写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:地衣類 ( 3 ) タグの人気記事

f0108133_23241413.jpg

今年は何かと多忙で、きのこに会いに行けないのですが、その合間をぬって「博物ふぇすてぃばる!」に出かけ、会場できのこ狩りをしてきました。

いろいろあった中で、購入したのがkinoko-monoさんのキヌガサタケのピンバッジと、地衣類のヤマトフクロゴケのピンバッジです。 地衣類は以前に妻が編みぐるみでも手掛けており、最近その魅力にとりつかれ初めているので、まさにツボを突いたものでした。

[写真] kinoko-monoさんのピンバッジ: キヌガサタケとヤマトフクロゴケ



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-07-24 00:31 | 菌類 | Comments(0)

那須で地衣類三昧

f0108133_1358156.jpg

昨年、クチベニタケに会いに出かけ、幸運なことにミミブサタケにも遭遇することができた那須平成の森に夏季休暇を利用して今年も訪れました。

f0108133_135881.jpg平成の森のきのこについては別の記事で触れることにしますが、じつは那須のお楽しみのもうひとつに、ホテルの庭に生えている地衣類があります。

昨年たまたま泊まった際に見つけたのですが、庭の一角にさまざまな地衣類が生えていて、朝の散歩でこれらを観察するのがなかなか楽しいのです。

f0108133_13581461.jpg地衣類など近所にいくらでも生えているだろうと言われてしまうかもしれませんが、やはり種類の豊富さが違い、何より背景がきれいなので、写真に撮っても印象が大きく異なります。

きのこと比べると地味で、やや気持ち悪いという印象がある地衣類で、実際私も以前はあまり気にも留めなかったのですが、最近しだいに興味を持つようになり、昨年ここでいろいろな地衣類に出会ったことで、ますますその興味が深まってきました。

f0108133_13582334.jpg改めて観察してみると妖しく個性的で興味深く、見慣れるとそれなりに可愛らしいものがあります。 ただ惜しむらくは私の目が節穴ということもありますが、同定が極めて難しく、どこまでが同じ種類でどこからが別の種類なのか、まだ見分けることができないのが現状です。

ここに紹介した写真でも、上の二枚はさすがに別の種類だとわかりますが、右の写真と下の写真になると、残念ながら判断が付きません。

f0108133_13583038.jpgそもそも、きのこ自体まともに同定などできていないのですが、地衣類についてはまだまだ当分の間、形を面白がって見ているだけになりそうです。

というわけで名前も出さずに写真ばかり並べてしまったのですが、どなたか詳しい方がいらしたら、教えていただけると幸いです。

[写真] 那須で出会った地衣類のみなさん



PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2015-08-22 14:43 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_20131334.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの六十七作目、コアカミゴケです。

f0108133_20132569.jpg正しくはきのこではなく地衣類なのですが、きのこと藻類の共生ゆえ広義のきのこということで、きのこの編みぐるみ作品のひとつに入れてしまいました。

じつは今年の春に行った展覧会で、編みぐるみの展示用の机に倒木に見立てた小道具を置いたのですが、そこにサルオガセのような感じに糸を垂らしたら雰囲気が出てよかろうと、白っぽい緑色の糸を購入し、ちょうどその糸がコアカミゴケにも使えそうということで、急きょ冗談半分に編んでくれたのです。

さすがに実物大というわけには行かず、かなり大きくなってしまいましたが、展覧会の会場に置いていたところ意外にウケが良く、中にはこれからは地衣類が流行るという話も出てきました。 この糸はまだ大量にあるため、そのうちまた何か他の地衣類にも手を出すかもしれません。

なお、今回も交差法による裸眼立体視写真を載せました。
f0108133_20134287.jpg

[写真] コアカミゴケの編みぐるみ: 高さ約3cm


実物は高さ5mm程度


PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2015-08-09 21:19 | 菌類 | Comments(0)