写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:編みぐるみ ( 84 ) タグの人気記事

f0108133_7221363.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第七弾、フクロツキガキです。

いわゆる「きのこグッズ」と言えば、普通日本ではドコモダケか、赤い傘に白い斑点のベニテングタケのようですが、我が家の編みぐるみたちは前回前々回あたりからアミガサタケなどという、なかなかマニアックなものになってきています。

f0108133_7223419.jpgそして今回は更にマニアックなきのこです。

フクロツチガキはこんな感じ(写真は仲間のエリマキツチグリ)のきのこで、若い柿の実をひっくり返したような面白い形をしており、真ん中の袋をつまむと、てっぺんから胞子をばふっと噴き出します。

秋になると結構そこいら中に生えているきのこなのですが、存在があまりに地味なので、少なくとも日本に於いてはこれがきのこグッズになることはあり得ないのではないでしょうか。

しかし、よくよく見ると丸っこい体に、まるで蜜柑の皮を剥いたかのようにきれいに裂けた外皮、ちょこんととんがったてっぺんなど、なかなか愛嬌のある姿をしています。実際これが地面に並んでいると結構可愛らしく、我が家ではすっかりきのこの聖地になっている白金台の自然教育園で、まだきれいな状態の大きなエリマキツチグリが並んでいるのを見て、妻はすっかり気に入ってしまったようです。

本当はエリマキツチグリを作りたかったようなのですが、襟巻き状にひび割れて剥けた外皮の形が複雑すぎ、ともするといかつくなってしまうので、形が比較的単純なフクロツチガキになりました。色が濃いめになっているのは毎度のごとく、余った毛糸の都合です。

そして、実は前回作から使用しているのですが、きのこの編みぐるみが増えてきたので、私も参加ということで、家にあった不要な布を再利用して、ユザワヤで買ってきた毛糸や綿や台となる板とあわせて、ささやかなきのこ山を作って展示台にしてみました。近くで見ると色々粗も見えるのですが、編みぐるみを生やしてみると、我ながらなかなか賑やかでいい感じになっているのではと自画自賛しています。

f0108133_7215588.jpg

[写真] フクロツチガキの編みぐるみ:直径約13cm、きのこ山(展示台):約30cm四方



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX K10D + DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-05-27 08:53 | 菌類 | Comments(4)
f0108133_23521319.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれた、きのこの編みぐるみの第六弾、アミガサタケです。

f0108133_23523934.jpg前回に続いて二度目のアミガサタケなのですが、余っていた毛糸の色と、何より今年は四月下旬に大量のアミガサタケに出会うことができたので、作りたくなってしまったようです。

右の写真は前回作と並べて撮ったものですが、桃色の毛糸を使った前回作がとんがり型でしたので、今回のものは頭が丸いやつにしてみました。さまざまな形の実物を大量に見たばかりでしたので、傘や柄の形がより実物に近くなっています。

ただでさえ人によっては不気味に見えるきのこですので、実物に近づいた分、よけいに生々しくなってしまいがちなのですが、頭が丸いのと、太い毛糸を使っているせいか、なかなか可愛らしくできたのではないかと思います。

f0108133_235354.jpg

[写真] アミガサタケの編みぐるみ:高さ約15cm



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D


by at384 | 2007-05-22 23:38 | 菌類 | Comments(6)
f0108133_22423017.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれた、きのこの編みぐるみの第五弾。前回のテングタケとあわせて、それとなくおねだりしていた、アミガサタケです。

f0108133_22432552.jpg日本ではあまり馴染みがないのか、写真を撮っていてもきのこだと思われないことが多々あるのですが、近所では最もよく見かけるきのこのひとつで、桜の散った後あちこちから一斉に出てくるので、我が家では親しみを感じているきのこなのです。

そのような訳で、我が家ではこんな思い入れがあるものの、携帯電話会社のマスコットになるような形とは異なり、見慣れないと少々不気味に見えるのも否めませんので、傘の色は実際にはあり得ない桃色にして、あまり生々しく見えないようにしています。

それでも、傘の形などかなり実物の雰囲気を忠実に再現しており、作った妻自身も一番気に入っているようです。特に傘の編み目模様を不規則に仕上げるのが最も大変だったとのことで、それだけに確かにこれで実物そっくりの色だったら、本当に気色悪いかもしれないと、私でさえ思ってしまうほどです。

どちらかと言えばカワイイ路線を追求するのが当たり前と考えられている編みぐるみですが、こんな風に、妙に忠実さを追求するものがあっても面白いのではないかと思っています。

[写真] アミガサタケの編みぐるみ:高さ約15cm



PENTAX K10D + FA31mm F1.8 AL Limited
PENTAX *istDS + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-03-01 23:42 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_10592456.jpg

先日、妻が編み物の糸が余ったからということで、きのこの編みぐるみを作ってくれました。最初は特にどのきのこにするか決めずに何となく編み始めたのですが、柄の部分の形と色合いから、ホンシメジがいいということになりました。

f0108133_11151657.jpgきのこは主に街中や公園で写真を撮るだけで、山に入って採って食べたりしないので、八百屋さんで買ってきたものになってしまいますが、右の写真と見較べていただくと、手前味噌ながら、三角形の傘と、七福神の大黒様に例えられるぽってりとしたホンシメジの雰囲気をなかなかよく捉えているのではと思います。

あまりかわいらしくできたので、我ながら馬鹿だとは思いながらもユザワヤで店頭装飾用の紅葉の模型を買ってきて、照明やら背景やら敷物やらと凝ってはいかにもそれっぽい雰囲気を出し、色々と写真を撮っては夫婦で大喜びしてしまいました。

f0108133_112144.jpg


f0108133_110634.jpgおまけ: 馬鹿っぽい撮影場面

[写真] ホンシメジの編みぐるみ:高さ約14cm



PENTAX *istDS + FA31mm F1.8 AL Limited (トリミング)
PENTAX *istDS + D FA MACRO 50mm F2.8 (トリミング)

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople *istDS

by at384 | 2006-11-05 11:45 | 菌類 | Comments(2)