写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:編みぐるみ ( 84 ) タグの人気記事

f0108133_23262055.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第17作目、ツバキキンカクチャワンタケです。

妻がきのこと同様に作っている編みぐるみ作品に、和菓子の編みぐるみがあるのですが、先日、椿餅の編みぐるみを作ったときに、ついでにここにツバキキンカクチャワンタケの編みぐるみを作って生やしたらと冗談半分に持ちかけたところ、さすがにそれは却下された代わりに、ヤブツバキの花とツバキキンカクチャワンタケの編みぐるみを作ってくれました。

f0108133_2326509.jpgこのきのこは、我が家でも近所に毎年生えてくることもあって、すっかり顔馴染みのきのことなっており、今までの作品の中でも出色のできばえではないかと勝手に思っています。

そんなツバキキンカクチャワンタケは、このブログでも何度か紹介している春きのこの定番で、ツバキの落ち花に生える、小さなきのこです。そのため、ツバキの花が咲く頃になると顔を出し、新たな落ち花を求めて胞子を飛ばすのですが、花に棲み着くという習性が可愛いからか、きのこ好きの間では人気が高く、この時期、ツバキの根元でこの花を見つけては、花と並べて写真を撮るというのが定番になっているようです。

f0108133_23263963.jpg先日、道頓堀に沈められたカーネルサンダース人形が、『探偵!ナイトスクープ』の特番を祝うかのように発見されたことが話題になりましたが、今朝、我が家の近所でもまるで編みぐるみの完成に合わせるかのように、今年まだ見つかっていなかったツバキキンカクチャワンタケがいくつも見つかりました。

我が家の近所ではどういうわけか、典型的な真っ赤なヤブツバキの下には出てこず、桃色や紅白まだらの花の下に生えてくるのですが、さっそくお決まりの花と並べた写真を撮ってみました。

ところで、このエキサイトのブログでは、アクセス解析機能とやらがあり、その中に、このブログがどの検索語で探されたのかの集計があるのですが、毎月、必ずと言っていいほど「きのこの編みぐるみ」で検索された方がいらっしゃるようです。おそらく、ほとんどすべての方がドコモダケのような編みぐるみを期待されているのでしょうが、リンク先のこのブログを開いて出てくるのは、このツバキキンカクチャワンタケのような、マニアックなきのこの編みぐるみです。

お気の毒とは思いますが、身のまわりにはこんなきのこもあるというか、むしろこんなきのこのほうが多数派なのかもしれません。付き合っているとこれはこれでかわいいと思うのですが、どうでしょうか。

[写真] ツバキキンカクチャワンタケの編みぐるみ:傘径約2cm



PENTAX K20D + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K20DTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2009-03-16 00:32 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_0223133.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第十六作目、ツマミタケです。

f0108133_0225047.jpgツマミタケは右の写真のような、風変わりな形のきのこです。形の奇妙さはともあれ薄桃色がきれいなきのこなのですが、実は先端部の茶色いところにグレバという粘液状の胞子が付いており、これが非常に臭いという、手放しで歓迎するわけにはいかないやつです。この臭いは動物の糞そっくりで、その臭気でハエなどの生き物を呼び寄せ、胞子を運ばせるそうです。

f0108133_0241353.jpgこの手のきのこは結構仲間が多く、カニノツメ、カゴタケ、サンコタケ、キツネノエフデ、スッポンタケ、イカタケ、そして中華の高級食材で有名なキヌガサタケなど、いずれも非常に個性的な形状です。この仲間はまず、俗に卵などと呼ばれる白色の膜に包まれた形で地表に現れ、それが成長し、ついには破れて本体が出てきます。卵が破れてからの成長は非常に早く、数時間ですっかり大きくなり、成長し切った後は一、二日のうちにしなびて消えてしまうようです。

このきのこ、妻は一年前に近所で成長し切って倒れているのを見つけ、今度生えているのを見たら編みぐるみにしようと目を付けていました。そして昨年見つけた場所の付近を重点的に探していたところ、ついに梅雨に入って卵が三つ現れたのを見つけました。ツマミタケは近所でも他に何カ所かで見つけているものの、ナメクジに狙われることが多く、生えてもすぐに齧られてぼろぼろになってしまったり、ひどいのになると、卵のうちから齧られてしまったりしているので、無事生えるか心配していたのですが、なんとかナメクジに目を付けられることもなく、目出たく一年越しの再会となりました。

そんな思い入れもあったので、今回は小道具としてハエも付けようということになり、これまた余り糸で作ってみました。脇役ということで、あまり細部に凝ってはいなかったのですが、ハエならやはり手や足をすりすりするとそれらしくなると考えて前脚の端を結んでみたところ、意外なほどのハエっぽさで、思わず笑ってしまいました。きのこに較べてハエが少々大き過ぎるのはご愛嬌です。ちなみに羽だけは毛糸では無理なので、私が樹脂製のチューブを加工して取り付けました。

編みぐるみというと普通はかわいらしく作るものと相場が決まっているのでしょうが、不気味な悪臭系きのこやら、ハエやらと妙なものを次々と作る妻の感性には、夫婦ながら脱帽です。

[写真] ツマミタケの編みぐるみ:高さ約14cm



PENTAX K20D + DA35mm F2.8 Macro Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K20D

by at384 | 2008-06-18 00:34 | 菌類 | Comments(8)
f0108133_063171.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第十五作目、オオチャワンタケです。

f0108133_071884.jpg春先に近所でアミガサタケ探しをしているときに、このきのこもあちこちで見かけ、久々に創作意欲を刺激されたようです。

オオチャワンタケは右の写真のような茶碗型のきのこで、直径1センチから数センチ程度の地味なきのこです。茶碗というよりはお猪口と言ったほうがいい位の大きさですが、条件がいいとかなり大きくなることもあり、昨年は直径10センチを超える、これまた茶碗どころかお皿と言ったほうがよさそうな超大物を見つけました。写真では白っぽい色をしていますが、乾燥してくると茶色っぽい色になり、この編みぐるみのような色に見えることもあります。

一般的な感覚からすると、アミガサタケと並んで、決して可愛らしいきのこではないでしょうが、毎年この時期に現れ、しかも年々数が増えているようで、我が家にとってはすっかり顔なじみのきのこになっています。
f0108133_064962.jpg

[写真] オオチャワンタケの編みぐるみ:直径約2.5cm



PENTAX K20D + DA35mm F2.8 Macro Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople K20D

by at384 | 2008-05-21 00:09 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_7415037.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第十四作目、コシロオニタケです。

f0108133_742103.jpg名称に「オニ」という名前の付くものは大体そうなのですが、コシロオニタケも例に違わず傘に点々と棘のような突起を付けたきのこです。これは傘に付いている突起は柄の付け根ににあるつぼの破片なのですが、その姿は「鬼」という名前の持つ恐ろしげな印象に似合わず、むしろ丸っこい形も相まって、たいへん可愛らしいきのこです。

f0108133_7423234.jpg可愛らしいと言っても、傘の直径が十センチを超える大型のシロオニタケというきのこより小さいので名前に「コ」が付いているだけで、このコシロオニタケも成長したものでは傘の直径が五センチ以上あるような結構大型のきのこです。今回作ったのはこのコシロオニタケの幼菌で、今年の夏に『トトロの森』などと言われている八国山緑地で見たものをもとにしています。このきのこ、成長したものでも充分可愛らしいのですが、いがくり頭のこの幼菌の可愛らしさは格別です。

八国山緑地は東村山市と所沢市の境になっており、今年の六月に初めて訪れて以来、すっかり気に入って何度も足を運んでいるのですが、何とも言えないこのきのこの可愛らしさと、妻の育った土地である所沢市への郷愁から、編みぐるみになるのは最初から決まっていたようなものでした。

そんな思い入れもあってか、今まで作った中でも最高の可愛らしい作品に仕上がっているのではないかと思います。

[写真] コシロオニタケの編みぐるみ:高さ約7cm



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-10-14 07:47 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_23483782.jpg
妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第十三作目、タマハジキタケです。

タマハジキタケは以前、『小さなヒマワリ、タマハジキタケ』や、『タマハジキタケの玉』で紹介した、胞子の入った粘球体を弾き出す、極めて小さなきのこです。

f0108133_2349658.jpg私はこの仲間のきのこが大好きで、先日見つけた時もわざわざ生えている場所に妻を連れて来て見せたりしたため、たまたま黄色いレース糸を使っていたこともあって、ほとんどねだったような感じになってしまいました。

今回は糸がレース糸ということもあり、今までの編みぐるみの中でも最小です。と言っても実際のきのこが一ミリあるかないかの大きさなので、直径で十五倍というもの凄い拡大率で、最小と言いつつも拡大率では最大です。編みぐるみが小さいことと、たまたま買い物用の小物入れを作った余りの紐があったので、ウッドチップ付きとなりました。

さすがにこの小ささなので、作っていて肩が凝ったそうですが、小さいながらも他の編みぐるみにひけをとらない存在感を発揮しているようです。

f0108133_23472760.jpg

[写真] タマハジキタケの編みぐるみ:直径約1.5〜2cm



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX Optio 750Z
PENTAX K10D + FA31mm F1.8 AL Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-08-15 23:45 | 菌類 | Comments(3)
f0108133_054032.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第十二作目、カワラタケです。次々と創作意欲が湧いてくるらしく、もう止まらないようです。感服至極です。

カワラタケはおそらく最もよく目にされ、そして、最も無視されているきのこの一つでもあるのではないでしょうか。「気持ち悪い」などと嫌われるきのこなどはかなりいいほう、目立たないために気付かれないきのこでさえ、カワラタケに比べればまだましなほうだと思います。私も含め、殆どの人はカワラタケの存在に気付きながらもそのまま通り過ぎるだけ、カワラタケは「無視かよっ」とひとりごちるというところでしょうか。

こんな可哀相なカワラタケについて念のため説明しますと、朽ちかけた木の枝、切り株、廃材などに折り重なるようにどっと生えてくる、扇型の固くて薄っぺらいきのこです。くすんだ色彩ではありますが、よくよく見ると変化に富んでおり、殆どのきのこが一色か二色なのに対し、渋いながらも三色や四色というかなり贅沢な色使いの洒落ものです。

f0108133_029333.jpgf0108133_0295133.jpgf0108133_030726.jpg

こんな地味なきのこを選ぶとは、手前味噌ながら、相変わらずマニアックでいい選択だと思います。編みぐるみのほうは糸の都合もあり、ずいぶんと派手な色になりましたが、こんなカワラタケの特徴がうまく出ているのではないでしょうか。「もっと注目して欲しい」というカワラタケの願望もちょっとだけ反映されているのかもしれません。

f0108133_061243.jpg

[写真] カワラタケの編みぐるみ:幅約10cm



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-07-30 23:45 | 菌類 | Comments(6)
f0108133_23581148.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第十一作目、クロラッパタケです。

先日のカニノツメで秋までお休みのつもりでしたが、サマーニットというのもありまして、その糸がごく僅かですが余ったので、ついつい作ってしまったそうです。さすがに十個も手掛けているだけあって、「ついつい」で作れてしまうというのは恐れ入ります。

f0108133_2359787.jpgクロラッパタケというのは名前の通り、黒から暗褐色の極めて地味なきのこです。日本ではあまり食用にはならないそうですが、欧州では結構よく食べられているそうです。そのくせ「死のトランペット」などという物騒な別名を付けているのは理解に苦しむのですが、大量に食べると腸閉塞を起こすと言われているそうなので、そのせいでしょうか。

糸の都合もありますが、またしてもマニアックなきのこで、帰宅して「きのこ山」にこれが生えているのを見た時、あまりの選択の鋭さにまたしても大笑いしてしまいました。おかげさまで「きのこ山」は色形とも個性的なきのこで盛りだくさんになり、たいへん楽しげな状態です。
f0108133_2358372.jpg

[写真] クロラッパタケ:高さ約4.5cm


参考写真は六義園で撮ったもの。高さ5cm近くあるかなり立派な個体。
いつもは実物よりはるかに大きいのだが、今回は糸の都合もあり、ほぼ実物大になった。


PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-07-09 23:40 | 菌類 | Comments(3)
f0108133_950139.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第十弾、カニノツメです。

前回のハタケチャダイゴケで余り糸をほぼ使い尽くしたので、とりあえずこれで秋まで充電というつもりだったのですが、九では数が悪いということで、急遽十個目を作ることになりました。作るにあたり桃色の糸だけ買い足したので、「余り糸」だけではないのですが、この色ならまた編み物で使うだろうということで、今回は特別に先行投資ということにしました。

きのこの編みぐるみは、手探りで何となく始めた初回のホンシメジを除いては、どれも実際に生えているところを見たもので、その中でも近所によく生えてきて馴染み深いものや、強く印象に残ったものを選んでいるのですが、そういった意味では、このカニノツメは極めて思い出深いきのこです。

f0108133_9503489.jpg三年ほど前に神代植物園できのこを探している時、一緒にきのこを探していた妻が右のような姿のカニノツメを見つけました。妻は最初悪臭とその姿に、誰かがお弁当のおかずに入っていたカニを捨てたのではないかと思ったそうですが、まだきのこの写真を撮り始めた頃で、変わった形のきのこを見慣れていなかった私たちは、こんな面白い形のきのこがあるものかと、あまりの異様な姿に見入ってしまったものです。それ以来、秋になるとまたあんな凄い形のきのこにお目にかかりたいと、毎年神代植物公園を探し回っているという、そんな思いでのきのこなのです。

f0108133_9505591.jpgカニノツメは参考写真のとおり、カニのハサミを思わせるような形もさることながら、色や質感もなんとなく殻を剥いた蟹肉を思わせる面白い形のきのこです。公園のウッドチップなどによく生えてくるきのこで、先端の茶色っぽい粘液から悪臭を放ってハエなどをおびき寄せるのですが、この粘液は実はグレバと言われる胞子で、たかってきたハエなどにくっ付けて運ばせるというなかなかのやり手です。最初は根元の丸くて白い膜状の、俗に「卵」と言われるものに包まれており、この卵を破って生えてくると数時間で成長し、翌日には萎れるかナメクジなどに喰われて消えてしまうそうです。

こんなカニノツメの編みぐるみですが、強く印象に残っていたこともあり、相変わらず手前味噌ながら、今にもグレバから悪臭が漂ってきそうなほどの見事な出来ばえとなりました。特に先端部の形状は何度も編み直したそうで、それらしさを出すのに苦労したそうです。ある意味一番作りたかったきのこだったそうなので、妻も大いに気に入っています。

[写真] カニノツメの編みぐるみ:高さ約11cm


写真の説明/撮影地


PENTAX K10D + FA31mm F1.8 AL Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-06-24 09:53 | 菌類 | Comments(4)
f0108133_22572813.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第九弾、ハタケチャダイゴケです。

最初「コチャダイゴケ」と書いていましたが、参考写真のきのこがどうやらコチャダイゴケでなくハタケチャダイゴケらしいと判明しました。編みぐるみなのでどちらでもいいと言えなくもありませんが、実際に見たきのこを元に作っていますので、「ハタケチャダイゴケ」に改めました。

すっかり暖かくなったので、わずかずつ残った毛糸を処分するためもあり、このところかなりの勢いで作品が増殖中ですが、とりあえずこれで毛糸も使い果たし、一段落という感じです。

f0108133_22575767.jpgここのところマニアック路線が続いてしまっていますが、ハタケチャダイゴケは今までの中でも一番マニアックなのではないかと思います。食玩で有名な、かの海洋堂もさすがにここまでは手を出さないのでは、などと思ったりもします。

ハタケチャダイゴケは右の写真のような、直径5ミリ程のごく小さなきのこです。このきのこの仲間は、おちょこのような体の中に碁石のような胞子のカプセルが入っているのが特徴で、落ちてきた雨粒を受けてこの碁石をはじき飛ばすという風変わりな方法で胞子をなるべく遠くへばらまこうとします。

f0108133_2257879.jpgそんなに都合良く行くのかと心配になりますが、この碁石のような塊の周囲は粘り気のある液体で満たされており、動物がうっかり踏んづけると、足にくっ付いて運ばれるという保険までかけているという念の入れようで、教育テレビの『ピタゴラスイッチ』なみの凝った仕掛けです。

子供の頃、たまたま図鑑か何かでこんな凝った仕掛けをもっているきのこの存在を知り、すっかり大好きになっていたのですが、近所の植え込みのウッドチップに棲み付いていることがわかり、これまたすっかり顔馴染みになってしまいました。

そんなこんなで、妻が編みぐるみを作ってくれたわけですが、これもステンレス線で束ねるのを私が担当し、裏方として参加しました。他の作品と較べると極めて小さいのですが、いかにも地面から「生えてる」といった雰囲気と、実物とは違うものの碁石部分の色使いがなかなか可愛らしく仕上がっているのではないでしょうか。

[写真] ハタケチャダイゴケの編みぐるみ:直径約3.2cm



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-05-29 22:46 | 菌類 | Comments(3)
f0108133_232837.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみ第八弾、イヌセンボンタケです。

f0108133_23283774.jpgイヌセンボンタケは切り株などに生える傘径5〜7ミリ程度の小さなきのこで、大集団を作ってどっと生えてくるのが特徴です。その特徴を出すため、今回の作は今までのものと比べると相当小さく、10個組になっています。

この小ささでは自立できないため、編み上がったものに対し、私が柄の中にステンレス線を通した後、束に仕立てました。ということで、今回は私も裏方で参加しています。

実は何もくるんでいないので、厳密に言うと「編みぐるみ」ではないのかもしれませんが、細かいことは目をつぶります。

さすがに寸法が小さいため、見た目は実物通りとは行きませんが、集団で生えている様はなかなかいい感じです。そして、これは写真ではどうしても伝えられないのですが、指でつついた時にふるふると揺れる感じが本物そっくりで、何とも可愛らしいやつらです。

f0108133_23273231.jpg

[写真] イヌセンボンタケの編みぐるみ:傘径約2.5cm



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-05-28 23:21 | 菌類 | Comments(4)