写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

f0108133_22572813.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第九弾、ハタケチャダイゴケです。

最初「コチャダイゴケ」と書いていましたが、参考写真のきのこがどうやらコチャダイゴケでなくハタケチャダイゴケらしいと判明しました。編みぐるみなのでどちらでもいいと言えなくもありませんが、実際に見たきのこを元に作っていますので、「ハタケチャダイゴケ」に改めました。

すっかり暖かくなったので、わずかずつ残った毛糸を処分するためもあり、このところかなりの勢いで作品が増殖中ですが、とりあえずこれで毛糸も使い果たし、一段落という感じです。

f0108133_22575767.jpgここのところマニアック路線が続いてしまっていますが、ハタケチャダイゴケは今までの中でも一番マニアックなのではないかと思います。食玩で有名な、かの海洋堂もさすがにここまでは手を出さないのでは、などと思ったりもします。

ハタケチャダイゴケは右の写真のような、直径5ミリ程のごく小さなきのこです。このきのこの仲間は、おちょこのような体の中に碁石のような胞子のカプセルが入っているのが特徴で、落ちてきた雨粒を受けてこの碁石をはじき飛ばすという風変わりな方法で胞子をなるべく遠くへばらまこうとします。

f0108133_2257879.jpgそんなに都合良く行くのかと心配になりますが、この碁石のような塊の周囲は粘り気のある液体で満たされており、動物がうっかり踏んづけると、足にくっ付いて運ばれるという保険までかけているという念の入れようで、教育テレビの『ピタゴラスイッチ』なみの凝った仕掛けです。

子供の頃、たまたま図鑑か何かでこんな凝った仕掛けをもっているきのこの存在を知り、すっかり大好きになっていたのですが、近所の植え込みのウッドチップに棲み付いていることがわかり、これまたすっかり顔馴染みになってしまいました。

そんなこんなで、妻が編みぐるみを作ってくれたわけですが、これもステンレス線で束ねるのを私が担当し、裏方として参加しました。他の作品と較べると極めて小さいのですが、いかにも地面から「生えてる」といった雰囲気と、実物とは違うものの碁石部分の色使いがなかなか可愛らしく仕上がっているのではないでしょうか。

[写真] ハタケチャダイゴケの編みぐるみ:直径約3.2cm



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-05-29 22:46 | 菌類 | Comments(3)
f0108133_232837.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみ第八弾、イヌセンボンタケです。

f0108133_23283774.jpgイヌセンボンタケは切り株などに生える傘径5〜7ミリ程度の小さなきのこで、大集団を作ってどっと生えてくるのが特徴です。その特徴を出すため、今回の作は今までのものと比べると相当小さく、10個組になっています。

この小ささでは自立できないため、編み上がったものに対し、私が柄の中にステンレス線を通した後、束に仕立てました。ということで、今回は私も裏方で参加しています。

実は何もくるんでいないので、厳密に言うと「編みぐるみ」ではないのかもしれませんが、細かいことは目をつぶります。

さすがに寸法が小さいため、見た目は実物通りとは行きませんが、集団で生えている様はなかなかいい感じです。そして、これは写真ではどうしても伝えられないのですが、指でつついた時にふるふると揺れる感じが本物そっくりで、何とも可愛らしいやつらです。

f0108133_23273231.jpg

[写真] イヌセンボンタケの編みぐるみ:傘径約2.5cm



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-05-28 23:21 | 菌類 | Comments(4)
f0108133_7221363.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第七弾、フクロツキガキです。

いわゆる「きのこグッズ」と言えば、普通日本ではドコモダケか、赤い傘に白い斑点のベニテングタケのようですが、我が家の編みぐるみたちは前回前々回あたりからアミガサタケなどという、なかなかマニアックなものになってきています。

f0108133_7223419.jpgそして今回は更にマニアックなきのこです。

フクロツチガキはこんな感じ(写真は仲間のエリマキツチグリ)のきのこで、若い柿の実をひっくり返したような面白い形をしており、真ん中の袋をつまむと、てっぺんから胞子をばふっと噴き出します。

秋になると結構そこいら中に生えているきのこなのですが、存在があまりに地味なので、少なくとも日本に於いてはこれがきのこグッズになることはあり得ないのではないでしょうか。

しかし、よくよく見ると丸っこい体に、まるで蜜柑の皮を剥いたかのようにきれいに裂けた外皮、ちょこんととんがったてっぺんなど、なかなか愛嬌のある姿をしています。実際これが地面に並んでいると結構可愛らしく、我が家ではすっかりきのこの聖地になっている白金台の自然教育園で、まだきれいな状態の大きなエリマキツチグリが並んでいるのを見て、妻はすっかり気に入ってしまったようです。

本当はエリマキツチグリを作りたかったようなのですが、襟巻き状にひび割れて剥けた外皮の形が複雑すぎ、ともするといかつくなってしまうので、形が比較的単純なフクロツチガキになりました。色が濃いめになっているのは毎度のごとく、余った毛糸の都合です。

そして、実は前回作から使用しているのですが、きのこの編みぐるみが増えてきたので、私も参加ということで、家にあった不要な布を再利用して、ユザワヤで買ってきた毛糸や綿や台となる板とあわせて、ささやかなきのこ山を作って展示台にしてみました。近くで見ると色々粗も見えるのですが、編みぐるみを生やしてみると、我ながらなかなか賑やかでいい感じになっているのではと自画自賛しています。

f0108133_7215588.jpg

[写真] フクロツチガキの編みぐるみ:直径約13cm、きのこ山(展示台):約30cm四方



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX K10D + DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-05-27 08:53 | 菌類 | Comments(4)

バジルようやっと発芽

f0108133_8171734.jpg

バジル栽培2007:4

 
先週ようやっと根が出てきた我が家のバジルですが、再度の種蒔きから二週間、どうにかこうにか発芽してくれました。

陽の当たり方にムラがあるということでプランターの配置を変えたところ、かえって陽当たりが悪くなってしまい、位置をずらしたり、結局前の方がましだと再び配置し直したりといろいろやったのですが、過去には一週間ほどで発芽していたところを倍の二週間もかかってしまいました。

相変わらず芽の出方にはムラがあり、プランターの縁に貼り付くように、端にばかり芽が出ており、真ん中はがら空きの状態ですが、とにかく発芽したのでよしとするしかありません。よく見ると真ん中あたりもわずかながら根がちょろちょろと顔を出している奴があるので、深く考えず、きっと遅れて出てくるんだろうと期待することにします。

昨年はこの状態から葉ダニにやられ、全滅の憂き目に遭ってし合いましたので、これからが大変です。

[写真] バジルの双葉:幅約5mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-05-26 08:30 | 植物 | Comments(0)
f0108133_6463222.jpg

冬のヒマワリ:6


連休後に一番大きな株を持ち去られてしまった冬のヒマワリたちは、結局三株だけが残り、花を咲かせました。

残ったのは先頭の写真にある一番しっかりしたやつと、少々貧弱な感じの二株、

f0108133_6465570.jpgf0108133_6471434.jpg

だったのですが、更に先日災難なことに、業者さんによる団地内の雑草狩り作業があり、少々貧弱な二株も雑草とみなされてか、ノビルや他の雑草たちと一緒に除去されてしまいました。一番先頭の写真のやつだけは縁によりかかりながらもなんとか先端は直立し、小さいながらもヒマワリらしい花を付けていたためか、残されていました。

当初たくさん生えていた仲間たちが次々といなくなり、結局たった一本になってしまったヒマワリですが、その後はしっかり元気に咲いています。いろいろ災難もあり、中には人災と呼べるものもあったのですが、真冬に発芽してしまった種がなんとか一本だけでも自然の中で生き残ってきたわけですから、むしろ幸運だったと言うべきでしょう。

真冬に発芽してしまったので、『冬のヒマワリ』などと副題を付けていますが、結局もうじき夏になってしまいます。今でこそ人間に飼い馴らされてしまったヒマワリですが、もしかすると他の雑草たちと一緒に野放し状態で暮らしていた原種のころは、こんな生活をしていたのかもしれませんね。

しかし、たくましく生き残ってきたせいもあるかもしれませんが、ヒマワリというのは見ていると元気をもらえるように思えて、何だかいいものす。タンポポをはじめ、キク科の花には黄色い花が多いようですが、明るい色であることに加え、特にヒマワリは葉も花も大作りで、あっけらかんとした雰囲気がただよっているからかもしれません。私は別段疲れているというわけではないのですが、出勤時にこのヒマワリを観察するのが毎朝の楽しみになっています。

[写真] ヒマワリ:花の直径約3.5cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-05-26 07:44 | 植物 | Comments(2)
f0108133_23521319.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれた、きのこの編みぐるみの第六弾、アミガサタケです。

f0108133_23523934.jpg前回に続いて二度目のアミガサタケなのですが、余っていた毛糸の色と、何より今年は四月下旬に大量のアミガサタケに出会うことができたので、作りたくなってしまったようです。

右の写真は前回作と並べて撮ったものですが、桃色の毛糸を使った前回作がとんがり型でしたので、今回のものは頭が丸いやつにしてみました。さまざまな形の実物を大量に見たばかりでしたので、傘や柄の形がより実物に近くなっています。

ただでさえ人によっては不気味に見えるきのこですので、実物に近づいた分、よけいに生々しくなってしまいがちなのですが、頭が丸いのと、太い毛糸を使っているせいか、なかなか可愛らしくできたのではないかと思います。

f0108133_235354.jpg

[写真] アミガサタケの編みぐるみ:高さ約15cm



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D


by at384 | 2007-05-22 23:38 | 菌類 | Comments(6)

バジルがやっと発根

f0108133_874348.jpg

バジル栽培2007:3


種の蒔き直しから六日目、さんざん気を揉んだバジルの種ですが、ようやっと根が出てきました。これでひとまず安心です。

しかし、一点気になるところがあります。どういうわけかプランター内での発芽のしかたに、顕著な偏りがあるのです。

ハーブ類を植えたプランターは、オレガノ、ローズマリー、バジル、タイムと四つあり、鉢植えになっているオレガノを除き、長方形のものを使用しています。これを長辺が南北になるように置いているのですが、発芽した種はなぜかこの長方形のプランター内の西側に集中し、東側に行くほど減ってきて、東側の端ではまったく発芽していないという状況です。

土はまんべんなく混ぜているので、土の性質に違いはない筈ですし、水やりもむらなく行っています。とすると、あとは日照時間でしょうか。

プランターはベランダにおいているため、この時期の太陽の高さだと朝と夕方は奥まで陽が当たりますが、真昼は南側の縁ぎりぎりまでしか当たりません。そして、プランターは東の端に置いてあり、これといった根拠もなく南側からローズマリーとオレガノ、バジル、タイムと並べてありますが、東側は隣家との境の壁があるために、午前中はどうしても東側ほど暗くなりがちです。

シソ科の種子は発芽に光が必要なので、このことと発芽の偏りに関連があるのかもしれません。西日はまんべんなく当たっているようなのですが、テレビか何かで、植物によっては光を構成する赤色の波長帯や青色の波長帯にのみ反応するものもあるような話を見たことがあるので、もしかすると午前中の光の当たり具合が影響しているのかもしれません。

ということで、とりあえずバジルのプランターの配置をローズマリーと入れ替え、いちばん明るい場所にしてみました。効果があるといいのですが。

[写真] バジルの種:約1.5mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-05-19 09:45 | 植物 | Comments(2)
f0108133_22174684.jpg

昨年、エゴノキにできる特徴のある虫こぶ、エゴの猫足(エゴノネコアシフシ)の出来始めはどんな状態なのだろうかという疑問から、執拗にエゴノキを探しまくったのですが、残念ながら見つけることはできませんでした。

あらから一年、すっかり忘れていたのですが、先日満開のエゴノキの花を見てふと思い出し、今年も探索を開始しました。通勤路にある近所の公園脇にエゴノキに猫足が多くできるので、毎日観察していたのですが、ついに見つけました。これがその写真です。

通常エゴノキの枝の先端は成長点になっており、小さな葉っぱか花芽が付くのですが、その成長点らしきものの脇から、指のように突き出た怪しげなものが生えています。他の枝も見てみたのですが、こんな形をしているものはありませんでした。

f0108133_2217193.jpgそして、この枝の付け根あたりを見ると、そこには疑うべくもない、まだ小さいエゴの猫足がありました。その形状は、どこかしら枝の先端部にある怪しげなものと類似しています。そして、この写真ではわかりにくいのですが、周囲の葉っぱに虫こぶの原因であるアブラムシがたかっているのがしっかり写っていました。

これこそ、ずっと探し求めていた、エゴの猫足のでき始めの姿ではないでしょうか。

めでたしめでたし、後はこれが本当に猫足になるのか見届けよう、と思ったのですが、実はよく見ようと思って枝を引っ張り寄せたとき、「くきっ」という嫌な手応えがあって、枝が付け根から折れてしまいました。ということで、残念ながら真相は再び闇の中へ消えてしまいました。

[写真] エゴの猫足(小さいほう):約2mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-05-18 22:09 | 植物 | Comments(0)

ヒガンバナの休眠

f0108133_23115888.jpg

ヒガンバナの葉っぱ:4


久々ですが、三月の末に取り上げてから、一ヶ月半経ったヒガンバナの葉っぱです。

半分ほど枯れ、ぐったりとしおれています。ずっと樹の根元に生えている同じ株を撮り続けてきたので、今回もこの株の写真になっていますが、周囲にある他の株はほとんど枯れて、緑の部分は残っていません。

春先にはすっかり枯れて、葉っぱがきれいさっぱり無くなるのかと思っていたのですが、意外としぶとく残っているようです。

[写真] ヒガンバナ: 大きさ測定不能



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-05-15 23:01 | 植物 | Comments(0)

タイムの災難

f0108133_23353036.jpg

我が家のベランダのプランターでは、バジルの他にローズマリー、オレガノ、タイムを栽培しています。決してハーブに囲まれていたいなどというお洒落な理由ではなく、単にシソ科の植物は害虫が付きにくく、連作障害も起きにくいので、面倒臭くなさそうという、非常にいい加減な理由からです。

ローズマリーとオレガノは期待に応えて、ろくすっぽ手入れもしないのに元気に育ってくれ、特にオレガノは何処から湧いて出てくるんだと思うほど、蛇女ゴーゴンの髪のごとくずるずると伸びてくるのですが、どういうわけかタイムだけはうまく育ってくれません。昨年はバジルとともに、葉ダニにやられて全滅してしまいました。

そして、今年こそと思って、連休前に苗を買ってきて植えたのですが、不幸にも、早くもしおれてきてしまいました。

f0108133_23355160.jpg何が原因なのかと思って調べていると、茎の上を小さなアブラムシが歩いています。更によく調べてみると、なんと、いつのまにか葉っぱの裏にびっしりとアブラムシがいるではありませんか。

いつの間に取りついたのかわかりませんが、手をこまねいていても仕方ないので、小さな茎や葉をかき分け、片っ端から手でつぶして行き、更に、効果のほどはわかりませんが、アブラムシは光を反射するものを嫌うという情報を得て、根元にアルミホイルを敷き詰めてみました。

f0108133_23361141.jpgとりあえずここまでやって、後はどうなるか様子を見てみようと思います。これで退散してくれるといいのですが。

などと書きつつ、この記事を書くために撮った写真を加工している時、なんと葉っぱの裏に取り残したアブラムシがしっかり写っているのを発見してしまいました。

SF映画『エイリアン』のラストシーンか!

[写真] コモンタイム:草丈約10cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-05-14 23:30 | 植物 | Comments(0)