写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
f0108133_1117661.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの八十三作目、コアカミゴケ(その2)です。

f0108133_11171718.jpgコアカミゴケは過去にも作っているのですが、ここのところ地衣類づいてきて、立て続けに三作も地衣類を作ってしまうと欲が出てしまい、もっと雰囲気を出したくなって再び編むことになりました。

初回の作品は実物と較べるとかなり大きく全体的につるんとして、今から見ると作り物っぽくなっていたため、大きさをできるだけ実物に近付け、質感も不規則な感じを出すようにしました。

「博物ふぇすてぃばる!」ということもあって、結局ここで地衣類を立て続けに四作も編んでしまったのですが、勉強というほどではないながらも、おかげでかなり地衣類に親近感が増してきて、これからはきのこに加え、ますます地衣類の編みぐるみが増えそうな気もします。

なお、こちらも恒例の交差法による裸眼立体視写真を載せました。

f0108133_11171123.jpg

[写真] コアカミゴケの編みぐるみ: 高さ約1.5cm


実物は箱根ビジターセンターにて撮影したもので、高さは約1cmほど。


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
OLYMPUS STYLUS 1s
PENTAX Optio 750Z

# by at384 | 2017-07-17 11:34 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_10211383.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの八十二作目、ウメノキゴケの仲間です。

ここのところ地衣類が続いているのですが、三年ぶりに出展する「博物ふぇすてぃばる!」の展示方法を考えるなか、以前開いた個展で薄緑色の糸をぐしゃっと垂らしてサルオガセっぽくしたものが意外によかったことから、もっと地衣類を増やそうということになったためです。

f0108133_10355729.jpgとはいうものの、地衣類の知識が不足していて同定できたものがほとんどなく、その中で日頃近所でよく目にしているウメノキゴケを作ろうということになって、この編みぐるみに取り掛かりました。

ということで何となく頭に思い描いた印象からできたのがこの作品です。 あらためて近所で撮った写真をひっくり返して見てみると、よく目にしていた近所のウメノキゴケはナミガタウメノキゴケなのですが、細かく言ってしまえば突っ込みどころが満載なので、「ウメノキゴケの仲間」ということで、温かい目で見ていただければ幸いです。

f0108133_10212173.jpgちなみに、こうして次々と作った地衣類兄弟の、ツヅレカラタチゴケウチキウメノキゴケの仲間と一緒に、展示用の丸太に貼り付けてみたのが右の写真です。

慣れない地衣類作品で、一つ一つ見てしまうと微妙な印象は拭えませんが、こうしてまとめるとなかなないい雰囲気になっているのではないでしょうか。

ちなみに、これもほとんどぺったんこなので、立体視する意味はあまりないかもしれませんが、いつものように交差法による裸眼立体視写真を載せてみました。

f0108133_10212666.jpg

[写真] ウメノキゴケの仲間の編みぐるみ: 直径約4cm


写真の説明/撮影地


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
OLYMPUS STYLUS 1s
PENTAX Optio 750Z

# by at384 | 2017-07-17 11:11 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_9542756.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの八十一作目、ウチキウメノキゴケの仲間です。

f0108133_100925.jpgさも物知り顔に言っていますが、じつはまったく同定できずにTwitterで助けを求めたところ、国立科学博物館の大村先生に「クズレウチキウメノキゴケ」ではないかとご指摘いただけ、正体がわかりました。

そのようなわけで、さすがに知りもせずに作って「クズレウチキウメノキゴケ」などと名乗るのはおこがましいと思い、「ウチキウメノキゴケの仲間」ということにした次第です。 やはり肉眼だけでは地衣類の同定は難しいです。

編みぐるみについては、やはり何と言ってもこの子器の気持ち悪い感じを主張したいと、妻の苦手な不規則な形状を追求したのですが、なかなかよくできたと思っています。 いささか強調しすぎた感はありますが。

そして、ほぼぺったんこの地衣類で意味があるのかという話はありますが、例によって交差法による裸眼立体視写真も載せました。

f0108133_9543737.jpg

[写真] ウチキウメノキゴケの仲間の編みぐるみ: 直径約4cm


実物は箱根ポーラ美術館の庭園で撮ったもので、ほぼ同じくらいの大きさ。


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX K-3 +DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

# by at384 | 2017-07-17 10:16 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_0195978.jpg

最近、我が家にアシダカグモが棲み付いています。

先日、家の外壁に貼り付いているのを見つけたのですが、そおっと近付いたところ、すすっと土台と壁の継ぎ目の間に入って行ってしまいました。 そしてその数日後、どこをどう通って来たのか、家の中に現れたのです。

f0108133_0194445.jpg外壁に貼り付いていたクモと家の中に現れたクモが同一であるとわかったのは、じつは最初に外で見つけた時このクモの左側の脚が一本無かったからです。

その後家の中で見つけた際に、欠けていた脚のところに新しい脚が再生していたことで同一のクモだと判別できました。 家の中で見つけた後一度脱皮をしており、抜け殻が階段に落ちていたのですが、その脱皮で再生したのかもしれません。

我が家ではクモを大事にしていることもあり、大型のアシダカグモは最高の守り神です。 この周辺は比較的自然環境の豊かなこともあって、実際庭でも野生のゴキブリが歩き回っている状態ですので、ぜひとも家の中の害虫駆除に活躍してくれることを願っています。

ちなみにこのアシダカグモ、妻の提案で名付けることにし、「チャーリー」と呼んでいます。

[写真] アシダカグモ: 体長約4cm



OLYMPUS Tough TG-5

# by at384 | 2017-07-17 00:43 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)

オンブバッタが大暴れ

f0108133_23224764.jpg

最近バジルの葉が虫に食われて穴だらけになっているのが目立ってきました。

以前はバジルの虫食いと言えばベニフキノメイガばかりだったのですが、昨年あたりからどちらかと言えばオンブバッタが目立っています。 オンブバッタはイネ科によく発生するそうなので、昨年からトウモロコシを育てだしたのが原因でしょうか。

f0108133_2322534.jpg今朝、水やりの際に見たところ、なんとバジルのてっぺんに五匹もの小さいオンブバッタがたかっていました。 お盆の最中であることをすっかり忘れて駆除しようとしたのですが、相手は芋虫と違ってぴょんぴょんと跳びまくるため、結局逃げられてしまいました。

ところで、庭に現れるのは害虫ばかりではありません。 キュウリにはどうしてもウドンコ病が発生してしまうのですが、ウドンコ病の天敵のキイロテントウがどこからか現れて食っていました。

最近なぜかカマキリの姿を見ないのですが、カマキリがまた現れてオンブバッタを食べてくれないものでしょうか。

[写真] オンブバッタ: 体長約1cm



OLYMPUS Tough TG-5

# by at384 | 2017-07-17 00:16 | 植物 | Comments(0)