写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

f0108133_7521141.jpg

上の写真は以前にもご紹介しました、妻が作ってくれたベニタングタケの編みぐるみですが、少し変化しているところがあります。

じつはごく初期の、まだつぼの状態の幼菌がひとつ加わりました。 その理由は、八月に行われる『博物ふぇすてぃばる!』という催しに出展するためです。

詳しくは『博物ふぇすてぃばる!』のホームページをご覧いただきたいのですが、「自然科学、自然史、生物学、古生物、鉱物、化学、物理、天文などなど博物学ゆかりの題材からなる創作・展示・研究を販売・発表できるイベント」というもので、正しく言い表せているかわかりませんが、博物学に限定したデザインフェスタのようなものでしょうか。

f0108133_7523530.jpg私たちは『役に立たないきのこの小部屋』というブース名で参加し、「ガクモンからエンタメ☆」という企画もありますので、いつもの編みぐるみと写真に少しだけ生物学的な内容を加味して展示を行います。 といっても研究を行っているわけではないので、発表というほどのものはなく、きのこ好きのかたならとうにご存知の内容を説明する程度ですが。

ちなみに開催要領は下記の通りです。

博物ふぇすてぃばる!
 http://hakubutufes.com
 日程: 2014年 8月 9日(土) 〜 10日(日)
 会場: 科学技術館(東京都千代田区)

『役に立たないきのこの小部屋』(ブース#92)
 展示内容紹介ページ:
  http://hakubutufesshoukai.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
 ガクモンからエンタメ☆内容紹介ページ:
  http://hakubutufesshoukai.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

机二台分の小規模な展示となりますが、この催し全体では博物学にまつわる多方面の展示や販売など、盛りだくさんの内容になりますので、もしご興味がおありでしたら、お立ち寄りくださいますと幸いです。

[写真] ベニテングタケの編みぐるみ: 傘径約8cm



PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2014-06-29 10:32 | 菌類 | Comments(0)

庭からチャワンタケ

f0108133_7334683.jpg

先週末、庭の植木を移動している際に転がり出た土の塊に、こんなものを見つけました。 朱鷺色をした、極めて小さなチャワンタケの仲間です。

とりあえず写真だけ撮って、土の塊ごと庭の隅の陽当たりの悪い場所に埋めておいたのですが、自分でもその後どこにいったかわからなくなってしまいました。 いつの日か再会というのは難しいかもしれません。

[写真] チャワンタケの仲間: 直径約2mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-06-29 07:49 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_9543383.jpg

食べられる庭2014: 29


f0108133_9542125.jpg地下茎を植えてから四十五日後のオカワカメの様子です。

今年はゴーヤーの出だしがよく、その陰に隠れてやや見劣りしているようにも感じますが、オカワカメも二週間ほど前に伸ばしはじめたつるが着実に伸びています。 ただ、オカワカメの特徴としてまず先につるが伸びて行き、葉は時間をかけて大きくなるため、伸びてはいるものの今のところひょろひょろと細長い印象はまぬがれません。

梅雨が明けて暑くなれば、あの不気味なほどの成長が始まるのでしょうが、やはり緑のカーテンとして、早く育って陽射しを遮るようになって欲しいものです。

[写真] オカワカメ: 草丈約70cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-06-28 10:05 | 植物 | Comments(0)
f0108133_9244596.jpg

食べられる庭2014: 28


f0108133_9245169.jpg定植から四十五日後のゴーヤーの様子です。

今年は土の問題か、他の作物が虫食いなどで今ひとつ成長がよくないなか、ゴーヤーが際立って元気に見えます。

二株うえたうちの片方はぐんぐん伸びて草丈が二メートルに達しました。 そして盛んに子つるを伸ばして横方向にも広がっています。

f0108133_9245771.jpgもう一株は成長はいまひとつなのですが、こちらは実を付けています。 ただ、この実を付けていることが災いしてか、草丈はまだ一メートル半ほどで子つるもほとんど出ていません。

せっかく付いた実なので、ついつい欲が出てなかなか穫れないでいるのですが、本来の目的である緑のカーテンを早く作らねばならないので、翌週まだ小さいながらもこの若いゴーヤーの実は収穫しました。

[写真] ゴーヤー: 草丈約2m



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-06-28 09:51 | 植物 | Comments(0)
f0108133_8541242.jpg

食べられる庭2014: 27


昨年はエダマメを栽培してそれなりに成功したので、今年はより面白そうなものをと落花生をと思い、種を播いたのですが、緑肥の扱いなどの問題で腐ってしまったらしく、残念ながら発芽しませんでした。

と思っていたのですが、じつは種を植えたあたりに雑草とは雰囲気の異なる見慣れない植物が生えてきており、正体がわからないまま様子を見ていました。 そしてここに来て、その特徴からどうやらマメ科らしいということがほぼ間違いなくなっています。

マメ科で生える可能性があるものとしては、緑肥として植えていたクローバーの残りか、カラスノエンドウぐらいですが、そのいずれとも明らかに違うことから、どうやら一つだけ落花生が生えてきたようです。

とはいうものの、一株だけでうまく育ち受粉できるのかという点と、そもそも無事育つのかという心配があり、まだまだ喜んではいられません。

[写真] 落花生?: 草丈約2cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-06-28 09:22 | 植物 | Comments(0)
f0108133_737948.jpg

食べられる庭2014: 26


種播きから四十五日後のバジルの様子です。

毎年書いていることですが、二週間前に間引いたものの、間引くとそのすき間を奪い合うかのように残った株が成長して葉を広げ、すぐにまた株の間がなくなってしまいます。

そのようなわけで、このあとまた間引きを行って半分ほどに減らしました。 前回はまだ株が小さく虫食いのものばかりを間引いたので、使い物にならなかったのですが、今回はなんとか使うことができました。 ただ肥料不足のためか、肥料分の偏りのためか、香りが今ひとつ弱いような気がします。

f0108133_7373361.jpgところで、今年は昨年と較べて虫食いがひどいように思えます。 しかもいやらしいことに、虫食い痕だけが増えて、その犯人はどこにも見当たりません。 根元の土を掘り返してみても、何も見つかりません。

昨年大暴れしたネキリムシの場合、根元から丸ごとやられるので、それを考えればましとは言えますが、これはこれで何とかならないものかと、悩ましいものがあります。

[写真] バジル: 草丈約10cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-06-28 08:53 | 植物 | Comments(0)

オクラが結実しました

f0108133_2156088.jpg

食べられる庭2014: 25


f0108133_2156761.jpg定植から四十五日後、花が咲いたオクラが結実し、長さ四センチほどになりました。

一時期は枯れてしまうのではと危ぶまれ、その後も何とか持ちこたえているものの、草丈は苗で買ってきたばかりのときとほとんど変わらないのに、実など付けて大丈夫なのかと心配にはなりますが、やはり食欲にはかないません。

ちなみに、この実は翌々日に収穫して食べてみましたが、思い入れもあってか、市販のものよりも味がしっかりしているように感じられました。

[写真] オクラ: 草丈約9cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-06-21 22:08 | 植物 | Comments(0)
f0108133_9185682.jpg

梅雨入りとともにむしむしジメジメした日が続き、不快なことこのうえないのですが、嫌がってばかりはいられません。 梅雨といえば待ちに待ったきのこの季節です。

深大寺周辺では春以降、今ひとつ盛り上がりに欠けていたきのこが、ここにきてようやっと勢いを取り戻し始めました。

今のところこれといって珍しいものはなく、毎年見かけるいつもの面々ですが、そこかしこにいろいろなきのこが生えているという状況は、やはり楽しいものです。

f0108133_9191230.jpgf0108133_919510.jpg
f0108133_9192725.jpgf0108133_9193510.jpg
f0108133_9194355.jpg

[写真] クヌギタケの仲間: 傘径約4mm


シロコナカブリ: 傘径約3mm, ヒメカタショウロ: 直径約7mm,
キクラゲ: 直径約1.5cm, イタチタケ: 傘径約2.2cm,
クモタケ: 高さ約6mm


OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-06-15 09:49 | 菌類 | Comments(0)

ミョウガの水滴

f0108133_1043247.jpg

食べられる庭2014: 24


近くのホームセンターに野菜の苗を買いに行き、ついでに衝動買いしてしまったミョウガの苗が、庭の隅のあまり陽が当たらない場所に植えてあります。

ミョウガは横に根が伸びて隣近所に侵入する恐れがあるとのことなので、直径が大きめの浅い植木鉢を埋めて、その中に植えてありますが、植えてからしばらくしてあることに気付きました。

朝見ると、ミョウガの葉に必ずといってよいほど水滴が付いているのです。 最初は夜のうちに雨が降ったのかと思っていましたが、よく見るとほかの植物には水滴ひとつなく、ミョウガの葉だけが濡れています。

ミョウガは乾燥に弱いとのことですが、さかんに水を吸い上げては排出する習性があるからなのでしょうか。

[写真] ミョウガ: 草丈約15cm


ちなみに近くのホームセンターというのは、三鷹市民御用達の、東八通り沿いのあの店です。


OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-06-07 11:02 | 植物 | Comments(0)

オクラが開花しました

f0108133_10183729.jpg

食べられる庭2014: 23


定植してから三十五日後、一時期元気がなくなって枯れてしまうのかと思われたオクラですが、その後花芽が付き、とうとう開花しました。

フヨウやアオイ、ハイビスカスと同じアオイ科だけあって、あまり野菜らしくない派手めの花で、花を見てもそこそこ楽しめます。

オクラとは同種ながらも別の「トロロアオイ」の花が「花オクラ」として食用になり、オクラの花も食べることは可能とのことなので、最初に咲いた花は試しに食べてみようかと楽しみにしていたのですが、たったの二センチほどしかなく、ズッキーニとは違ってこれを食べてしまったら実がならないので、食べるのはあきらめました。

[写真] オクラの花: 直径約2cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-06-07 10:38 | 植物 | Comments(0)