写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:編みぐるみ ( 79 ) タグの人気記事

f0108133_956059.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十八作目、ムラサキシメジです。

f0108133_9563378.jpgf0108133_9562621.jpg何度となく見ているのですが、これが生えるときのこの季節も終わりだと感じるのと、よく見ると変形や色の濃淡など変化に富んでいて面白いため、愛着のあるきのこです。

そんな理由もあって以前から編みたいと言っていたのですが、筑波実験植物園のきのこ展で、観察のために裏返された傘の裏側のひだの美しい紫色を見て思い立ったようです。

f0108133_9571992.jpg妻のきのこの編みぐるみは、強烈な個性のあるきのこに出会って一気呵成に作る場合と、何度も見ているなかで把握した様々な特徴を組み合わせた典型として編む場合があるようなのですが、これはやはり後者にあたるものでしょう。

幼菌と老菌の傘の色の相違、老菌の傘の縁の波打ち具合、ひだの色の濃さ、柄の繊維状の質感と下膨れ具合、そして柄から枝分かれしたちびきのこと、これでもかと特徴を詰め込んでいます。

f0108133_9582552.jpgなにぶん変化の大きいきのこなので、私たちの抱いている印象もすべて表現されているわけではありませんし、人によってはまた違う印象を持たれているかもしれませんが、どうでしょうか。

なお、今回も交差法による裸眼立体視写真を載せました。
f0108133_13542423.jpg

[写真] ムラサキシメジの編みぐるみ: 傘径約8cm


実物は傘径3cm〜10cm


PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2014-11-22 14:50 | 菌類 | Comments(5)
f0108133_1881278.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十七作目、クチベニタケです。

f0108133_1882163.jpg以前からずっと作りたいと言っていながらもなかなか見る機会に恵まれず、実際に見たものだけを作るという方針を貫いているため、何とか見られないかと常々思っていました。

そんななか、今年の夏に参加した「博物ふぇすてぃばる!」でたまたま私達の展示をご覧になった那須平成の森のインタープリターのかたからクチベニタケが生えているという話を伺いました。

これは行くしかない、と九月の頭に早速出掛けてついに見ることができ、満を持して作ったのがこの編みぐるみです。

丸く編んだものに、赤い毛糸でコメ印を付けるだけだと思ったのですが、いざやってみると意外な落とし穴が。 この赤い口の部分がなかなかそれらしくできないのです。 あれこれやってみて、なんとか実物の雰囲気に近いものができましたが、どうでしょうか。

なお、今回も交差法による裸眼立体視写真を載せました。
f0108133_1882857.jpg

[写真] クチベニタケの編みぐるみ: 直径約2cm


実物は直径約6mm


PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2014-09-28 18:55 | 菌類 | Comments(4)
f0108133_1151818.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十六作目、ノウタケです。

f0108133_1154452.jpgノウタケは過去にも作っているのですが、小ぶりなものがひとつだけだったので、『博物ふぇすてぃばる!』に出展するにあたり、ひとまわり大きい、成熟した子実体を追加することになりました。

ノウタケは複数がかたまって生えることが多いので、二つ並んでいると、かなり雰囲気がそれらしくなったように感じます。

そして、本日八月九日よりいよいよ『博物ふぇすてぃばる!』です。
台風の影響が心配されますが、とりあえず明日は雨こそ降れ、大荒れにはならずに済みそうです。近くへお越しの際はお寄りくださると幸いですが、くれぐれもお気を付けておいでください。
それでは、大量のきのこともども、会場でお待ちしております。

なお、今回も交差法による裸眼立体視写真を下に載せました。
f0108133_1152772.jpg

[写真] ノウタケの編みぐるみ: 幅約11cm


写真の実物は幅約15cmくらい


PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2014-08-09 01:30 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_115420100.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十五作目、ホコリタケです。

f0108133_1291643.jpgホコリタケは妻が子供の頃からよく目にしていてなじみ深かったこともあって、以前から作りたいと言っていました。 ですが、頭の部分の細かないぼいぼを編み物でどう表現したらよいか、思い入れの大きいぶん余計に迷いが出てしまい、なかなか踏ん切りが付かずにいたものです。

今回編み始めるにあたり、そこらへんの迷いが払拭できたわけではないのですが、来月の『博物ふぇすてぃばる!』に出そうと、とりあえず見切り発車で始めてしまいました。

実際できてみると別に心配するほどのことはなく、雰囲気を確かめながら少しずついぼいぼを増やしてゆくやり方で、それなりに再現はできたように思います。 思いのほかいい感じになったので、調子に乗って老菌も追加して胞子を吹き出させるなど、本人も相当気に入っているようです。

なお毎度のことですが、交差法による裸眼立体視写真も載せておきます。
f0108133_1292228.jpg

[写真] ホコリタケの編みぐるみ: 高さ約5cm


実物もおなじくらいの大きさ


PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2014-07-13 12:38 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_1122076.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十四作目、ハタケチャダイゴケです。

ハタケチャダイゴケの編みぐるみは、七年前にも作っているのですが、初期の頃のもので、当時は手持ちの数少ない余り糸だけで編んでいたことと、どちらかといえば可愛らしく作っていたので、生々しく作るようになった今となっては、完成度が気になっていたようです。

f0108133_10461656.jpgこのたび『博物ふぇすてぃばる!』に参加することになり、それを機に再度作ろうということで、編んだのがこの作品です。

ところが難しいことに、いざ取り掛かろうと過去に撮った写真を見てみると、杯の内側やペリジオールの色に個体ごとの変化が大きく、どの色を選んだらよいのか迷ってしまいました。 実際に見たものの中にはもっと白っぽい色をした個体もあるのですが、最終的には作者である妻の印象から、隅っこの方で怪しげに黒っぽくごちゃごちゃと固まっている感じということで、写真のような色使いとなりました。

f0108133_23452612.jpg※追記
ちなみに上の写真ではペリジオールの様子がよくわかりませんので、真上から見た写真もあわせてご紹介します。 さすがに編み物なので、実物のようなつるんとした質感は再現できませんが、碁石のような雰囲気は何とか伝わるでしょうか。

なお今回も、恒例の交差法による裸眼立体視写真を載せておきます。
f0108133_10462495.jpg

[写真] ハタケチャダイゴケの編みぐるみ: 子実体の直径約2.5cm


実物の大きさはその五分の一の五ミリほどです。


PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX K-7 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2014-07-05 11:20 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_7521141.jpg

上の写真は以前にもご紹介しました、妻が作ってくれたベニタングタケの編みぐるみですが、少し変化しているところがあります。

じつはごく初期の、まだつぼの状態の幼菌がひとつ加わりました。 その理由は、八月に行われる『博物ふぇすてぃばる!』という催しに出展するためです。

詳しくは『博物ふぇすてぃばる!』のホームページをご覧いただきたいのですが、「自然科学、自然史、生物学、古生物、鉱物、化学、物理、天文などなど博物学ゆかりの題材からなる創作・展示・研究を販売・発表できるイベント」というもので、正しく言い表せているかわかりませんが、博物学に限定したデザインフェスタのようなものでしょうか。

f0108133_7523530.jpg私たちは『役に立たないきのこの小部屋』というブース名で参加し、「ガクモンからエンタメ☆」という企画もありますので、いつもの編みぐるみと写真に少しだけ生物学的な内容を加味して展示を行います。 といっても研究を行っているわけではないので、発表というほどのものはなく、きのこ好きのかたならとうにご存知の内容を説明する程度ですが。

ちなみに開催要領は下記の通りです。

博物ふぇすてぃばる!
 http://hakubutufes.com
 日程: 2014年 8月 9日(土) 〜 10日(日)
 会場: 科学技術館(東京都千代田区)

『役に立たないきのこの小部屋』(ブース#92)
 展示内容紹介ページ:
  http://hakubutufesshoukai.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
 ガクモンからエンタメ☆内容紹介ページ:
  http://hakubutufesshoukai.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

机二台分の小規模な展示となりますが、この催し全体では博物学にまつわる多方面の展示や販売など、盛りだくさんの内容になりますので、もしご興味がおありでしたら、お立ち寄りくださいますと幸いです。

[写真] ベニテングタケの編みぐるみ: 傘径約8cm



PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2014-06-29 10:32 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_17461134.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十三作目、コガネタケです。

f0108133_1594219.jpgf0108133_159876.jpg十月の末から十一月の頭にかけて、深大寺周辺の道ばたにコガネタケの集団が突如として現れ、その異様な姿で目を楽しませてくれました。

このコガネタケ、傘と柄というきのこの形態としてはごく一般的なもので、色もいまひとつぱっとしない黄土色ながら、全身が黄土色の粉末でびっしり覆われているためにどこもかしこも質感の変化がまったくなく、さながら全身タイツをまとった集団のような、一度見たら忘れられないかなり珍奇な光景を見せてくれます。

f0108133_1595637.jpgf0108133_15103100.jpgそのあまりの怪しさゆえ妻が大いに気に入ってしまい、前作のタマゴタケが完成するや早速手掛けることになりました。

その気に入りぶりといったら相当なもので、傘の下を覆っているつばの縁が裂けてきて、そのすき間から傘の裏のひだが覗いているところまで作り込む念の入れようです。

f0108133_17473170.jpg右の写真がその部分を拡大したもので、これはいったん成菌と同じように傘の裏のひだや黄土色の粉末に覆われていない柄を色の異なる毛糸で編み、それをわざわざ黄土色の毛糸でつばを作って塞いでいます。

かなり面倒なことをしていますが、どうしてもこれを再現したかったとのことで、それもあってあの全身タイツ集団のごとき怪しさはかなり醸し出せているのではないかと思います。

そして、今回もまた交差法による裸眼立体視写真も載せました。
f0108133_1746382.jpg

[写真] コガネタケの編みぐるみ: 傘径約11.5cm


実物もほぼおなじくらい


PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2013-12-22 16:08 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_2351644.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十二作目、タマゴタケです。

f0108133_23512411.jpg昨年の夏にペンションきのこに伺った際に初めて見てから、いつかは編みたいと言いながらも、なかなか手をつけられずにいたタマゴタケですが、その後あちこちでその姿を見るうちに次第に印象をつかめたようで、ついに手掛けることになりました。

タマゴタケは色の派手さや、成長の過程で見せるさまざまな形の可愛らしさから、卵から顔を出したばかりもの、柄が伸びつつあるもの、そして成菌と三つの組で作ったうえに、部分部分やそれぞれの状態で見せる色の変化のために使う糸の色も多くなり、かなりの大作となってしまいました。

f0108133_23513846.jpgf0108133_23514999.jpgとくに苦労したのが成菌の傘で、周囲に現れる条線や、中心から周囲にかけての複雑な凹凸を再現するために、いろいろと試行錯誤を重ねたようです。

また、柄と卵のすき間を維持するために、卵の縁の部分にテクノロートという樹脂の線を編み込むなど、見えない部分にもかなり手を掛けており、編み物という制約から完全ではないものの、かなりその雰囲気は再現できているのではないかと思います。

なお、またいつも通りの交差法による裸眼立体視写真も載せておきます。
f0108133_23535526.jpg

[写真] タマゴタケの編みぐるみ: 傘径約9cm


実物もほぼ同じくらい


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2013-12-05 00:37 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_22110474.jpg
妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十一作目、ベニテングタケです。

f0108133_22122686.jpgf0108133_22131424.jpg以前、ベニテングタケをどうしても見たくなって、ペンションきのこに行った話を記事にしましたが、そのときに見たベニテングタケの可愛らしさに、あまりにありがちな題材とはいえ、どうしても作らずにはいられなくなったようです。

じつは最近きのこの編みぐるみの記事に「余り糸で」という言葉を付けていないのですが、これは欲しい色や質感の余り糸を待っていては、いつまでたっても作りたいきのこを手掛けられないために、きのこ用の糸を買うようになっているからで、このベニテングタケも傘に使った糸は、このために探して購入しました。

f0108133_22112040.jpgそんなベニテングタケの編みぐるみですが、きのこの編みぐるみというと世間一般ではやはりベニテングタケを模したものというのが相場です。

安易に作ってしまっては、単に赤い傘に白い斑点という「かわいい毒きのこちゃん」とでもいうような、いかにも雑貨という感じの作品になってしまいますので、色や形、とくに傘の表面についたつぼの破片の付きかたには相当気を使っていたようです。

f0108133_22113395.jpgこうして試行錯誤を繰り返しながら編んだ作品ですが、そのかいあって毛糸で編んだものとしてはこれ以上はないほど生々しくできたのではないかと思います。

おりしも、東京では関西より数週遅れで放映される『探偵!ナイトスクープ』で、『ベニテングタケを見たい』と三歳の男の子がペンションきのこに行って、ベニテングタケを見つける話が流れていましたが、テレビの前にこの編みぐるみを置いて、夫婦して喜んで見ていました。

なお、またいつも通りの交差法による裸眼立体視写真も載せておきます。
f0108133_22120092.jpg


f0108133_22115149.jpgところで、ベニテングタケにちなんでですが、こんなものを作ってみました。赤いベレー帽に、白いフェルトの点々をちりばめて、いかにもベニテングタケっぽくしてみたものです。

いい歳をしたおっさんが、何をやっているんだかという感じではありますが、きのこ関連の催し物の際には「正装」としてかぶって行こうかと思っています。

『探偵!ナイトスクープ』に出ていた男の子は最初、「将来ベニテングタケになりたい」と言っていたのが、最後には「タマゴタケになりたい」に変わってしまいましたが、私はこれでちゃんとベニテングタケになります。

[写真] ベニテングタケの編みぐるみ: 傘径約8cm


ふつう実物はもう少し大きいようですが、私たちが見たものは気候的な条件もあってか、小ぶりなものがほとんどで、この編みぐるみと同じくらいでした。


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2013-11-10 23:38 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_721411.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十作目、クロノボリリュウタケ(幼菌)です。

f0108133_7221227.jpgじつは先日、一度ご紹介しているのですが、見ているうちにだんだん実際に見た右の写真の幼菌との違いが気になり出して、少し手直しを行いました。

具体的には子のう盤を少し大きくしただけなのですが、大きくなったぶん、ぼこぼこした不規則な形状の雰囲気も出しやすくなり、全体の比率的にもちょうどいい感じになったのではないでしょうか。

クロノボリリュウタケの子のう盤については、個体差がありすぎるので、細かいことを言い出せばきりがないのですが、「実際に見たものを作る」という方針からすればこの修正版のほうがよいと思っています。

なお、いつもの交差法による裸眼立体視写真も、同じく撮り直してみました。
f0108133_7214827.jpg

[写真] クロノボリユウウタケの編みぐるみ: 高さ約4cm


この写真の実物は同じくらい


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2013-10-06 07:47 | 菌類 | Comments(0)