写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:植物( 707 )

葉牡丹の宝石

f0108133_0442923.jpg

f0108133_044447.jpg昨年の冬に植えた葉牡丹のうちの一種類が春になっても花を咲かせず、そのまま夏を越してまた冬を迎えようとしています。

夏の間にひょろひょろと伸びて背が高くなってしまい、どことなく間が抜けた感じにはなってしまったため、一時は処分しようかとも思っていたのですが、ここのところの冷え込みで葉の色が鮮やかになってきれいになってきたので、このままこの冬も育てることにしました。

f0108133_0443715.jpgそんな葉牡丹ですが、今朝見たところ昨夜の雨で葉の中心部分の、キャベツで言えば結球しているところに水滴がたまっていました。

揺らすと大粒で透明な水滴がぷるぷると揺れ、甘露とでも言いたくなるような、なんとも素敵な光景です。

[写真] 葉牡丹: 草丈約30cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-11-28 01:07 | 植物 | Comments(0)
f0108133_0123560.jpg

f0108133_0122664.jpg今年、ラズベリーが思いのほかよく実を付けて楽しめたため、ついつい調子に乗ってブルーベリーにも手を出してしまいました。

入手したのが秋であったため、収穫は来年のお楽しみとなってしまいますが、こことところの寒暖差のおかげもあってか、ブルーベリーの葉が見事なまでの鮮やかさで紅葉しています。

改めて見ると我が家の庭は食べることばかり、鑑賞することなど考えてもいなかったため、常緑樹か残念な枯れかたをする植物しかなく、思わぬところで楽しみができました。

[写真] ブルーベリーの葉: 長さ約4.5cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-11-28 00:33 | 植物 | Comments(0)
f0108133_051111.jpg

以前、秋のラズベリーは出来がいまいちと書いたものの、後でそうではなかったと訂正したのですが、その後、さらに付いていた大量の花芽がほぼみんな熟し始めて、かつてない大豊作となってしまいました。

まだこれから熟して来そうな味がたっぷり残っており、この分だとこれもかなりの率で熟してくるのではないでしょうか。

果物ではよく、豊作の翌年は出来が悪くなると聞きますが、こうなると来年が心配になってきます。

f0108133_0123024.jpgf0108133_0124592.jpgf0108133_0123820.jpgf0108133_05329.jpg

[写真] ラズベリーの実: 直径約1cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-10-24 00:31 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23495422.jpg

先週の中頃、ふとキンモクセイの香りがうっすらと漂っているように感じたのですが、庭のキンモクセイを見てみたところ、やはり二つだけですが咲いていました。

気温の変化がその要因だったのでしょうか。

[写真] キンモクセイの花: 直径約2mm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-10-24 00:01 | 植物 | Comments(0)
f0108133_1741723.jpg

今週、少なくともこの近辺では一斉にキンモクセイが開花し、辺り一帯は爽やかで甘い香りに包まれています。

f0108133_17412314.jpg我が家でも植えて四年目になるキンモクセイがようやっと大量の花を咲かせてくれました。 今までも毎年開花してはいましたが、移植による負担でしょうか、ぽつぽつと僅かなもので、近所のキンモクセイの香りなのか我が家のものなのかわからないという状態でした。

古くからある近所の家々の巨木とは較べるべくもありませんが、今年は明らかに我が家のキンモクセイと判るはっきりした香りが、家の中に流れ込んできます。

そんなキンモクセイの香りについて、以前からずっと気になっていたことがあり、この機会に調べてみたのですが、面白いことがいろいろわかりました。 といっても、どうやら私が知らなかっただけで、意外なほど世に知れ渡っていたようですので、何を今更という感があるかもしれませんが。

f0108133_18233098.jpgその疑問とは、キンモクセイの花の香りをもっと楽しもうと近付いてみると、離れているときよりも香りを感じられなくなってしまうということです。 同じように香りのよい花として、バラやクチナシ、ジンチョウゲなどがありますが、いずれも近付けば近付くほど強く香っています。

キンモクセイの香り成分は数種類が混じったものだそうで、詳細は検索すればいくらでも見つかるため素人の私は触れませんが、離れてから香るという性質があるということは、成分のうちの何がしかは、花から空気中に揮発したのち酸化によって香りが完成するというようなことなのでしょうか。 この辺りに関しては残念ながら情報が見つからず、未だに疑問のまま残っています。

そして、これは調べている中で初めて知ったのですが、キンモクセイの香りには他にも面白い性質があるそうです。 なんとキンモクセイの香りには蝶など多くの昆虫の忌避する成分が含まれているそうなのです。 この香りをモノともしないのは一部のアブだけらしく、このことからキンモクセイの香りは特定の昆虫を相手にすべく作られたものなのでしょう。

そう知った上であらためて見れば、そもそも蝶が蜜を吸うような形の花ではなく、蝶を呼び集める必要もないわけなのですが、だとすればなぜ念入りに忌避成分まで使ってわざわざ遠ざける必要があるのでしょうか。 例えばランの一種には特定の昆虫を受粉に利用するために、性フェロモンに似た物質を用いたり、メスに擬態したりという手を使うそうですが、これは正の方向の働きかけです。 忌避物質のような負の方向の働きかけは、どちらかといえば害虫の食害を防ぐために用いられるというのが普通のように思われますが、キンモクセイの花はごく一時期のものですから目的は異なるはずで、どうもその意図するところが想像できません。

香る花の代表格として極めて一般的な庭木として植えられ、一見何の不思議もないかのように当たり前に感じているキンモクセイですが、知ってみると意外な面白さに溢れて興味深いものがありました。

ところで解決できていない、近くでは香らないという疑問ですが、キンモクセイの香り成分には抗酸化物質が含まれるそうです。 化学は非常に苦手なので正直よくわからないのですが、ということは自身が酸化されやすい物質ということで、だとすると花から離れた場所の方がよく香るということと何か関係はないものでしょうか。

[写真] キンモクセイ: 樹高約2m



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-10-01 22:23 | 植物 | Comments(0)
f0108133_2201133.jpg

f0108133_220164.jpg先日、秋のラズベリーは出来が今ひとつのような話を書きましたが、先週の雨続きのあとで週末にラズベリーの出来具合を見たところ、これまであまり数多くは熟していなかった実が、大量に赤く色付いていました。

確かに長雨のためか途中で腐ってしまった実も少なくはないようでしたが、今まではぽつりぽつりとだったものが、ここに来て一気に熟したようです。 よく見るとまだまだこれから熟して来そうな実も結構残っており、出来が今ひとつという見方は変えたほうがよいかもしれません。

f0108133_2202683.jpgちなみに収穫した実を食べたところ、甘みも今までより格段に増しており、量だけでなく質も上がっています。 ただ、実の大きさは初夏のものと較べると小粒になっている気はしますので、その点はまったく同等ではありません。

これが秋にできるからなのか、育て方で改善できるものなのか、今のところはまだわかりませんが、今年育てている中で、ラズベリーの習性がなんとなく把握できてきたので、来年は夏場の管理の仕方を変えてみようと思います。

[写真] ラズベリーの実: 直径約1cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-09-25 22:51 | 植物 | Comments(0)
f0108133_16355020.jpg

庭のラズベリーがじつは二季なりの品種で、八月の末頃にまた花芽が現れたという話を書きましたが、その後ゆっくりと果実が成長し、九月の中旬頃から少しずつ熟して収穫できています。

ただ、気候のためか、株が疲れているためか、それとも肥料が足りないのか、原因はわかりませんが、初夏にできた実と較べると歩留まりが悪く、熟したものも小さく粒が少ないようです。 気のせいか、甘みも今ひとつに感じられてなりません。

長雨で熟した実が腐ったり、粒が落ちてしまったりという原因もあるのかもしれませんが、二季なりとは言ってもそう欲張るものではないのでしょう。

ちなみに今年ラズベリーを育てていて気付いたことが一つあります。 真夏にあまりに草丈が伸びてしまったために、一番背の高い株の幹を二メートルほどの所で切ってしまったのですが、その後伸びて来た脇芽が育った枝にも花芽が大量に付いていました。

ということは、初夏の収穫量を増やす目的とやらで、冬に入る前に翌年の結果母枝を一メートルほどの高さで剪定しているのですが、夏に伸びて来た幹も見苦しいほどだらしなく伸ばさず、一メートルくらいで切り詰めてみても伸びた側枝に花芽が付き、実の出来具合がよくなるのかもしれません。

これは来年の課題としましょう。

[写真] ラズベリーの実: 直径約1cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-09-22 17:06 | 植物 | Comments(0)
f0108133_15242282.jpg

春先に植木鉢に埋めておいた地下茎から発芽したオカワカメは、植え替えせずにそのまま育てた結果、夏が終わってみれば草丈は4メートル以上になり、見事なまでにボーボーに茂っていました。

上の写真の向かって右側の一群がオカワカメで、これでも二階に達して物干し台に巻き付き始めたので上のほうのつるを切り落とした後のものです。 摘心を途中で怠って二階に達してから慌てて剪定したために、上ばかりに偏って茂ってしまいましたが、たっぷりと茂った葉は野菜が高値だったこの夏、葉物野菜として重宝しました。

f0108133_15242691.jpg写真だけ見ると緑のカーテンに占める面積としては僅かなように見えるのですが、20リットルの大型プランター二つに植わっているゴーヤーに対し、オカワカメは30センチ程度の植木鉢で、しかもその鉢はすり鉢のように下が直線的にすぼまっていて土の量は僅かしかありません。

そこから生えた4〜5株のオカワカメがこのような状態になっているのですから驚きです。 野菜作りでよく聞くのが、土の上と下の体積はほぼ同じなので、鉢が小さいと草丈も伸びず収穫量が少ないという話ですが、オカワカメに関してはあまり当てはまっていないように思われます。

違いがあるとすれば、地植えや大きめのプランターで育てていた時は節々にできていたむかごができていなかったり、新しい地下茎が増えていないといった点でしょう。 ただ、オカワカメのむかごは食べても大して美味しくなく、積極的に株を増やすつもりでもなければ、あまり問題ではないと考えます。

そういえば、晩秋にオカワカメの地下茎を掘り起こしてみたとき、地下茎から伸びている根が非常に細く短くて少ないように思いました。 短いのは根が細いために切れてしまったものと思っていたのですが、本当に根が少ないのかもしれません。

こう考えると、葉の収穫だけを考える限り、オカワカメの栽培には大きなプランターは不要なのかもしれません。 プランターで育てたい野菜はオカワカメ以外にいろいろあり、置き場所や費用的な点も限度があるので、この様子なら来年もオカワカメは植木鉢で育ててみようと思います。

[写真] オカワカメ: 草丈約4m



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-09-22 16:26 | 植物 | Comments(0)

トウモロコシのおまけ

f0108133_12525279.jpg

今年初めて育ててみたトウモロコシは、八月の頭にほぼすべて収穫してしまったのですが、残されたトウモロコシの背の高い茎をインゲンの支柱代わりに使っていることもあって、そのまま抜かずに置いてあります。

そんなトウモロコシにもう実が残っているなどとは思いもしなかったのですが、先日妻がトウモロコシの根元にヒゲが出ているのを見つけました。 しかもよく見ると、付いている実は一つだけではなく、三つもあります。

そのうちには外から触ってみるとしっかりと膨らんでいるものもあり、こうなるとやはり食べてみずにはおられません。 こんな大きさではだめだろうとは思いつつ、収穫して苞葉をむいてみました。 つい喜んでその後すっかり食べてしまい、写真を撮り忘れたのですが、中からはヤングコーンよりは成長して、小さいながらもまだ白っぽい粒がまばらに膨らんだ実が。

見た目既に芯が固そうだったので、試しに電子レンジで蒸して食べてみたところ、あまり太っていない実は残念がならモゾモゾするだけでまずかったのですが、そこそこ太ったものは芯も甘く、ヤングコーンのように美味しく食べられました。 もちろんヒゲはまた、ヒゲサラダです。

この根元に小さな実が付いたのは、草丈があまり伸びずに実が付かなかった株だったのですが、忘れた頃になってこんな一口大のトウモロコシが採れ、なんだか得したような気分になりました。

ちなみに、この小さなおまけのようなトウモロコシは、よく見ると大きな実が収穫できた株も含めて、その後も他の株から採れ、ちょっとしたお楽しみとなったのですが、またしても喜んですぐに食べてしまい、写真は残っていません。

かくして、おまけを含めてトウモロコシは今度こそすっかり食べてしまったのですが、このおまけを含み、大いに楽しめました。 イネ科の植物は連作障害になりにくく、深くまで入り込む根が土壌改良にもなるようなので、来年もまた育ててみようと思っています。

[写真] ちびトウモロコシ: 長さ約5cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-08-28 13:43 | 植物 | Comments(0)

ラズベリーにまた花芽が

f0108133_111087.jpg

ラズベリーが要注意植物ということは出回っている諸々の情報からわかってはいたのですが、いよいよ我が家のラズベリーが猛威を奮い出しました。

昨年はまだ定植して一年目ということもあったのか、草丈もせいぜい二メートルほどで済んでいたのですが、今年は一年目の新芽のうちの三本がもの凄い勢いで成長し、剪定してしまったので正確にはわからないものの、三メートルにも達しかねない状態です。

f0108133_1105553.jpg親株の根元から出てくるシュートは支柱を立てていたので、手の届かなくなりそうなところで剪定したのですが、大きく育っていたアジサイの陰でこっそり伸びていたサッカーが地面をのたくって、上の写真のような状態になっていました。

しかしこの程度ならまだ可愛いほうで、春先に一気に生えてた新芽が一段落して安心していたところ、ここに来てまた新芽が周囲二メートルほどの範囲から次々と生え出しました。 新芽もすべてが元気に成長するわけではなく、貧弱な株は虫に食われたりして自滅して行くのですが、今度の新芽は気温が高いせいかどれも妙に元気そうです。

f0108133_1111036.jpg大株が三つもあれば収穫としては充分楽しめますし、トウモロコシのうねや、ミョウガの根が脱走しないように囲んだその中にも侵入して来るありさまなので、この機会に拡がり過ぎた地下茎ごと整理してみました。

地下茎を抜いてみて改めて思い知ったのですが、左の写真のように地下茎の至るところから新芽が出ており、すべてが無事地上に出られるわけではないのでしょうが、隙あらば地面を占領しようという意欲が溢れ出しています。

f0108133_111553.jpgところで伸びすぎたラズベリーのうち一株だけは、支柱を超えた部分が横に曲がって隣地に届きそうになっていたために、剪定したのですが、残りの二株をよく見ると先端部分に花がたくさん付いていました。 購入したときは特に記載がなく、昨年も秋には実がならなかったので、一季なりだとばかり思っていたのですが、どうやら二季なりの品種だったようです。

こうなってしまうとやはり欲が出て、花芽のある先端を切り落とすことができません。 もう雑草にしか見えない格好の悪い状態ながら、そのまま地面にのたくらせておくことにしました。

[写真] ラズベリー: 草丈約2.5m



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-08-28 12:22 | 植物 | Comments(0)