写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

f0108133_14171581.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの三十一作目、シロコナカブリです。

f0108133_14172347.jpgf0108133_14295818.jpgシロコナカブリは老木の幹などに生える、傘の直径が二〜三ミリほどのごく小さな可愛らしいきのこです。 色が真っ白で、傘や柄が細かな毛に覆われて粉を被ったように見えることから付いた名前だと思うのですが、梅雨時から秋にかけて雨の日の明け方に生えきては、雨が上がると数時間で乾燥してしまいます。

以前住んでいた武蔵野市の古い桜並木によく生えてきた顔馴染みのきのこで、深大寺に来てからは見ていないのですが、きのこの写真を撮り始めた頃からの付き合いだったので、妻も写真を見るまでもなく、そらで編めてしまったようです。

ちなみに今回は生えている姿までそのまま再現したいということで、今までと趣向を変え、樹の幹まで含めて編みました。 また柄には毛糸でなく、帽子のブリムなどに使用するテクノロートという素材を使っています。 毛糸と同じく和菓子の編みぐるみで使用した余りなのですが、最初にこれを見た時に、これはシロコナカブリの柄にぴったりだと思ったことが、編むきっかけになったそうです。

確かにこのテクノロートという素材の半透明な感じはシロコナカブリそのもので、その曲がり具合や毛糸の毛羽立ち具合もそっくりなのですが、小さな写真ではわかりにくいものの、傘の毛糸にところどころ長い毛羽立ちがあるところがまるでタケハリカビまで生えてしまったようで、妻にとっては不本意ながら、愛嬌があっていい感じです。

なお、今回も交差法による裸眼立体視写真を載せました。
f0108133_14171998.jpg

[写真] シロコナカブリの編みぐるみ:傘径約1cm



編みぐるみ: PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited
立体視写真: PENTAX Optio 750Z
実物写真:
 PENTAX *istDS + D FA 50mm MACRO F2.8
 PENTAX K10D + D FA 50mm MACRO F2.8
 PENTAX K20D + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2011-05-28 15:48 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_13215178.jpg

ゴーヤ栽培2011: 7


苗を植え付けてから二十四日後のゴーヤの様子です。

先週摘心したため、草丈はほとんど変わっていないのですが、先週と比べて葉がぐっと大きくなり、下のほうから伸びた子つるもネットに届きました。 伸びた子つるを見ると、相変わらずあちこちに雌花の花芽が付いていたのですが、緑のカーテンができるまではもう少し我慢しようと、また取り除いておきました。

また、定植時に元肥をして以降まだ一度も肥料をあげていないので、ここで一度追肥としてマグァンプKの小粒を蒔きました。 本来はハイポネックスなどの液肥がよいそうなのですが、我が家のベランダは太陽光だけでなく雨もふんだんにかかるため、雨の多いこの時期だと液肥はすぐに流れてしまうのではと考え、今は顆粒の肥料にしておきました。

[写真] ゴーヤ:草丈約95cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-05-28 14:10 | 植物 | Comments(0)

バジルから次の本葉が

f0108133_1218754.jpg

バジル栽培2011: 7


種蒔きから二十四日後のバジルの様子です。

f0108133_12181199.jpg先週末にまた間引いてから一週間、成長した本葉は双葉より大きくなり、ますます丸みを帯びてバジルらしさが増しました。 そして、本葉の間からは次の本葉も顔を見せています。

昨日関東地方も梅雨入りが発表されましたが、バジル栽培では毎年この梅雨の間がいちばん気を揉む時期です。 陽が弱く気温も低めなためにバジルの成長が鈍り、一方で病気になって黒い斑点が現れ、葉が枯れてしまう株が続出して、かつては全滅してしまった年もあります。

今年は梅雨入りが早く、その分長く続くのではと懸念されます。 せめて梅雨の合間合間に少しでも陽が射して、なんとか元気を保ってくれるとよいのですが。

[写真] バジル:幅約3cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-05-28 13:21 | 植物 | Comments(0)

ゴーヤの摘心

f0108133_185496.jpg

ゴーヤ栽培2011: 6


苗を植え付けてから十八日後、昨日の時点でどうするか判断に迷っていたのですが、今朝、二株あるうちの背の高いほうのゴーヤを摘心しました。

写真ではわかりにくいのですが、摘心した先端の部分にはまた雌花の花芽が付いていました。 昨年はなかなか雌花が出なかったのですが、今年は品種の違いなのか、気候などの外的条件の違いなのか、さして大きくもなっていないうちから雌花がよく付きます。

早くゴーヤを食べたいという気持ちはありますが、とりあえず梅雨明けぐらいまでは収穫は我慢して、雌花は摘んでおこうと思います。

ちなみに、雌花を摘み取ってしまうというのはゴーヤの育て方にそのようなことが書いてあった訳ではなく、私のまったくの自己流であまり根拠もありませんのでご注意ください。

[写真] ゴーヤ:草丈約90cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-05-22 19:09 | 植物 | Comments(0)
f0108133_10183253.jpg

バジル栽培2011: 6


種蒔きから十七日後のバジルの様子です。

ほとんど真夏日だった昨日ですが、おかげでバジルも元気よく成長し、二日前には顔を覗かせていた程度だった本葉も、だんだんバジルらしい縁の丸まった姿がはっきりしてきました。

f0108133_10183581.jpgところで、昨日夕方に買い物から帰って来てバシルの様子を見ると、双葉が一斉に同じ向きに頭を傾けていることに気が付きました。

向いているのは日の沈む西の方なので、みんなで揃って太陽を追いかけながら角度を変えて行った結果なのでしょうが、一斉に首を傾げている様子は何とも可愛らしく、思わず笑ってしまいました。

ちなみに、今朝五時半頃に様子を見てみると、予想通り一斉に東を向いて首を傾げていました。

[写真] バジル:幅約2.3cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-05-22 10:44 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23363911.jpg

ゴーヤ栽培2011: 5


苗を植え付けてから十七日後のゴーヤの様子です。

我が家のベランダはほぼ南向きで周囲に遮る物がまったくないため、この季節は一日十時間ほど陽が当たるのはいいのですが、ベランダの手すりが一メートルほどあるため、どうしても下のほうはその恩恵を充分に受けられないのが玉に傷です。

そのため、ゴーヤも早く手すりを越さないものかと気がかりだったのですが、ようやっと手すりを越すことができました。 これで手すりの上に出た部分は日中たっぷりと陽を浴びることができ、成長も加速できそうです。

また、数日前から子つるも伸び始め、咲き始めた花とともに、だんだんゴーヤの周りが賑やかになってきました。

f0108133_23382117.jpgところで苗を買ってきた時点で二株のうち片方には既に雌花の花芽があったのですが、ここにきてこれがぐっと成長し、小さなイボができ始めました。 よく探してみると、雌花の花芽はその他にもあちこちにでき始めていました。

これをどうしようかと思ったのですが、ここで実を大きくしてしまうと栄養を食ってしまい、また昨年のように貧弱になってしまうのが心配なので、今は何より早く緑のカーテンを作ろうと考え、摘み取ることにしました。

[写真] ゴーヤ:草丈約90cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-05-22 00:44 | 植物 | Comments(0)

バジルから本葉が出現

f0108133_613381.jpg

バジル栽培2011: 5


種蒔きから十五日後、双葉の間から本葉が顔を出し始めました。

蒔きすぎてぎゅうぎゅう詰め状態だった双葉を四日前に間引いたのですが、間引くとその直後にぐんと成長するような気がします。 ついこの間までやっとこさ双葉が開き始めたばかりだと思っていたのが、もう本葉が出始めようとしているのですから、面白いものです。

f0108133_6155637.jpgところで、先日間引き直後の写真をお見せしていませんでしたが、現在は右の写真のような感じです。 もう既に成長して手狭になっている所も出始めましたので、元気のなさそうな株をまたいくつか間引き、間隔が均等になるようにしました。

ちなみに、先日は間引いた双葉からとくに匂いらしいものを感じませんでしたが、今回間引いたものからは、かすかにバジルらしい芳香が感じられました。

[写真] バジル:幅約1.8cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-05-20 06:30 | 植物 | Comments(0)

ゴーヤの雄花が開花

f0108133_5583677.jpg

ゴーヤ栽培2011: 4


苗を植え付けてから十五日後、早くも花が咲きました。と言っても、これは園芸店で買ってきた時に既に付いていた花芽ですが。

f0108133_5583948.jpgこの花は雄花で、雌花は右の写真のように、蕾の付け根にちびゴーヤが付いています。 ちなみにこの雌花も購入時に既に付いていたものです。

それはともかくとして、やはり花が咲くというのは嬉しいものです。 この花、夕方には早くもしぼんで落ちてしまいましたが、かすかながらも近寄ると爽やかなよい香りがして、改めて初夏なんだなあという気分になれました。

[写真] ゴーヤ:草丈約75cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-05-20 06:12 | 植物 | Comments(0)

バジルが発芽

f0108133_011772.jpg

バジル栽培2011: 4


種蒔きから十一日後のバジルの様子です。 前日あたりからちょこちょこと双葉が開き始め、今朝はすっかり開いていました。

種を蒔いた時点で少々蒔きすぎたとは思っていましたが、こうして見ると確かにかなり混んでいます。

よく見ると双葉は出たものの、根が土の中に潜り込めずに倒れてしまっているものも多く、早速間引いてみたところ、たくさん出ていると思った双葉も、三分の一ほどに減ってしまいました。

[写真] バジルの双葉:幅約8mm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-05-16 00:16 | 植物 | Comments(0)

ゴーヤがネットに届いた

f0108133_23383515.jpg

ゴーヤ栽培2011: 3


苗を植え付けてから十一日後のゴーヤの様子です。

f0108133_23383845.jpg一週間前につるが支柱に巻き付いたゴーヤは、支えができて安定したためなのか、支柱に巻き付かなくても結果は同じなのかはわかりませんが、気が付けば倍近くの草丈になっていました。

ゴーヤは二株植えてあり、片方がもともと背が高かったのですが、その背の高いほうはもう少しでネットに届きそうです。 と書いてはいますが、じつはこの写真を撮ったのは朝で、今日の夕方にはもうネットに届いていました。

この調子で順調に伸びてくれるとよいのですが、気がかりなのが風です。 これも地球温暖化の影響なのか、ここのところ天気の良い日は、決まって午後になると風が異常に強くなり、ひどいときは台風並みの風が吹き荒れます。

今日も午後から夕方にかけて相当な強風が吹きまくっていたのですが、ゴーヤが強風をくらって振り回され、巻き付いたつるが折れてしまったり、支柱に触れていた葉が部分的に裂けてしまったりと、かなり傷んでしまっています。

これがゴーヤの成長に悪影響を及ぼさなければよいのですが。

[写真] ゴーヤ:草丈約55cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2011-05-15 23:56 | 植物 | Comments(0)