108133_205815100.jpg

f0108133_2059570.jpgf0108133_20595222.jpg


ところで神社の周りは、通路にも植え込みにもウッドチップが敷き詰められており、ニオウシメジの他にもいろいろなきのこが生えて、すっかりきのこの楽園状態になっていました。

その中でもとくに大量だったのがキツネノタイマツで、あちこちに点々と生えるだけでは物足りず、なんと巨大な菌輪すら作っていました。 残念ながら時間が経ってしまったために、ほとんどが折れたり倒れたりしていましたが、これはこれで壮観です。

f0108133_20425731.jpgf0108133_2043252.jpg


ほんの1時間ほどの滞在でしたが、念願のニオウシメジを、しかも大発生という滅多にない光景を見ることができ、大いに楽しませてもらいました。

[写真] ニオウシメジ: 傘径約20cm / キツネノタイマツ: 長さ約10cm


いちばん上の写真をはじめ、ニオウシメジの傍らにも様々な小さなきのこが生えていました。


OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2016-10-04 22:47 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_1741723.jpg

今週、少なくともこの近辺では一斉にキンモクセイが開花し、辺り一帯は爽やかで甘い香りに包まれています。

f0108133_17412314.jpg我が家でも植えて四年目になるキンモクセイがようやっと大量の花を咲かせてくれました。 今までも毎年開花してはいましたが、移植による負担でしょうか、ぽつぽつと僅かなもので、近所のキンモクセイの香りなのか我が家のものなのかわからないという状態でした。

古くからある近所の家々の巨木とは較べるべくもありませんが、今年は明らかに我が家のキンモクセイと判るはっきりした香りが、家の中に流れ込んできます。

そんなキンモクセイの香りについて、以前からずっと気になっていたことがあり、この機会に調べてみたのですが、面白いことがいろいろわかりました。 といっても、どうやら私が知らなかっただけで、意外なほど世に知れ渡っていたようですので、何を今更という感があるかもしれませんが。

f0108133_18233098.jpgその疑問とは、キンモクセイの花の香りをもっと楽しもうと近付いてみると、離れているときよりも香りを感じられなくなってしまうということです。 同じように香りのよい花として、バラやクチナシ、ジンチョウゲなどがありますが、いずれも近付けば近付くほど強く香っています。

キンモクセイの香り成分は数種類が混じったものだそうで、詳細は検索すればいくらでも見つかるため素人の私は触れませんが、離れてから香るという性質があるということは、成分のうちの何がしかは、花から空気中に揮発したのち酸化によって香りが完成するというようなことなのでしょうか。 この辺りに関しては残念ながら情報が見つからず、未だに疑問のまま残っています。

そして、これは調べている中で初めて知ったのですが、キンモクセイの香りには他にも面白い性質があるそうです。 なんとキンモクセイの香りには蝶など多くの昆虫の忌避する成分が含まれているそうなのです。 この香りをモノともしないのは一部のアブだけらしく、このことからキンモクセイの香りは特定の昆虫を相手にすべく作られたものなのでしょう。

そう知った上であらためて見れば、そもそも蝶が蜜を吸うような形の花ではなく、蝶を呼び集める必要もないわけなのですが、だとすればなぜ念入りに忌避成分まで使ってわざわざ遠ざける必要があるのでしょうか。 例えばランの一種には特定の昆虫を受粉に利用するために、性フェロモンに似た物質を用いたり、メスに擬態したりという手を使うそうですが、これは正の方向の働きかけです。 忌避物質のような負の方向の働きかけは、どちらかといえば害虫の食害を防ぐために用いられるというのが普通のように思われますが、キンモクセイの花はごく一時期のものですから目的は異なるはずで、どうもその意図するところが想像できません。

香る花の代表格として極めて一般的な庭木として植えられ、一見何の不思議もないかのように当たり前に感じているキンモクセイですが、知ってみると意外な面白さに溢れて興味深いものがありました。

ところで解決できていない、近くでは香らないという疑問ですが、キンモクセイの香り成分には抗酸化物質が含まれるそうです。 化学は非常に苦手なので正直よくわからないのですが、ということは自身が酸化されやすい物質ということで、だとすると花から離れた場所の方がよく香るということと何か関係はないものでしょうか。

[写真] キンモクセイ: 樹高約2m



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-10-01 22:23 | 植物 | Comments(0)
f0108133_20581341.jpg

アリの仕事っぷりはいつ見ても面白いので、過去にも何度か取り上げているのですが、またアリの仕事を撮影する機会があったので記事にしてみました。

f0108133_2058087.jpg発端は妻が花壇の前にコオニヤンマらしきトンボの死骸を見つけ、アリに片付けてもらおうと花壇の土の上に置いたことでした。ここで当然考えられるのは、大きな獲物のときにする「お墓」のはずだったのですが、翌日妻が見たところトンボの死骸は見当たらなくなっており、探したところ、少し離れた場所に生えているタイムの茂みの下に運ばれて、そこにお墓が作られていました。

アリの習性からしてその場でお墓を作るのかと思っていたのですが、あまりに大きすぎてお墓を作るにも時間が掛かると踏んだのでしょうか、まずは物陰に引っ張って行き、そこでゆっくりお墓を作ったようです。 獲物の大きさに応じてそんな技を使うとは思っておらず、たいへん驚かされました。

f0108133_2058667.jpgそんな話をしていた週末、今度は私がエンマコオロギの死骸を見つけたので、またアリのいそうな花壇に置きました。 するとアリたちは手頃な大きさと見たのか、物陰には運ばず、その場でお墓作りを始めました。

右の写真は死骸を置いてから10分後くらいした時のもので、そこからさらに45分ほど経ったのが上の写真です。 置いて早々にコオロギの頭はもぎ取られたのですが、45分後のものではコオロギの周囲に積み上げられた砂粒の量がうっすらと増えています。

そして面白いのはお墓作りと並行して、コオロギの胸部の下あたりにトンネルの出口が作られていることです。 以前にセミの死骸を置いた時もそうだったのですが、お墓で死骸を隠すいっぽうで、解体して巣に運ぶために獲物の下にトンネルを延長しているのでした。 相変わらずの素晴らしい仕事っぷりです。

f0108133_20581952.jpgその後も作業は綿々と続き、約9時間後の夕方に確認したところ、コオロギの死骸はすっかり砂粒に覆われてお墓がほぼ完成していました。

今回は作業の様子を最初の時点と45分後の2回に分けて動画にも撮ってみたのですが、改めて見返して面白いことに気付きました。 アリたちがせっせと死骸の周りに砂粒を運んでくるのが映っているのですが、よくよく見ると運んでくるやつがいる一方で、なぜか持って来た砂粒をまた遠くへ運び去ってしまうやつもいるのです。

以前観察した時も思ったのですが、アリたちは1匹づつに注目すると、しばしばかなりデタラメな行動に出ています。 ただ、全体として見たときにはお墓作りというあるべき方向性に進むほうが多いようで、少しずつ目的の達成に向かってゆくのでしょう。

そんなところに注目して動画を見ていただければと思います。




[写真] コオロギの死骸: 体長約3cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-09-11 22:25 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)

ドドナエアの実が成長中

f0108133_12513657.jpg

f0108133_12514110.jpg五月の連休の頃に花が咲いていたドドナエアは、雌花の付け根にあった軍配型のさやが次第に大きくなってきました。

さやの大きさは枝によって異なっており、右の写真のものはまだ小さく色も緑色ですが、大きく育ったものでは周囲の軍配の羽根のようなものがかなり広がって、色も赤っぽくなって来ました。

このさやがびっしり付くと、まるで満開の花のように綺麗なのだそうですが、我が家のはまだ木が若いせいか三〜四本の枝にしか付いておらず、鈴なりとなるにはまだ数年はかかりそうです。

[写真] ドドナエアの実: 直径約5mm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-06-05 13:16 | 植物 | Comments(0)

ホオノキとありんこ

f0108133_1734490.jpg

神代植物公園の一角にモクレン科の植物を集めた場所があり、この時期はオガタマノキやホオノキといった甘い香りを放つ花が咲いているので、好んでよく足を運びます。

f0108133_1735038.jpgその中のホオノキの一本を見ると、根元から幹を囲むように巨大な葉をてっぺんに付けたひこばえがあり、その大きすぎる様子が面白く感じられて近くに寄って見ていました。

するとそのひこばえの一つから生えた葉に、びっしりとアリがたかっています。 アブラムシがいるわけでも、花外蜜腺があるわけでもなく、なぜこんなに集まっているのかはわからないのですが、面白いのでしばらく眺めていました。

f0108133_1735572.jpgダリの絵のようだとか、ハキリアリが侵入したのではなどと冗談を言っていましたが、とりあえず葉をかじりとっているわけではないので、ハキリアリではなさそうです。

さすがに本当にハキリアリだとしたら冗談では済まされませんが。

[写真] ホオノキのひこばえ: 高さ約2.5m



PENTAX K-1 + DA35mm F2.8 Macro Limited (FF)

by at384 | 2016-05-08 17:32 | 植物 | Comments(0)

タケノコのビンゴ

f0108133_16382885.jpg

悪そうとの予報だった連休中の天気予報が幸か不幸か外れてすっかり地面も乾き、かろうじてわずかに雨が降った翌日、空振りとなることは予想しつつも深大寺周辺へ。

f0108133_16383419.jpg案の定新しいきのこはなかったのですが、 PENTAX K-1の試し撮りも兼ねて神代植物公園をうろつくうちに、竹林の一角に面白いものを見つけました。 竹林の周囲を囲った竹垣の竹竿のど真ん中をモノの見事にたけのこが貫いているのです。

まあ偶然と言ってしまえばそれだけのことなのですが、一見黙々と無表情に生えているように感じられるタケノコが妙にお茶目に思えて愛着を覚えてしまいました。

[写真] 竹垣から生えたタケノコ: 直径約2cm


フルフレーム不適となっているDA35mm Macro Limitedですが、確かにクロップ範囲外では周辺光量落ちや周囲の画像の流れ、パープルフリンジも目立つものの、使いようによっては使えそうに思います。 何よりこの画角のマクロは私のきのこ撮影に欠かせないので、当分活躍しそうです。 できれば多少大きくなってもD FA化してくれると良いですね。


PENTAX K-1 + DA35mm F2.8 Macro Limited (FF)

by at384 | 2016-05-08 17:02 | 植物 | Comments(0)

ドドナエアの謎

f0108133_23153163.jpg

f0108133_23201058.jpgいわゆるシンボルツリーなどという小洒落たものではないのですが、玄関周辺が殺風景なので、半年ほど前から鉢植えの木を一本置いています。

その木はドドナエア・プルプレアというオーストラリア原産の常緑樹で、秋から冬の間は葉が赤茶色になり、春から夏の間は緑色の葉になるという特徴があります。 また害虫や病気もとくになく、巨大化もせず樹形も自然にまとまるために剪定も不要という、ずぼらな我が家にはうってつけの特徴があるのが選んだ何よりの理由でした。

そんなドドナエアですが、もう一つの特徴があります。 それは実で、花は風媒花らしく地味で見るべくもないのですが、花の後にできる実は薄桃色のヤマイモの実のようなさやを持っており、まるで花が咲いたように綺麗だというのです。

ところが巷の情報ではドドナエアは雌雄異株らしく、選んだ株が雄の木だった場合は地味な花が咲くだけで終わってしまうそうで、選んだ木が雌雄どちらかは花が咲くまでまずわかりません。 一説には雌の木は樹形がふんわりと丸みを帯びているという話もあるようで、とりあえず我が家で購入した際はそれを唯一の拠りどころに、雌の木と思われるものを選びました。

f0108133_2315483.jpgそしてこの春、ドドナエアに花が咲いたのですが、極めて小さな花ながらも、よく見ると雌しべらしきものがあるようで、その付け根にはさやに成長しそうなものも見受けられます。

しかし幸運にも雌の木を入手できたものと思ってよく見てみると、確かに雌花自体は間違いないようなのですが、枝によっては雄花らしきものもあるのです。 雄花らしきものは雌花にあるような長い雌しべらしきものがなく、代わりに黄色い花粉をつけた雄しべらしきものが存在しています。

f0108133_23154042.jpgじつはドドナエアには雌雄異株という一般に言われている説がある一方で、同株という説もあるようなのです。 確かに雌雄異株だとすると、仲間も滅多にいない土地でどうやって受粉するのかという疑問もあります。

ともあれ、いろいろ情報はあるものの、事実としては目の前にある我が家のドドナエアが唯一のものなので、これを見ている限りは雌雄同株のような気がします。 まあ、実がなってくれればどちらでも構わないのですが。

[写真] ドドナエアの花: 直径約1.5mm



OLYMPUS TG-3 Tough (深度合成)

by at384 | 2016-05-06 00:14 | 植物 | Comments(0)

きのこがお皿から

f0108133_0264883.jpg

ここのところ急激に気温が下がり、雨が続いたためか、我が家ではとうとうお皿からきのこが生えてしまいました。

というのはもちろん冗談で、予約していた純朴陶芸家 奥田大器さん作の『きのこの山皿』が届き、さっそく立てて喜んでいた次第です。

f0108133_0265259.jpg

[写真] きのこの山皿: 12.5×22.5cm



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2015-08-27 00:33 | 菌類 | Comments(5)
f0108133_9383744.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの六十九作目、水を吹き出すきのこです。

f0108133_9383145.jpg今までは基本的に同定されたものだけが作品になっていたのですが、これは私の怠慢のために同定できないまま先に編みぐるみになってしまいました。

妻は前々からこのきのこを編みたいとは言っていたのですが、ユザワヤで素材を探している際にちょうどいい具合の透明なビーズを見つけてしまい、もう待っていられなくなったというわけです。

f0108133_9385265.jpg題材となったのは七年前に見つけた左の写真のきのこで、後追いで慌てて調べたのですが、この手の硬質菌は幼菌の状態ではなかなか見分けがつきません。

生えていた環境や見た目の感じからクジラタケかとも思ったのですが、この水を吹き出す習性(分解水というそうですが)はツガサルノコシカケのほうが顕著らしく、言われてみればそうも見えてきます。

f0108133_939792.jpg結局のところどちらかわからないまま、単に水を吹くきのこという、いい加減な名前にしてしまいました。
※ 結局ツガサルノコシカケでよいようです

ところで、妻は右の写真のような、赤茶色の水を吹き出すものも編みたがっていて、残念ながら材料が見つかっていませんが、また未同定のものが増えないよう先に調べておくことにしました。

f0108133_9393015.jpgその結果、どうやらこちらはニクウチワタケと判断するのが妥当のようです。(まねき屋お〜のさんのブログ記事を参考にさせていただきました、ありがとうございます)

ニクウチワタケらしききのこの水吹きはその後も何度か見ており、おそらく左の写真のものもこれかと思われます。 こちらのほうが典型的な形で、右上の写真のものはどういうわけか傘が反り返って裏返しになってしまった状態のようです。

f0108133_9392193.jpgちなみに脱線ついでに他の水吹ききのこについても紹介すると、こちらはあまり顕著ではないのですが、ヒラフスベでも時々このような現象を見かけます。

この写真では黄色っぽい水滴になっていますが、赤茶色の水滴になる場合もあるようで、じつはこの写真の個体も別の角度から撮ったものは赤茶色の水滴を蓄えていました。

f0108133_9393682.jpgもしかするとこの黄色の水滴も出始めで、時間が経つと赤茶色になるのかもしれません。

ヒラフスベと思われるきのこでは左の写真のように、無色透明な水滴が付いているものも見ていますが、この写真を撮ったのは雨上がりの翌日で、単に雨粒が幼菌のまだビロード状の表面に弾かれてこのような状態になっているのかもしれません。

ただ右上のヒラフスベもよく見ると透明の水滴が付いている部分があり、もしかするとヒラフスベでは最初は透明だった水滴が、熟成するのか濃縮するのか、次第に黄色を経て赤茶色に変わってゆくのかもしれません。

きのこの水吹きの話題から、すっかり編みぐるみを脱線してしまいましたが、またいつもの通り交差法による裸眼立体視写真を載せて、話をまとめます。
f0108133_938441.jpg

[写真] 水を吹き出すきのこの編みぐるみ: 幅約10cm



PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2015-08-16 10:37 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_037978.jpg

f0108133_0372726.jpg7月21日の午後に開花が始まった神代植物公園のショクダイオオコンニャクは、22日に全開したそうです。

平日で私は見ることができなかったので、妻が買い物に出掛ける際に立ち寄ったのですが、前日にテレビなどでも報道されたこともあってか、ものすごい大行列で近づくことさえできず、離れた場所からなんとか望遠で撮影してくれました。 とりあえず雰囲気や大きさぐらいはわかるかと思います。

ちなみに特有の悪臭ですが、深夜の開花直後が最も強く、昼間には薄れてしまったようですが、近くで見たらしき人の会話ではまだ十分臭っていたようでした。

ただその臭いも、遠くから眺めることしかできなかった妻には全く届かなかったようで、妻の話では深大寺のバス停前に生えていた蕎麦の花の悪臭の方がはるかに強かったそうです。

[写真] ショクダイオオコンニャクの花: 高さ約2m



FUJIFILM XQ2

by at384 | 2015-07-24 00:50 | 植物 | Comments(0)