写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

※ 十月二日)公開後に子実体を増量してさらに雰囲気を増したので、写真を差し替えました。
f0108133_951059.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの三十二作目、エナシラッシタケです。

f0108133_23264100.jpg今年の七月に八丈島の光るきのこを見に行ったのですが、そこで見たエナシラッシタケが大いに気に入り、作ってくれました。

エナシラッシタケはヤコウタケと並ぶ代表的な光るきのこで、ビロウヤシの葉や葉柄に生える直径五ミリ程度のごく小さいものです。 光の強さはヤコウタケと較べると弱く、暗闇に目が慣れてこないとなかなか見えてこないほどなのですが、ヤコウタケ異なって菌糸も光るために、表面に出ている子実体だけでなく、生えている周辺がぼうっと光るのが特徴です。

この特徴のため、光るきのこが生えている森ではビロウヤシの葉や葉柄、そして地面の落ち葉までもが光を放って周囲を取り囲み、まるで天の川の中に立っているような感覚になります。 八丈島を訪れた際にはこれが何より強く印象に残り、その雰囲気を再現したいということで編みぐるみにしました。

そのため、糸はいつものような余り糸ではなく、このためにわざわざ購入したレース糸のような素材の光る糸を使っています。

さすがに五ミリなどという小さなものは編めないので、実物と較べるとずいぶん大きく、ビロウヤシの葉を模した素材との大きさの比がかなり違っていますが、そこらへんはあくまで雰囲気ということで割り切りました。 また「編みぐるみ」とは言っていますが、見ての通り実際にはなにもくるんでいないので、正確には「くるみ」ではないのですが、そこも流れということで「編みぐるみ」と称しています。

f0108133_9432798.jpg今回は子実体だけでなく、何より心に残った光る菌糸の雰囲気を再現したいということで、葉柄や周囲の葉に糸を絡めたり、ぼうっと光る感じを出すために葉の裏側に網目状に編んだ糸を仕込んだりしています。

自分たちではかなり実際に近い雰囲気を表現できていると思っているのですが、どうでしょうか。 といっても、この雰囲気をご存知のかたはあまりいらっしゃらないかもしれません。

ご存知ないかたで興味のある方は、ぜひ一度八丈島を訪れて実物をご覧になってみてください。 幻想的なあの雰囲気は一見の価値があります。 八丈島の光るきのこ観察会は、今年は九月三十日までやっているそうです。

[写真] エナシラッシタケの編みぐるみ:直径約1.5cm


実物は直径約4mm(八丈植物公園光るキノコの森)


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2011-09-18 00:31 | 菌類 | Comments(2)

まだまだ伸びるバジル

f0108133_18333591.jpg

バジル栽培2011: 22


種蒔きから百三十四日目のバジルの様子です。

十日ほど前に伸び過ぎた葉を大量に収穫したばかりのバジルですが、その後の厳しい残暑を糧に、残してあった下のほうの腋芽がぐんぐん成長して、早くも草丈だけは収穫前と同じくらいになりました。 しかしさすがに盛夏ではないためか、葉は小振りで細長いのと、下のほうにあった大きな古い葉が落ちてしまったこともあって、ずいぶんとひょろひょろした感じになりました。

ともあれ、またこんなに背が伸びてしまうと収穫せずにはいられません。 今度はやや分量が少なそうですが、何に使おうか楽しみです。

ところで、バジルは原産地のインドでは多年草だそうですが、耐寒性がないため日本では一年草扱いされているとのことです。 しかしこのまま温暖化傾向が続けば、日本でも越冬できてしまう可能性がないとも言えません。 今年の我が家のバジルを見ていると、何だかこのままずっと通年で収穫できてしまうのでは、とも思えてきてしまいます。

[写真] バジル:草丈約50cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-09-17 18:55 | 植物 | Comments(0)

太陽光発電のその後

f0108133_1025145.jpg

生き物の話ではありませんが、今年の七月、ベランダに太陽光発電の設備を自作で取り付けた話を出しましたので、その後の経過を載せます。

太陽光発電を使用するのは初めてで興味もあるので、運用を開始して以来、可能な限り毎日朝と日没後の電圧を記録しています。 電圧を調べるのに、当初はいちいち電池の入っている箱を開け、テスターで測っていたのですが、夕方になると暗くてわかりにくいので、途中から室内のインバーターの手前に自動車用の簡易な電圧計を取り付けて、確認しています。

運用開始直後はどの程度使ってよいのかわからないので、恐る恐るLED照明などの消費電力の低いものを選んで使用していたのですが、だんだん発電能力がわかるようになって調子に乗り、扇風機を終日使用するようになりました。

そうこうするうちに、八月の上旬に天候不順が続いたのですが、天候に関係なく使っていたところ、電圧がじわじわと下がってきてしまい、蓄電池を調べてみると比重を利用した簡単な表示窓が、正常なときは緑色なのが、インバーターに近い側のものが要充電を表わす黒になっています。 もう一台は辛うじて緑色が残っているのですが、やはり弱っているようです。 試しに計測してみると、表示が黒のほうは十二ボルトを下回っていました。

そこで数日扇風機の使用を中止し、夜間のLED照明だけにしていたところ、インバーターから遠い側の蓄電池は正常に戻ってきたのですが、手前側のものは晴天になっても表示が黒のままで、電圧がほとんど復活しません。

そもそも当初の配線は面倒なので横着をして、二台の蓄電池を単に並列に接続しただけで、屋内への引き込み線も単に手前側の蓄電池の端子を利用してネジ止めしているため、電線の抵抗により二台の蓄電池間に消費の偏りが出ることと、太陽電池からの充電電圧が二台に分散してしまうという重大な欠点がありました。 そこへ来て、片側だけ電圧が低下してきたのですが、電圧の高い側の蓄電池と平均されてしまい、充電コントローラーが弱っていることを検出できていないようです。

このままでは手前側の蓄電池が駄目になってしまうと思い、配線を改善することにしました。 具体的には上の図のように双方の電池のプラス側に整流用のダイオードを入れ、二台の蓄電池間で電圧の平均化が起きないようにし、双方の太陽電池が完全に独立して充電を行うようにしただけなのですが、ダイオードによる電圧降下は若干あるものの、その後は充電状態に大きなばらつきが生じなくなりました。

また、天候不順時は扇風機を使用しないようにするなど、使いかたの面でもだんだん要領を把握してきたこともあり、現在のところいい状態で運用できるようになっています。 ちなみに下のグラフが電圧の推移で、茶色が朝の電圧、青が夕方の電圧、折れ線が発電量となっていて、青の縦線が入っているところが整流用ダイオードを入れた日です。

なお、これは配線の問題とは別なのですが、当初使用していた二百五十ワット仕様のインバーターは、ファンの音が気になることと、整流用ダイオードの定格のため、百二十五ワットのものに置き換えました。
f0108133_10262014.jpg

[図] 独立系太陽光発電の構成と発電実績



by at384 | 2011-09-10 11:26 | 非生物 | Comments(0)
f0108133_9232467.jpg

ゴーヤ栽培2011: 21


苗を植え付けてから百二十七日後のゴーヤの様子です。

先々週末に元気を取り戻したと思われた我が家のゴーヤですが、先週末の台風でまた葉が風に揉まれて枯れてしまい、ますますスカスカになっています。 おかげで低くなった陽はやすやすと窓まで達し、すだれで遮ってはいるものの、八月まではあまり使わなかった冷房を今になって頻繁に使うはめになっています。

f0108133_9234649.jpgすっかり単なる作物となってしまったゴーヤですが、先々週にぶら下がっていた大きな実はとっくに食べてしまい、今また三センチほどの小振りな実がぶら下がっています。

いろいろ改善を試みたものの、残念ながら今年も緑のカーテンには成功せず、作物で終わってしまいましたが、いろいろ楽しませてもらいましたし、今後への課題も把握できたので、それなりに有意義なゴーヤ栽培だったのではないでしょうか。

今年もまだしばらくはゴーヤ栽培を続けますが、記事に書く目新しい内容もなさそうなので、栽培記録は今回で終わろうと思います。

[写真] ゴーヤ:草丈約2m



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-09-10 10:03 | 植物 | Comments(0)

バジル四度目の収穫

f0108133_7593216.jpg

バジル栽培2011: 21


種蒔きから百二十五日目のバジルの様子です。

先週末頃そろそろまた収穫かと思いつつ、何もできないまま二週間経ってしまい、また花芽ができてしまいました。 ただ、先々週末の時点ではもう少し葉が茂るかと思っていたのですが、全体的にはやや物足りない育ち具合です。

台風が長く居座って日照や気温が不足していたのか、バジルが花芽ができた茎を長く伸ばそうと一部の茎に栄養を集中させたのか、花芽の付いた茎だけがひょろひょろと伸びてしまいました。

そうは言っても花芽ができてしまったので、今年四度目となる本格的な収穫をすることにしました。 収穫したものはジェノベーゼのパスタにしましたが、台風の大雨にさらされて成分が流れてしまったためか、香りが今一つでした。

今回の収穫でもいちばん下の腋芽は残してあるので、まだ一、二回は収穫できそうですが、本当に今年はバジルがよく育ちます。

[写真] バジル:草丈約50cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-09-10 09:10 | 植物 | Comments(0)