写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー

<   2008年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

f0108133_1235710.jpg

ベランダ菜園2008: 16


種蒔きから六週間後の様子です。

育ちが今ひとつ遅くて気を揉ませるバジルですが、ようやっと次の本葉が顔を出してきました。昨年、一昨年ともこの先、梅雨の間に害虫や病気で絶滅しているので、そろそろ梅雨に入ろうとしている今年も、これからが心配です。

f0108133_12353097.jpgところで動物には「乳離れ」というものがありますが、植物にとっての「乳離れ」を考えてみると、双葉(子葉)までは胚乳に蓄えられた栄養で育ち、双葉が出てから初めて自ら光合成で作り出した炭水化物と根から吸収したその他の養分で育って行く。そうして自ら得た栄養分で本葉を作り出して、完全に自立して行くわけなのですが、最初はまだ葉も小さいし少ないため極めて綱渡り的な状態にあり、葉の枚数が増えて行ってようやっと安定して行く。今はその過渡期の状態にあるのだと思います。

ひょろひょろとしてはいますが、タイムのほうは何枚かの本葉を出し、じわじわと大きくなっています。まだ頼りなくはありますが、そもそもタイム自体が葉が細かく、ひょろひょろと茎を伸ばす性質があるので、一足先にこの状態を抜け出しているのかもしれません。

[写真] バジル:草丈約7mm, タイム:草丈約3cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-31 12:45 | 植物 | Comments(0)

シシトウ開花

f0108133_004159.jpg

ベランダ菜園2008: 15


じわじわと膨らんできたシシトウの花がついに開きました。

シシトウの花は花柄が伸びてきて、やがて下向きになって開きます。がくの形がもうシシトウのへたの形になっており、今から期待を抱かせます。

f0108133_01416.jpgf0108133_013134.jpgシシトウの花はナス、トマト、ジャガイモなどの典型的なナス科の花の形をしているのかと思っていましたが、形状は若干異なっており、おしべが中心に密集して立つことなく、開いています。トウガラシの花は子供の頃に見ていたはずなのですが、すっかり忘れていました。

ところで、我が家のプランターには二株のシシトウが植わっていますが、よく見ると双方の株でおしべの色が若干違っています。時間的な変化によるものなのか、遺伝形質の違いなのかはわかりませんが、一方は青紫色、もう一方は赤紫色です。こういうのを見ると、まったく根拠がないながら、どちらかが激辛なのではとまた疑いたくなります。

[写真] シシトウの花:直径約5mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-28 23:50 | 植物 | Comments(0)

桜の花外蜜腺

f0108133_23561646.jpg

以前にも取り上げたことのある話題ですが、先日近所の桜並木を通りかかったとき、根元から生えた若い枝を蟻が行き来しているのを見つけました。その蟻の行き先を目で追って行くと、葉の付け根にある蜜腺に何匹もの蟻がしがみついて、蜜を吸っています。

f0108133_23565195.jpgしばらくすると蜜腺の蜜を吸い尽くしたのか、蜜腺を離れて枝の付け根を戻って行き、また別の葉に移動して行きます。話には聞いていましたが、こうして実際に蜜腺が機能しているところを見るのは初めてでした。

[写真] 桜の花外蜜腺:直径約1.5mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-27 23:54 | 植物 | Comments(0)

日照不足

f0108133_07471.jpg

ベランダ菜園2008: 14


種蒔きから五週間(ディルは四週間)の様子です。

f0108133_075519.jpgかなり気温も上がって蒸し暑いほどになり、植物にとっては生育に適した気候になってきました。我が家の作物たちも、発芽の時期ほど顕著な変化は見られないものの、淡々と成長していると、のんびり構えていたのですが、ここに来て何だか様子が変だと思えてきました。

f0108133_094639.jpgコリアンダーやディルと較べて、タイムや特にバジルの成長が極めて遅く、一見順調そうなコリアンダーやディルも、草丈ばかりがひょろひょろと伸び、水をやると付いた水滴の重みに耐えかねて倒れてしまう有様です。

f0108133_085299.jpg薄々気付いてはいたのですが、どうやら日照時間の不足が影響しているようです。我が家のベランダは一日平均五時間ほど日が当たるのですが、一番日当りの良い場所が物干竿の下にあるため、邪魔なので端の方に寄せて置いてあります。ところがこの場所は壁などの位置の具合で午前十時過ぎまで日陰で薄暗く、そこから先は明るくはなるものの、直射日光が当たるのは更に一時間以上後になってしまいます。

これではそのうちまた病気になって全滅しかねないので、妻に事情を説明し、プランターを日のよく当たるベランダの中心付近に置かせてもらいました。これで状況が改善されるといいのですが。

f0108133_0101833.jpgところで、日当りが悪いにも関わらず、シシトウのほうはつぼみが膨らんできて、もう少しで咲きそうな雰囲気です。こちらも日当りが改善されるので、楽しみです。

[写真] コリアンダー:約4cm, ディル:約3.5cm, タイム:約2cm, バジル:約5mm (以上草丈), シシトウの蕾:直径約2.5mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-26 00:12 | 植物 | Comments(0)

桜の樹液

f0108133_0122275.jpg

近所の桜並木には樹齢の古そうな樹がたくさんあり、それらの幹にはあちこちから樹液がだらだらとしみ出ています。

先日その中のある一本の横を通ったとき、真新しい樹液が今にも垂れ落ちそうな状態でしみ出ているのを見つけました。桜の樹液はすぐに茶色っぽくなってしまうのですが、真新しいその樹液は透き通って、まるで蜂蜜のように見え、思わず舐めてみたくなりました。さすがに舐めはしませんでしたが、甘いのでしょうか。

[写真] 桜の樹液:高さ約3cm


武蔵野市内(東京都武蔵野市)


PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-22 00:13 | 植物 | Comments(0)
f0108133_063171.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第十五作目、オオチャワンタケです。

f0108133_071884.jpg春先に近所でアミガサタケ探しをしているときに、このきのこもあちこちで見かけ、久々に創作意欲を刺激されたようです。

オオチャワンタケは右の写真のような茶碗型のきのこで、直径1センチから数センチ程度の地味なきのこです。茶碗というよりはお猪口と言ったほうがいい位の大きさですが、条件がいいとかなり大きくなることもあり、昨年は直径10センチを超える、これまた茶碗どころかお皿と言ったほうがよさそうな超大物を見つけました。写真では白っぽい色をしていますが、乾燥してくると茶色っぽい色になり、この編みぐるみのような色に見えることもあります。

一般的な感覚からすると、アミガサタケと並んで、決して可愛らしいきのこではないでしょうが、毎年この時期に現れ、しかも年々数が増えているようで、我が家にとってはすっかり顔なじみのきのこになっています。
f0108133_064962.jpg

[写真] オオチャワンタケの編みぐるみ:直径約2.5cm



PENTAX K20D + DA35mm F2.8 Macro Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople K20D

by at384 | 2008-05-21 00:09 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_2332648.jpg

今日の夕食は鯛の炊き込みご飯にしようと、魚屋さんで真鯛の切り身を購入しました。炊飯器に切り身を骨ごと入れてご飯を炊き、炊きあがったら骨を取ってご飯と混ぜたのですが、その時、写真のような異様な形をした骨が現れました。病気か、寄生虫か、それとも科学物質による奇形かと不安になったのですが、既にご飯に入れて炊いてしまったしと、あっさり開き直って何事もなかったかのように食べてしまいました。

それでも気にはなったので夕食後に調べてみると、何とこれはそのような物騒な代物ではなく、「鳴門骨」や「うぐいす骨」と言われる、結構名が知れたものだということがわかりました。詳しいところはわかりませんでしたが、鯛が流れの激しい海を必死に尾びれを振って泳ぐうちにできるもので、これがあるということは高級天然真鯛の証しなのだそうです。このような鯛は普通は高級料亭に行ってしまい、庶民の口に入ることは希などという話もあるようですが、我が家は当然そんな高級なものなど無縁で、この鯛も吉祥寺ロンロンの魚屋さんでごく普通に積まれていたパック入りのものでした。

高級料亭うんぬんという話の信憑性は別として、この骨のある鯛が美味であることは間違いないようで、実際今回の炊き込みご飯を食べながら、過去に食べたものと比較して鯛の身が水っぽくなく、味もしっかりしてとても美味しくできていると、妻も私も思っていました。ちなみに、後でゴミ入れの中からパックに貼ってあったラベルを引っ張りだして見てみると、長崎県産になっていました。ということは玄界灘の荒波を泳いでいた鯛でしょうか。

ともあれ、美味しい鯛を食べられたし、新たな知識も得られたしと、いい経験をさせてもらいました。

[写真] 鯛のうぐいす骨(鳴門骨):瘤の直径約8mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-18 23:33 | 魚類 | Comments(4)

三つ葉のランタナ

f0108133_10402010.jpg

鉢植えを買って来てからもう五、六年になるかと思うのですが、今年、ランタナに面白い葉が生えてきました。

f0108133_10403937.jpg通常、ランタナは右の写真のように二枚の葉が対になって出てくる対生という葉の出方なのですが、特定の茎から出て来た葉がみんな三つ葉になっているのです。この葉が生えている株の、他の箇所は普通の対生なので、この箇所だけが突然変異を起こしたのでしょうか。ここから切り取って挿し木をすると三つ葉のランタナができてしまうのかもしれませんが、別にそのこと自体に価値は感じないので放っておくことにします。

ところで、我が家にはランタナが二鉢あるのですが、今年はどちらもあまり元気がありません。五、六年前に買って来て以来、一度も植え替えをしていないので、根詰まりを起こしているのではないかと思うのですが、大きな鉢に植え替えてしまうと、雑草並みに生命力の強い植物なので、勢い付いて巨大化してしまうのではと心配で、悩ましいところです。

[写真] ランタナの葉:葉の長さ約2.3cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-18 10:41 | 植物 | Comments(0)

セリ科が元気

f0108133_824935.jpg

ベランダ菜園2008: 13


「何日目」という計算がそろそろ面倒になってきたので、大雑把に四週間(ディルは三週間)後の様子です。

天候不順と低温が一週間近く続き、順調に生育して来たベランダの作物たちも成長が足踏み状態になってしまいました。どうなることやらと気を揉んでいたのですが、ここ二日ほどの晴天で再び元気を取り戻したようで一安心です。

f0108133_8253141.jpgじわじわと成長しているものを毎日見ているとわかり難いのですが、そんな中でも成長がめざましいのがセリ科のコリアンダーとディルです。元々秋蒔きにするようなものなので低温には比較的強いのか、本葉がすっかり大きくなり、それぞれの特徴的な葉の形がはっきりしてきました。コリアンダーはエスニック料理好きの妻の要望もあって、今年初めて植えてみたので、期待に応えてくれて心強い限りです。

f0108133_8263368.jpgf0108133_827633.jpgその一方で、今ひとつ元気がないのがシソ科のバジルとタイムです。こちらも本葉は出てきているものの、コリアンダーやディルと較べると成長が鈍く、心なしか葉の色もあまり良くないように思えます。バジルやタイムはどちらかというと低温に弱いようなので、やはり低温続きの天候がひびいたのでしょうか。私としては暑いのは苦手なのですが、ここはひとつ、早く連休前の汗ばむほどの天候が復活して欲しいものです。

f0108133_8275118.jpgところで、その他の作物のほうでも色々と状況の変化が出てきています。四年目になる大先輩のオレガノは、一部の葉に何かが潜り込んで食い荒らしたような痕が付いていました。最初はあまり気にしていなかったのですが、だんだんこのような葉が増えてしまったので、念のため取り除きました。ハモグリバエだと痕の形が線状になるような気がするので、違うものだと思うのですが、何者でしょうか。ちなみにこの現象は毎年現れており、毎年大したことはないので放っておいたのですが、昨年はオレガノに付いたハダニがバジルに移ってしまい、惨事を招いた経験があるので、杞憂かもしれませんが慎重になってみました。

f0108133_8281459.jpgそして苗で買って来たシシトウのほうは、着実に成長する一方で、茎に紫色のしみのようなものが出始めました。この色はナスの茎の色そっくりなので、きっとナス科の植物特有のものだろうと考えて特段何もしていませんが、もしかしてこの株から実るシシトウはみんな激辛の大当たりになってしまうのではないかという、根拠のない不安も禁じ得ません。

[写真] コリアンダー:約3cm, ディル:約3cm, バジル:約5mm, タイム:約1cm, 他 (いずれも草丈)



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-17 08:32 | 植物 | Comments(0)

ディルにも本葉

f0108133_23233624.jpg

ベランダ菜園2008: 12


種蒔きから14日目、ディルにも本葉が出てきました。

20日目になるバジル、タイム、コリアンダーと合わせ、これですべて本葉が出揃いました。こちらのほうは葉もすっかりそれらしい形になっています。昨年はここからハダニに襲われて全滅しているので、あとは無事大きくなってくれるのを祈るばかりです。

f0108133_23243738.jpgf0108133_23245335.jpgf0108133_23251142.jpg

f0108133_23264968.jpgと思っていた矢先から、早くもシシトウにアブラムシが付いているのを見つけました。昨日にも一匹見つけて取り除いているのですが、二日続けて現れているということは、もはや偶然ではないでしょう。写真には撮れませんでしたが、小さなクモが葉の上を走り回っていたので、もしかするとハダニも現れているのかもしれません。そろそろ害虫への注意が必要でしょう。

[写真] ディル:幅約1.8cm, バジル:幅約6mm, タイム:幅約4mm, コリアンダー:幅約1.7cm, アブラムシ:約1.5mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-10 23:27 | 植物 | Comments(0)