写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:地衣類 ( 8 ) タグの人気記事

地衣類が笑顔な苔の森

f0108133_14245618.jpg

博物ふぇすてぃばる! が終わって準備作業から解放されたので、いざきのこを見に行かんと思ったのですが、耳に入るのは少雨で不発の情報ばかり。 なんとか近場で湿っていそうな場所を求めて、北八ヶ岳の「苔の森」の情報を見つけ、苔が生える場所なら大丈夫だろうと出かけました。

行くまで知らなかったのですが、ここは最近ジェイアール東日本の旅行商品の宣伝で取り上げられたそうで、大混雑となって駐車場がすぐに埋まってしまい、下手をするとかなり離れたスキー場の駐車場で順番待ちになってしまうとか。 幸い休みを取って平日に行けたので、駐車場はなんとか入れました。

f0108133_1425488.jpgその苔の森に入って行くと、いつ降り出すかという曇天のせいもあったのですが、実に涼しく心地よいところです。 そして期待にたがわず、場所によってはぬかるむほどの湿りっぷりでした。

名前の通り、うっそうとした森の中は様々な種類のコケがそこかしこに群落を作っていましたが、地衣類も負けじと樹の幹や岩に集団を作っています。 今までも行く先々で地衣類は目にしてきましたが、この密度の高さは初めてでした。

そして何より特徴的なのは、私の印象では隅っこの方でおとなしくかたまっている感じであった地衣類が、ここでは自分たちが主役と言わんばかりに大集団を作って目の前に陣取っていることです。

なかでもひときわ元気なのがウグイスゴケで、反復発芽する様子がまるで皆んなでバンザイをして喜んでいるかのようでした。 ウグイスゴケ以外の地衣類も、今までどちらかと言えばむっつり黙って貼り付いている印象だったのが、ここではみんな表情たっぷりに笑顔を振りまいているかのようです。

残念ながらきのこは数こそいたものの、種類的には少なかったのですが、それを補って余りある地衣類の楽しそうな姿が素敵な場所でした。 ちなみに、小淵沢からここに向かう途中の山道にサルオガセの大集団があり、ここでも見られるかと思って通過してしまったのですが、苔の森ではサルオガセは見つかりませんでした。

f0108133_1571578.jpgf0108133_1578100.jpgf0108133_157297.jpg
f0108133_1565586.jpg
f0108133_15293189.jpgf0108133_1673779.jpg

[写真] ウグイスゴケ, 未同定2種, コアカミゴケ, キゴケ属, ヒロハセンニンゴケ,トリハダゴケ属



PENTAX K-1 + DA21mm F3.2 AL Limited
PENTAX K-1 + D FA MACRO 100mm F2.8 WR
OLYMPUS Tough TG-5

by at384 | 2017-08-06 16:11 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_1117661.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの八十三作目、コアカミゴケ(その2)です。

f0108133_11171718.jpgコアカミゴケは過去にも作っているのですが、ここのところ地衣類づいてきて、立て続けに三作も地衣類を作ってしまうと欲が出てしまい、もっと雰囲気を出したくなって再び編むことになりました。

初回の作品は実物と較べるとかなり大きく全体的につるんとして、今から見ると作り物っぽくなっていたため、大きさをできるだけ実物に近付け、質感も不規則な感じを出すようにしました。

「博物ふぇすてぃばる!」ということもあって、結局ここで地衣類を立て続けに四作も編んでしまったのですが、勉強というほどではないながらも、おかげでかなり地衣類に親近感が増してきて、これからはきのこに加え、ますます地衣類の編みぐるみが増えそうな気もします。

なお、こちらも恒例の交差法による裸眼立体視写真を載せました。

f0108133_11171123.jpg

[写真] コアカミゴケの編みぐるみ: 高さ約1.5cm


実物は箱根ビジターセンターにて撮影したもので、高さは約1cmほど。


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
OLYMPUS STYLUS 1s
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2017-07-17 11:34 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_10211383.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの八十二作目、ウメノキゴケの仲間です。

ここのところ地衣類が続いているのですが、三年ぶりに出展する「博物ふぇすてぃばる!」の展示方法を考えるなか、以前開いた個展で薄緑色の糸をぐしゃっと垂らしてサルオガセっぽくしたものが意外によかったことから、もっと地衣類を増やそうということになったためです。

f0108133_10355729.jpgとはいうものの、地衣類の知識が不足していて同定できたものがほとんどなく、その中で日頃近所でよく目にしているウメノキゴケを作ろうということになって、この編みぐるみに取り掛かりました。

ということで何となく頭に思い描いた印象からできたのがこの作品です。 あらためて近所で撮った写真をひっくり返して見てみると、よく目にしていた近所のウメノキゴケはナミガタウメノキゴケなのですが、細かく言ってしまえば突っ込みどころが満載なので、「ウメノキゴケの仲間」ということで、温かい目で見ていただければ幸いです。

f0108133_10212173.jpgちなみに、こうして次々と作った地衣類兄弟の、ツヅレカラタチゴケウチキウメノキゴケの仲間と一緒に、展示用の丸太に貼り付けてみたのが右の写真です。

慣れない地衣類作品で、一つ一つ見てしまうと微妙な印象は拭えませんが、こうしてまとめるとなかなないい雰囲気になっているのではないでしょうか。

ちなみに、これもほとんどぺったんこなので、立体視する意味はあまりないかもしれませんが、いつものように交差法による裸眼立体視写真を載せてみました。

f0108133_10212666.jpg

[写真] ウメノキゴケの仲間の編みぐるみ: 直径約4cm


写真の説明/撮影地


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
OLYMPUS STYLUS 1s
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2017-07-17 11:11 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_9542756.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの八十一作目、ウチキウメノキゴケの仲間です。

f0108133_100925.jpgさも物知り顔に言っていますが、じつはまったく同定できずにTwitterで助けを求めたところ、国立科学博物館の大村先生に「クズレウチキウメノキゴケ」ではないかとご指摘いただけ、正体がわかりました。

そのようなわけで、さすがに知りもせずに作って「クズレウチキウメノキゴケ」などと名乗るのはおこがましいと思い、「ウチキウメノキゴケの仲間」ということにした次第です。 やはり肉眼だけでは地衣類の同定は難しいです。

編みぐるみについては、やはり何と言ってもこの子器の気持ち悪い感じを主張したいと、妻の苦手な不規則な形状を追求したのですが、なかなかよくできたと思っています。 いささか強調しすぎた感はありますが。

そして、ほぼぺったんこの地衣類で意味があるのかという話はありますが、例によって交差法による裸眼立体視写真も載せました。

f0108133_9543737.jpg

[写真] ウチキウメノキゴケの仲間の編みぐるみ: 直径約4cm


実物は箱根ポーラ美術館の庭園で撮ったもので、ほぼ同じくらいの大きさ。


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX K-3 +DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2017-07-17 10:16 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_166134.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの八十作目、ツヅレカラタチゴケです。

f0108133_1661987.jpg以前のコアカミゴケ以来二作目の地衣類ですが、「博物ふぇすてぃばる!」で使う倒木に見立てた展示台を飾るために作りました。 もともとは二年前に個展を開いた際に、展示台の装飾用にサルオガセのような雰囲気を出そうと地衣類っぽい色の糸を購入し、これが大量に余っていてもったいないので、どうせなら地衣類をもっと増やそうといういうわけです。

ということで作り出したのですが、この繊細なツヅレカラタチゴケを編み物で表現するのはかなり難しく、私の撮影の腕が悪いせいもあり、写真で見るとぼてっとして、なんとなくそんな雰囲気といった感じになってしまいました。 温かい目で見ていただければ幸いです。

ちなみに実際に見ている限り、繊細さはいたしかたないものの、雰囲気的にはもう少し実物に近いものがあるように思えます。 下にいつもの交差法による裸眼立体視写真がありますので、いやでないかたはそれで立体的に見ていただければと思います。

f0108133_1662354.jpg

[写真] ツヅレカラタチゴケの編みぐるみ: 直径約4cm


実物は直径15センチほどある立派な個体で、長野県の菅平高原にて撮影したもの。


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX K-5 + TAMRON SP 90mm f/2.8 Di MACRO 1:1
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2017-06-18 16:57 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_23241413.jpg

今年は何かと多忙で、きのこに会いに行けないのですが、その合間をぬって「博物ふぇすてぃばる!」に出かけ、会場できのこ狩りをしてきました。

いろいろあった中で、購入したのがkinoko-monoさんのキヌガサタケのピンバッジと、地衣類のヤマトフクロゴケのピンバッジです。 地衣類は以前に妻が編みぐるみでも手掛けており、最近その魅力にとりつかれ初めているので、まさにツボを突いたものでした。

[写真] kinoko-monoさんのピンバッジ: キヌガサタケとヤマトフクロゴケ



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-07-24 00:31 | 菌類 | Comments(0)

那須で地衣類三昧

f0108133_1358156.jpg

昨年、クチベニタケに会いに出かけ、幸運なことにミミブサタケにも遭遇することができた那須平成の森に夏季休暇を利用して今年も訪れました。

f0108133_135881.jpg平成の森のきのこについては別の記事で触れることにしますが、じつは那須のお楽しみのもうひとつに、ホテルの庭に生えている地衣類があります。

昨年たまたま泊まった際に見つけたのですが、庭の一角にさまざまな地衣類が生えていて、朝の散歩でこれらを観察するのがなかなか楽しいのです。

f0108133_13581461.jpg地衣類など近所にいくらでも生えているだろうと言われてしまうかもしれませんが、やはり種類の豊富さが違い、何より背景がきれいなので、写真に撮っても印象が大きく異なります。

きのこと比べると地味で、やや気持ち悪いという印象がある地衣類で、実際私も以前はあまり気にも留めなかったのですが、最近しだいに興味を持つようになり、昨年ここでいろいろな地衣類に出会ったことで、ますますその興味が深まってきました。

f0108133_13582334.jpg改めて観察してみると妖しく個性的で興味深く、見慣れるとそれなりに可愛らしいものがあります。 ただ惜しむらくは私の目が節穴ということもありますが、同定が極めて難しく、どこまでが同じ種類でどこからが別の種類なのか、まだ見分けることができないのが現状です。

ここに紹介した写真でも、上の二枚はさすがに別の種類だとわかりますが、右の写真と下の写真になると、残念ながら判断が付きません。

f0108133_13583038.jpgそもそも、きのこ自体まともに同定などできていないのですが、地衣類についてはまだまだ当分の間、形を面白がって見ているだけになりそうです。

というわけで名前も出さずに写真ばかり並べてしまったのですが、どなたか詳しい方がいらしたら、教えていただけると幸いです。

[写真] 那須で出会った地衣類のみなさん



PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2015-08-22 14:43 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_20131334.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの六十七作目、コアカミゴケです。

f0108133_20132569.jpg正しくはきのこではなく地衣類なのですが、きのこと藻類の共生ゆえ広義のきのこということで、きのこの編みぐるみ作品のひとつに入れてしまいました。

じつは今年の春に行った展覧会で、編みぐるみの展示用の机に倒木に見立てた小道具を置いたのですが、そこにサルオガセのような感じに糸を垂らしたら雰囲気が出てよかろうと、白っぽい緑色の糸を購入し、ちょうどその糸がコアカミゴケにも使えそうということで、急きょ冗談半分に編んでくれたのです。

さすがに実物大というわけには行かず、かなり大きくなってしまいましたが、展覧会の会場に置いていたところ意外にウケが良く、中にはこれからは地衣類が流行るという話も出てきました。 この糸はまだ大量にあるため、そのうちまた何か他の地衣類にも手を出すかもしれません。

なお、今回も交差法による裸眼立体視写真を載せました。
f0108133_20134287.jpg

[写真] コアカミゴケの編みぐるみ: 高さ約3cm


実物は高さ5mm程度


PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2015-08-09 21:19 | 菌類 | Comments(0)