写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0108133_0152771.jpg

庭の端のキンモクセイの日陰になるところに、二年前からミョウガを定植しています。

f0108133_0153399.jpg ミョウガは土中に根をどんどん広げて殖えてしまうため、囲いを埋めて拡がり過ぎないようにしているのですが、春になって新芽が地上に出始めたので観察していたところ、囲いの外に根が脱走して芽を出しているのに気付きました。

たまたま先日テレビでミョウガの新芽を食べるという話を見たので、脱走した根を除去したついでに食べてみたところ、まさにミョウガそのものの香りで、味はむしろ辛味を強く感じました。 それだけの話ですが。

[写真] ミョウガの新芽: 長さ約3cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2017-04-17 00:52 | 植物 | Comments(0)
f0108133_21171569.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの七十四作目、ニクウチワタケです。

f0108133_21341498.jpgニクウチワタケは俗に硬質菌と呼ばれている類の、枯れ木などに生える地味なきのこの一つなのですが、ある面白い特徴があります。 それはしばしば盛んに成長する主に幼菌のときに、分解水と呼ばれる水滴を吹き出すことです。

なかでもニクウチワタケの分解水は赤茶色をしており、ネット上で流血キノコなどとしばしば話題に上るHydnellum peckiiほどではありませんが、本体が地味なわりには、この特徴のために意外と名を知られているようです。

f0108133_21174368.jpgこの手のよく分解水を吹き出すきのこは他にもいくつかあり、まねき屋お〜のさんのブログに詳しい話が載っていますが、以前にも無色透明な分解水を吹き出すツガサルノコシカケの幼菌を編みぐるみにしています。 その時は赤いビーズがまだ見つからなかったので、ニクウチワタケのほうはお預けとなっていたのですが、ようやっと材料が手に入り、こちらも念願かなって作品化と相成りました。

f0108133_21173069.jpg赤い水滴についてはその気持ち悪さから、とかくネット上では流血だ猛毒だとデマも含んでわざわざ【閲覧注意】などと記載するなど、やや大袈裟な取り扱いがされているようで、どうかという意見もあるようですが、今回の作品はこうした傾向に悪乗りして、不気味さを前面に押し出したものにしてしまいました。

きのこに詳しいかたからはお叱りを受けてしまうかもしれませんが、生態も含めてきのこのキモ可愛らしさを表現し、多くの皆さんに興味を持ってもらいたいということで、お許し願えれば幸いです。

それにしてもこの作品、ちょうどいい感じのビーズが手に入ったこともあり、雰囲気もかなりよく再現できていて、抜群の気持ち悪さ可愛らしさとなりました。

今回も交差法による裸眼立体視写真を載せます。

f0108133_21172469.jpg

[写真] ニクウチワタケの編みぐるみ: 直径約6cm


実物の写真は深大寺近辺で撮ったもので、大きさはまちまち


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
OLYMPUS STYLUS 1s
PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX K-7 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2017-04-16 22:37 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_1132374.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの七十三作目、ツチグリです。

f0108133_11323469.jpgツチグリの編みぐるみは過去すでに作っているのですが、数々のきのこの中でもとくに気に入っているうえに、開きかたやつぶれ具合などの違いでさまざまな表情があって、それを再現しようとまた手掛けることになりました。

f0108133_11324860.jpgというわけで、今回は普通に全開しているもののほか、開きかけのもの、古くなって潰れているものの三種類になっています。 厳密には湿度の違いで外皮の丸まりかたが変わってくるため、これらの状態が同時に見られることはあり得ないのですが、そこはご愛嬌ということで大目に見ていただければと思います。

f0108133_11324293.jpgツチグリといえば外皮の内側のひび割れ模様が特徴で、前作でもこれを再現するのに苦心したのですが、やはり今回の課題もここにありました。 状態によって部分的に剥がれていたり、ひび割れが大きかったり細かったりと、実際には一つとして同じものはないほどの不規則さと多彩さなのですが、模様の不規則さは別として、雰囲気は前作以上によく出ているのではないでしょうか。

そして今回もまた、交差法による裸眼立体視写真を載せました。

f0108133_11321332.jpg

[写真] ツチグリの編みぐるみ: 直径約8cm


実物の写真はいろいろな場所で撮ったもので、直径はほぼ同じ


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2017-04-09 12:51 | 菌類 | Comments(2)