写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
f0108133_166134.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの八十作目、ツヅレカラタチゴケです。

f0108133_1661987.jpg以前のコアカミゴケ以来二作目の地衣類ですが、「博物ふぇすてぃばる!」で使う倒木に見立てた展示台を飾るために作りました。 もともとは二年前に個展を開いた際に、展示台の装飾用にサルオガセのような雰囲気を出そうと地衣類っぽい色の糸を購入し、これが大量に余っていてもったいないので、どうせなら地衣類をもっと増やそうといういうわけです。

ということで作り出したのですが、この繊細なツヅレカラタチゴケを編み物で表現するのはかなり難しく、私の撮影の腕が悪いせいもあり、写真で見るとぼてっとして、なんとなくそんな雰囲気といった感じになってしまいました。 温かい目で見ていただければ幸いです。

ちなみに実際に見ている限り、繊細さはいたしかたないものの、雰囲気的にはもう少し実物に近いものがあるように思えます。 下にいつもの交差法による裸眼立体視写真がありますので、いやでないかたはそれで立体的に見ていただければと思います。

f0108133_1662354.jpg

[写真] ツヅレカラタチゴケの編みぐるみ: 直径約4cm


実物は直径15センチほどある立派な個体で、長野県の菅平高原にて撮影したもの。


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX K-5 + TAMRON SP 90mm f/2.8 Di MACRO 1:1
PENTAX Optio 750Z

# by at384 | 2017-06-18 16:57 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_23522122.jpg

妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの七十九作目、カワラタケです。

f0108133_053927.jpg公園の木の柵や倒木、弱った樹木などに生えるアレで、大量に生えることと、波打った姿が気持ち悪いと非常に不人気のきのこですが、妻はかなり気に入っており、かなり以前にも作っています。

ただ、その時はまだ余り糸で作っていたために、かなり大きくなってしまったのと、糸の色が実物ではありえないような明るい色となってしまいました。 これはこれで可愛らしかったのですが、今は実物にできるだけ忠実に作るようにしているため、いつかまた作りたいと言っていました。

カワラタケは数あるきのこの中でもとくに色の変化が豊富で、どの色にするのかの選択に迷うところではあるのですが、今回の編みぐるみではいろいろ見てきた中で、妻の持っているカワラタケの色の印象で色を組み合わせています。

f0108133_23524750.jpgf0108133_23524168.jpgf0108133_04266.jpg

大きさについては前作よりも細い糸を使用していますが、今回も色の変化を表現するため、実物の倍くらいの大きさにはなってしまいましたが、それでも以前より雰囲気が近付いているのではないでしょうか。

f0108133_0484565.jpgf0108133_0483812.jpgところで、今回実は一つだけ水を吹いているものがあります。 下から覗き込まないとわからないのですが、たまにカワラタケも分解水らしきものを出していることがあり、先日作ったニクウチワタケで使った余りのビーズもあったので作ってみました。

なお、今回も交差法による裸眼立体視写真を載せました。

f0108133_23532986.jpg

[写真] カワラタケの編みぐるみ: 傘系約5cm


実物の写真はいろいろな撮影地のもので、直径は3cmほど


PENTAX K-1 + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX Optio 750Z

# by at384 | 2017-06-05 00:55 | 菌類 | Comments(2)

ドドナエアの衰弱と復活

f0108133_2155172.jpg

f0108133_21551186.jpgいわゆるシンボルツリーのようなつもりで玄関前にドドナエアを植えているのですが、この冬にどういうわけか葉の色つやが悪くなり、上の方がすっかり枯れてしまいました。

全体が完全に枯れてしまっているわけではなさそうなので、少しずつ枝を切りながらまだ生きているところを調べて行ったのですが、下の方はなんとかまだ生きていることがわかり、春になって葉の青さも戻ってきました。

そんなドドナエアですが、こんなになってしまったのに五月の連休頃になって花が咲き出し、気か付けば実がなっていました。 しかも昨年よりも多くの実が付いているように思えます。

このまま実を育ててしまってよいのか心配ではありますが、量が昨年よりはるかに多いことと、残った部分の葉の色つやがかなりよいので、そのまま育てています。

[写真] ドドナエア: 生きている部分の高さ約40cm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2017-06-04 22:29 | 植物 | Comments(0)
f0108133_21223090.jpg

f0108133_21223771.jpgこの一週間は真夏を思わせる暑さだったのですが、そのおかげか庭の二つのベリー、ラズベリーとブルーベリーの実が色付き始めました。

ラズベリーは以前から栽培していますが、ブルーベリーは今年が初めてなので、とくに気になっていました。 右の写真に網の目が写っていますが、防鳥用の網を取り付けています。

写真を撮ったのが昨日の朝だったのですが、一日経ってさらに色は濃くなってきています。 早ければ次の週末には初収穫となるでしょうか。

[写真] ラズベリーの実: 直径約1.5cm / ブルーベリーの実: 直径約8mm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2017-06-04 21:50 | 植物 | Comments(0)
f0108133_20523060.jpg

今年は初めての試みでショウガをプランターで栽培することにし、五月の連休に植えたのですが、それから一ヶ月の間、まったく何も生えない状態が続きました。 心配で二週間ほど前に軽く土を掘り起こしてみたものの、植えた種ショウガは腐ってはいなかったものの、変化は見られませんでした。

それがここのところの暑さが幸いしたのか、この週末になってようやっと二本だけ発芽してくれました。 そしてもう一度土を掘ってみると、土の中にはもう二本準備中のようです。

ショウガは植えてから発芽まで一ヶ月半から二ヶ月かかるそうなので、一ヶ月目の今発芽しているのはかえって早いほうなのかもしれませんが、なかなか気を揉ませる野菜です。

[写真] ショウガの芽: 草丈約1.5cm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2017-06-04 21:16 | 植物 | Comments(0)