写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

きのこの編みぐるみ 〜 オオチャワンタケ

f0108133_063171.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第十五作目、オオチャワンタケです。

f0108133_071884.jpg春先に近所でアミガサタケ探しをしているときに、このきのこもあちこちで見かけ、久々に創作意欲を刺激されたようです。

オオチャワンタケは右の写真のような茶碗型のきのこで、直径1センチから数センチ程度の地味なきのこです。茶碗というよりはお猪口と言ったほうがいい位の大きさですが、条件がいいとかなり大きくなることもあり、昨年は直径10センチを超える、これまた茶碗どころかお皿と言ったほうがよさそうな超大物を見つけました。写真では白っぽい色をしていますが、乾燥してくると茶色っぽい色になり、この編みぐるみのような色に見えることもあります。

一般的な感覚からすると、アミガサタケと並んで、決して可愛らしいきのこではないでしょうが、毎年この時期に現れ、しかも年々数が増えているようで、我が家にとってはすっかり顔なじみのきのこになっています。
f0108133_064962.jpg

[写真] オオチャワンタケの編みぐるみ:直径約2.5cm



PENTAX K20D + DA35mm F2.8 Macro Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople K20D

Commented by kokusa5884 at 2008-05-23 21:51
ヒイロチャワンタケでなく、オオチャワンタケなんですね。それとも茶色の毛糸が余ったから?
Commented by at384 at 2008-05-23 22:47
まさにご推察の通り、最大の理由は茶色の毛糸が余ったからです。近所にちょくちょく生えてきて、かつて我が家のプランターにも生えてきたやつなので、顔なじみになっているというのもあります。
ヒイロチャワンタケも昨年出会っているのですが、なにぶんにもオレンジ色の毛糸はなかなか需要がありませんので、お預けになっています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2008-05-21 00:09 | 菌類 | Comments(2)