写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

富士山きのこあれこれ

f0108133_17455853.jpg

十月の話なのでかなり前になってしまいますが、いつかは行ってみたいと思っていた、念願の富士山に訪れました。

富士山とはいうものの、いろいろなところで目にする素敵な写真のきのこがどこに行けば見られるのかを知らなかったため、まずは事前の場所探しからです。 人に聞くという手段もあるのですが、やはりきのこのお作法として禁じ手のような気もしたので、自分で調べることにしました。 (と言ってもネットで調べるわけですから、安易さには変わりないのですが)

そしてまず訪れたのは須走口五合目です。 きのこ狩りと言えばこことばかりの評判だったので、食菌はたとえ獲り尽くされても魅惑的な毒きのこは残っているだろう程度に考えていました。

しかし、その期待はいきなり裏切られることになりました。 着くなり目に飛び込んできたのは、山荘の前に並んだ何台ものテーブルを埋め尽くす夥しいきのこの山です。 最初は山荘で出すきのこ料理のために収穫したきのこを並べているのかと思ったのですが、そうではありませんでした。 山荘できのこが食べられるか否かを鑑定してくれるため、きのこ狩り客が獲ったきのこを並べて鑑定を待っているのです。

とりあえず山荘で食事がてら近くのきのこ狩り客の会話に耳を傾けていると、山荘で鑑定してくれるので、きのこと見れば片っ端から獲ってきて、食べられないものは後で捨てればいいという考えがまかり通っているようでした。 実際にきのこ狩り客に話を聞くと、きのこの知識などほぼ皆無で、カキシメジやニガクリタケなどの紛らわしいものはおろか、チシオタケまで、もしかしたら食べられるかもしれないからと、獲ってきているのです。

f0108133_20152294.jpgこのようなことを言うと角が立つとは思いますが、さすがにこれには呆れて言葉が出ませんでした。 この人たちにとっては、きのこは生き物ではなく、食べ物でしかないのです。 食べられないと判定されたきのこは単なるゴミなのです。 その後、路端の草むらでビニール袋を逆さまにして、大量のきのこを捨てている人も見ましたが、正直胸が悪くなる光景でした。

そして肝心のきのこですが、やはり予想通り、ことごとく取り尽くされて残っているものはわずかで、この日いちばんの写真はロクショウギサレキンモドキに染まって真っ青になった倒木でした。 さすがにこれを獲る人はいないでしょう。

f0108133_1746777.jpg須走口五合目はこの状態なので、翌日は場所を変えて青木ヶ原樹海を目指して富岳風穴近辺の遊歩道に向かいました。

こちらはきのこ狩り客の姿もほとんどなく、打って変わって天国のよう。 遊歩道の入口から倒木いっぱいに生えたタヌキノチャブクロが迎えてくれます。 ここから鳴沢氷穴までの遊歩道と、精進湖方面に向かう遊歩道を歩いたのですが、普段見ることの少ないルリハツタケ、アカエノズキンタケ、ベニテングタケなどきのこにも出会え、思い描いていた通りの富士山のきのこたちとの出会いを満喫しました。

前日と較べるとまさに天国と地獄の違いではありましたが、富士山のきのこ狩りの実態を目の当たりにできたこともある意味、良い経験であったと思います。 あちこちで、食毒を離れた生き物としてのきのこの魅力を伝えるべく情報発信をしてきたつもりですが、今後もこうした活動を続けて行きたいと、僭越ながら思った二日間でした。

f0108133_1862767.jpgf0108133_1862218.jpgf0108133_1861697.jpg

[写真]
ルリハツタケ: 傘径約5cm / ロクショウグサレキンモドキ: 直径約3mm / タヌキノチャブクロ: 直径約2cm /
アカエノズキンタケ: 高さ約2.5cm / ベニテングタケ: 傘径約7cm



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2017-11-12 22:07 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_181432.jpg

北八ヶ岳は苔の森に訪れた後、清里まで移動して宿泊しました。 翌日は清里付近を探索すべく、まずはキープ協会の周辺にある自然散策路へ。

帰りの電車もあるため、比較的短時間で回れそうな森の中の散策路を見てみましたが、大半はびっしりと笹に覆われていて、残念ながらこれではきのこを探すのは困難でした。 そうこうしているうちに雨が降り出して散策どころではなくなり、久々に名物のアイスクリームでも食べようかと清泉寮へ。

ふとベンチの置かれた植え込みの中を見ると、鮮やかな黄色のきのこと思いっきり目が合いました。 近付いて見るとコガネテングタケとおぼしききのこが数本。 写真を撮ってふと視線を上げると、緑色の草の中に赤紫色の物体が点々と。 芋づる式に周辺から次々ときのこが出現するではありませんか。

さんざん笹薮の中をきのこを求めて歩き回ったのは何だったのかと思いたくなるほど、想定してもいなかった清泉寮の一角できのこ三昧となりました。 常々思うことではありますが、やはりきのこは人懐っこくて目立ちたがりのようです。

f0108133_18141670.jpgf0108133_18142129.jpgf0108133_18143941.jpg
f0108133_18225083.jpgf0108133_1814341.jpgf0108133_18224461.jpg

[写真]
ハナオチバタケ, ニカワホウキタケ(?), チシオタケ, チチタケ, 未同定, コガネテングタケ(?), トガリツキミタケ(?)



OLYMPUS STYLUS 1s
OLYMPUS Tough TG-5

by at384 | 2017-08-06 19:10 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_1630692.jpg

北八ヶ岳の苔の森では、どうしても苔や地衣類が目に付き、相対的にきのこの存在感が薄くなってしまうのですが、小型菌中心で種類こそ少ないものの、けっこうな数のきのこに会うことができました。 なにより森の中が苔の緑色で満たされているため、背景がきれいで絵になるのが素敵です。

種類としてはクヌギタケの仲間とカブベニチャ(?)が大半ですが、少ないながらも他のきのこたちにも会うことができました。 また全体的に湿った環境ということもあって、きのこ以外に粘菌も元気で、そこかしこで姿を見ることができました。

f0108133_16365056.jpgそして、これは菌類ではないのですが、森の中にはギンリョウソウがちょこちょこと生えていて、もう花はほとんど終わって実ができたものがほとんどながら、これもまた森の緑に映えてきれいでした。 ことに可愛らしいのが実のなりかたで、今まで気付かなかったのですが、果実が成熟してくるとそれまで俯いていたのが上を向いて来るのが面白く、みんなで口を尖らせて上を向いているようなのが印象的です。

ギンリョウソウといえば最近、ゴキブリが種子散布に一役買っているという話題を知りました。 純白のいかにも清楚な姿とは裏腹に、ベニタケの仲間から栄養をかすめ取り、ゴキブリに種子散布をさせているという点が興味深いところです。

f0108133_16364325.jpgf0108133_16363427.jpgf0108133_16362692.jpg

f0108133_16424843.jpgf0108133_17373484.jpgf0108133_1657189.jpg

f0108133_16423640.jpg
f0108133_16411682.jpgf0108133_16411187.jpg

f0108133_17324596.jpg
f0108133_17303017.jpg

[写真]
カブベニチャ(?), ギンリョウソウ, ベニタケの仲間, イグチの仲間, 未同定, コガネニカワタケ(?), イグチの仲間, クヌギタケの仲間, マメホコリ, ススホコリ(?), 未同定, クダホコリ(?), ツノホコリ(?)



OLYMPUS STYLUS 1s
OLYMPUS Tough TG-5
PENTAX K-1 + DA21mm F3.2 AL Limited

by at384 | 2017-08-06 17:42 | 菌類 | Comments(0)

地衣類が笑顔な苔の森

f0108133_14245618.jpg

博物ふぇすてぃばる! が終わって準備作業から解放されたので、いざきのこを見に行かんと思ったのですが、耳に入るのは少雨で不発の情報ばかり。 なんとか近場で湿っていそうな場所を求めて、北八ヶ岳の「苔の森」の情報を見つけ、苔が生える場所なら大丈夫だろうと出かけました。

行くまで知らなかったのですが、ここは最近ジェイアール東日本の旅行商品の宣伝で取り上げられたそうで、大混雑となって駐車場がすぐに埋まってしまい、下手をするとかなり離れたスキー場の駐車場で順番待ちになってしまうとか。 幸い休みを取って平日に行けたので、駐車場はなんとか入れました。

f0108133_1425488.jpgその苔の森に入って行くと、いつ降り出すかという曇天のせいもあったのですが、実に涼しく心地よいところです。 そして期待にたがわず、場所によってはぬかるむほどの湿りっぷりでした。

名前の通り、うっそうとした森の中は様々な種類のコケがそこかしこに群落を作っていましたが、地衣類も負けじと樹の幹や岩に集団を作っています。 今までも行く先々で地衣類は目にしてきましたが、この密度の高さは初めてでした。

そして何より特徴的なのは、私の印象では隅っこの方でおとなしくかたまっている感じであった地衣類が、ここでは自分たちが主役と言わんばかりに大集団を作って目の前に陣取っていることです。

なかでもひときわ元気なのがウグイスゴケで、反復発芽する様子がまるで皆んなでバンザイをして喜んでいるかのようでした。 ウグイスゴケ以外の地衣類も、今までどちらかと言えばむっつり黙って貼り付いている印象だったのが、ここではみんな表情たっぷりに笑顔を振りまいているかのようです。

残念ながらきのこは数こそいたものの、種類的には少なかったのですが、それを補って余りある地衣類の楽しそうな姿が素敵な場所でした。 ちなみに、小淵沢からここに向かう途中の山道にサルオガセの大集団があり、ここでも見られるかと思って通過してしまったのですが、苔の森ではサルオガセは見つかりませんでした。

f0108133_1571578.jpgf0108133_1578100.jpgf0108133_157297.jpg
f0108133_1565586.jpg
f0108133_15293189.jpgf0108133_1673779.jpg

[写真] ウグイスゴケ, 未同定2種, コアカミゴケ, キゴケ属, ヒロハセンニンゴケ,トリハダゴケ属



PENTAX K-1 + DA21mm F3.2 AL Limited
PENTAX K-1 + D FA MACRO 100mm F2.8 WR
OLYMPUS Tough TG-5

by at384 | 2017-08-06 16:11 | 菌類 | Comments(0)

奥入瀬渓流のきのこたち

f0108133_1539157.jpg

夏休みの旅行で白神山地できのこと巨大ナメクジに出遭ったあとは、出発点の弘前を再び経由して奥入瀬渓流へと移動しました。 幸いにも台風の大雨の峠は車中でやり過ごすことができ、酸ヶ湯温泉を過ぎる頃には小康状態に。 白神山地は猛暑で大変でしたが、台風との位置関係で空気が入れ替わったことと、標高も上がったのでかなり過ごしやすい気温になっていました。

そしてブナ林の間を走るなか、薄暗い中に見るからに自分がきのこなら思わず生えたくなるような光景が広がっているので、たまらず車を止めて周りを見回してみると、なんと止めた車の真横に純白で可憐な猛毒ちゃんが立っているではありませんか。

擬人化したり験担ぎをするわけではありませんが、きのこに歓迎されているときは往々にしてこんな感じで「お出迎えきのこ」が現れるので、翌日の奥入瀬渓流探索への期待が盛り上がります。

f0108133_16542877.jpg翌日は朝から再びの雨で出発は遅れたものの、奥入瀬渓流沿いの散策道を大小のきのことふれあいながら進んで行くと、ふと視線が行った目の前の落ち葉の間からきれいなカメムシタケがすっくと立っています。

普段は遠慮もあって冬虫夏草を見つけても掘ることまではしないのですが、これはあまり大げさに掘り返さずとも落ち葉が取り除けそうに思えたので、重なった落ち葉を丁寧に剥がして行くと、そう素直に生えてはいなかったものの、壊すことなくなんとか綺麗な状態で掘り出すことができました。

f0108133_1656487.jpgカメムシタケは撮影後、元の通り再び落ち葉の中に戻しましたが、その他にも巨大なエリマキツチグリやこれまた大きなツエタケなど大物にも出遭え、大いにきのこ探索を楽しめました。

帰りの時間もあったので後ろ髪を引かれつつも午前中で探索を終えましたが、またいつか訪れたくなる場所です。

f0108133_16494468.jpgそして八戸に向かう道すがら、前回青森を訪れた際にはまだ未完成で見られなかった十和田市現代美術館前の草間彌生さんのきのこに立ち寄り、八戸から新幹線で帰りました。

[写真] ドクツルタケ: 傘径約2.5cm / カメムシタケ: 長さ約4cm



OLYMPUS STYLUS 1s
PENTAX K-1 + LAOWA 15mm f/4 Wide Angle 1:1 Macro
OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-08-28 17:05 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_1492828.jpg

夏休みの旅行で白神山地に行ってみようということになり、弘前〜白神山地〜奥入瀬渓流〜八戸という、青森県横断の旅程で出かけました。 あいにく台風11号の来襲ともろに重なってしまいましたが、大雨に遭ったのは移動中のみで、運良く外に出ている間はあまり雨に降られることなくすみました。

当然のことながら白神山地にはきのこに会いに行ったのですが、初めての訪問でよくわからないこともあり、白神山地と言ってもほんの入口の暗門大橋周辺の散策路のみです。 そして山地と名が付くぐらいだからさほど暑くないと高を括って出かけたところ、台風の影響もあってとんでもない高温多湿状態となり、恥ずかしいことに散策路を一周して早々に引き上げるという体たらくとなりました。

f0108133_1492171.jpgそんな状態でしたので、視野の隅々までくまなくきのこを探すこともできず、目立った大物のみという結果とはなりましたが、その中ではヒメベニテングタケに出会えたのが何よりの幸運でした。

他には時期的なものなのでしょう、色の濃淡さまざまなチチタケがあちこちで目に付き、世界自然遺産なので当然採集することはできませんが、栃木県民ならさぞかし大喜びしそうな光景でした。

f0108133_1491687.jpgなにより世界自然遺産の奥の深さを感じたのは、残念ながらきのこではなく、散策路に入って早々出遭ったヤマナメクジと思われる巨大なナメクジでした。 写真では判りにくいのですが、おそらく体長20センチはあるものと思われます。

ナメクジには庭の野菜を散々食い荒らされており、正直見るのも不快なのですが、このヤマナメクジの悠々と滑るように前進する姿はどこか山の神ともいうべき高貴さを放っているようで、気持ち悪いと目を背けるより思わず引き込まれてしまいました。

[写真] ヒメベニテングタケ: 傘径約2.5cm / チチタケ: 傘径約3cm / ヤマナメクジ: 体長約20cm



PENTAX K-1 + LAOWA 15mm f/4 Wide Angle 1:1 Macro
OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2016-08-28 14:58 | 菌類 | Comments(0)

箱根できのこ巡り

f0108133_22125263.jpg

先週のことですが、箱根ビジターセンターで開催された『集まれ!きのこと仲間たち』という催しに参加するため、箱根に出かけました。

f0108133_22145080.jpg催しは朝からのため前日から箱根入りしてきのこを探してみると、八月後半に天候がぐずつき、気温が下がったこともあって、きのこたちはけっこうな盛況です。

なかでも目を引いたのが大きなカエンタケ。 本数は一本だけだったのですが、大きさと形の怪しさでこの日見たなかでは最も存在感を放っていました。

そして翌朝は催しの会場である箱根ビジターセンターへ。 前日の様子から期待が高まります。

f0108133_221544.jpg『集まれ!きのこと仲間たち』は午前中が講義で午後から二時間ほど二班に分かれて、ビジターセンターの裏手から湖尻周辺できのこ探しでした。

主催者のかたのお話では、きのこは小さなものが多く、あまり大物はなさそうとのことでしたが、それでも大人数で探しただけあって、キイボカサタケなど小粒ながらも見栄えのするきのこがいくつも見つかり、その後の交流会も含めて盛況のうちに終わりました。

f0108133_2215101.jpgビジターセンターのある桃源台近辺は今まであまり足を伸ばしたことがなかったため、せっかくなのでもう一泊して翌日はまたビジターセンター周辺に出かけ、前日まわらなかった箇所を探してみました。

あまり大物はなかったものの、前日の催しの際にも見られた、上の写真のようなモリノカレバタケと思われる菌輪がそこかしこに大発生し、まるでお祭り騒ぎかのような盛況ぶりです。

その他にも前日のキイボカサタケに引き続き、今度はシロイボカサタケも。

f0108133_221516100.jpgイボカサタケの仲間は昨年那須でアカイボカサタケを見ているので、これで一応制覇ということになります。

ちなみにシロイボカサタケは左の写真のような幼菌も見つけたのですが、こんな小さなうちからはっきりとしたイボをつけているという、イボへの拘りようには笑わされました。

この日は午後から生命の星・地球博物館で開催されている、『生き物を描く〜サイエンスのための細密描画〜』を見る予定もあって早々に引きあげましたが、また来年が楽しみです。

f0108133_22152267.jpgところで、以前仙石原周辺の竹やぶ脇でキヌガサタケが転がっているを見つけたことがあり、その後も行くたびに気になってこの周辺を探しているのですが、今回も性懲りもなく探してみました。

まさか生えていることを本気で期待しているわけでもないのですが、今回は少し気になるものを見つけてしまいました。 箱根入りした初日に見つけたのですが、右の写真のような白い卵のようなものが竹藪のなかに顔を出していたのです。

f0108133_22152827.jpg大きさはキヌガサタケの卵だとしても不思議はないかなり大きなものでしたので、二日後となる催しの翌朝、気になって様子を見に行きました。

気のせいかもしれませんが、この時の状態は左の写真のような状態で、二日前に見た時よりもやや盛り上がっているようにも見えます。

残念ながら箱根に留まってこの続きを見るわけにも行かず、結局この後この卵らしきものがどうなったのかは知るべくもありませんが、気になります。

[写真] 箱根のきのこたち



OLYMPUS STYLUS 1s
PENTAX K-3 + DA21mm F3.2 AL Limited

by at384 | 2015-09-13 23:12 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_14455225.jpg

f0108133_14492367.jpg昨年に引き続いて今年も夏季休暇を利用して那須平成の森を訪れました。

昨年はクチベニタケ見たさに出かけ、最後の一つになってはいたものの、念願叶って会うことができましたが、今年はぜひもっと数が出ているところを見たいと、昨年より早い時期の訪問です。

クチベニタケはガイドウォークでないと立ち入ることができない場所にあるため、ガイドウォークに参加を申し込み、雨天になってしまいましたが、それでも実施していただけ、無事再会を果たせました。 もちろん数もいたるところに点々と生えており、並んで生えている姿はまさにたこ焼きです。

f0108133_14461777.jpg翌日は幸いすっかり雨も上がったので、平成の森の自由に散策ができる観察路を歩いてみました。

昨年はここでミミブサタケに出会ったのですが、今年は何に出会えるか楽しみに探していたところ、草むらの中に大きな灰色の物体が。

全身が灰色のモコモコした綿くずに覆われたような、どことなくコアラを思わせる大型のきのこで、特徴からおそらくハイカグラテングタケではないかと思われます。

f0108133_14461090.jpg灰色という色は感覚的には地味そのもののはずなのですが、その大きさも相まって森の中ではむしろよく目立ち、なかなかの存在感です。

表面のイボというかモコモコは脆く、触ると脱落してしまうほどなので、前夜の激しい降りかたを思うと雨の中で生えていたとは考えにくく、とすれば数時間のうちにこれだけ大きく成長したことになり、改めてきのこの成長の早さには驚かされます。

珍菌というほどのものではないのでしょうが、雨上がりの森の中にいくつも灰色のモコモコした大型のきのこが顔を出している姿はなんとも可愛らしいものでした。

f0108133_14491626.jpgその前の週までの少雨と、前夜の大雨の影響もあってか、昨年より全体的なきのこの数は少なかったのですが、それでも今まで見たことのないきのこにもいくつか出会うことができ、涼しい高原の気候もあって、楽しい時間を過ごすことができました。

前日の地衣類というお楽しみもあり、当分夏の那須は楽しめそうです。

f0108133_14493045.jpgちなみに、那須といえば栃木県、栃木県といえばチチタケですが、観察路の中にはチチタケらしききのこもちゃんと生えていました。

[写真]
ハイカグラテングタケ?: 傘径約11cm
クチベニタケ: 直径約1.5cm
ロクショウグサレキン?: 傘径約5mm
チチタケ?: 傘径約5cm



OLYMPUS STYLUS 1s
OLYMPUS TG-3 Tough
PENTAX K-3 + DA21mm F3.2 AL Limited

by at384 | 2015-08-22 15:40 | 菌類 | Comments(0)

那須で地衣類三昧

f0108133_1358156.jpg

昨年、クチベニタケに会いに出かけ、幸運なことにミミブサタケにも遭遇することができた那須平成の森に夏季休暇を利用して今年も訪れました。

f0108133_135881.jpg平成の森のきのこについては別の記事で触れることにしますが、じつは那須のお楽しみのもうひとつに、ホテルの庭に生えている地衣類があります。

昨年たまたま泊まった際に見つけたのですが、庭の一角にさまざまな地衣類が生えていて、朝の散歩でこれらを観察するのがなかなか楽しいのです。

f0108133_13581461.jpg地衣類など近所にいくらでも生えているだろうと言われてしまうかもしれませんが、やはり種類の豊富さが違い、何より背景がきれいなので、写真に撮っても印象が大きく異なります。

きのこと比べると地味で、やや気持ち悪いという印象がある地衣類で、実際私も以前はあまり気にも留めなかったのですが、最近しだいに興味を持つようになり、昨年ここでいろいろな地衣類に出会ったことで、ますますその興味が深まってきました。

f0108133_13582334.jpg改めて観察してみると妖しく個性的で興味深く、見慣れるとそれなりに可愛らしいものがあります。 ただ惜しむらくは私の目が節穴ということもありますが、同定が極めて難しく、どこまでが同じ種類でどこからが別の種類なのか、まだ見分けることができないのが現状です。

ここに紹介した写真でも、上の二枚はさすがに別の種類だとわかりますが、右の写真と下の写真になると、残念ながら判断が付きません。

f0108133_13583038.jpgそもそも、きのこ自体まともに同定などできていないのですが、地衣類についてはまだまだ当分の間、形を面白がって見ているだけになりそうです。

というわけで名前も出さずに写真ばかり並べてしまったのですが、どなたか詳しい方がいらしたら、教えていただけると幸いです。

[写真] 那須で出会った地衣類のみなさん



PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2015-08-22 14:43 | 菌類 | Comments(0)

ヤドリギ

f0108133_7492843.jpg

f0108133_7493365.jpg話は前後してしまうのですが、軽井沢に着いた一日目に国設野鳥の森に行った際、近くの食堂で昼食を取っている時に、窓の外に不自然な葉の生え方をしている樹を見つけました。 樹に詳しくないので種類は分かりませんが、細かな葉が茂っている樹の枝の一箇所だけ妙に大きく青々とした葉が生えています。

この枝はかなり低い場所にあったので、近づいて見てみるとヤドリギです。 ヤドリギは今までにも見たことがありますが、いずれも高い枝で、あまり細かなところまで見たことがなかったので、興味深く観察することができました。

この後きのこを探しに出発したのですが、きのこならずとも最初に寄生生物に出会えたということで、まずは幸先がよかったと思います。

[写真] ヤドリギ: 直径約30cm



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2015-07-11 08:02 | 植物 | Comments(0)