写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

きのこの編みぐるみ 〜 フクロツチガキ

f0108133_7221363.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの第七弾、フクロツキガキです。

いわゆる「きのこグッズ」と言えば、普通日本ではドコモダケか、赤い傘に白い斑点のベニテングタケのようですが、我が家の編みぐるみたちは前回前々回あたりからアミガサタケなどという、なかなかマニアックなものになってきています。

f0108133_7223419.jpgそして今回は更にマニアックなきのこです。

フクロツチガキはこんな感じ(写真は仲間のエリマキツチグリ)のきのこで、若い柿の実をひっくり返したような面白い形をしており、真ん中の袋をつまむと、てっぺんから胞子をばふっと噴き出します。

秋になると結構そこいら中に生えているきのこなのですが、存在があまりに地味なので、少なくとも日本に於いてはこれがきのこグッズになることはあり得ないのではないでしょうか。

しかし、よくよく見ると丸っこい体に、まるで蜜柑の皮を剥いたかのようにきれいに裂けた外皮、ちょこんととんがったてっぺんなど、なかなか愛嬌のある姿をしています。実際これが地面に並んでいると結構可愛らしく、我が家ではすっかりきのこの聖地になっている白金台の自然教育園で、まだきれいな状態の大きなエリマキツチグリが並んでいるのを見て、妻はすっかり気に入ってしまったようです。

本当はエリマキツチグリを作りたかったようなのですが、襟巻き状にひび割れて剥けた外皮の形が複雑すぎ、ともするといかつくなってしまうので、形が比較的単純なフクロツチガキになりました。色が濃いめになっているのは毎度のごとく、余った毛糸の都合です。

そして、実は前回作から使用しているのですが、きのこの編みぐるみが増えてきたので、私も参加ということで、家にあった不要な布を再利用して、ユザワヤで買ってきた毛糸や綿や台となる板とあわせて、ささやかなきのこ山を作って展示台にしてみました。近くで見ると色々粗も見えるのですが、編みぐるみを生やしてみると、我ながらなかなか賑やかでいい感じになっているのではと自画自賛しています。

f0108133_7215588.jpg

[写真] フクロツチガキの編みぐるみ:直径約13cm、きのこ山(展示台):約30cm四方



PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8
PENTAX K10D + DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople K10D

Commented by kokusa5884 at 2007-05-27 10:21
これは一人で鑑賞していてはもったいないのでは?!
今度はキヌガサタケなんていかがでしょう。でもちょっと高さもあるし、マントの部分がへなへなにならないようにするのに工夫が要るかも。。
Commented by at384 at 2007-05-27 21:13
作ってもらっている私が言うのも何ですが、ほんと、キヌガサタケは是非仲間に加えたいです。
まず何より一度お目にかかりたいです。見たら興奮して卒倒してしまうかもしれませんが...
Commented by hatake-garden at 2007-05-28 08:12
おぉぅ・・・見たことも聞いたこともないきのこであります・・・。
「てっぺんから胞子をばふっと噴き出します」っというところを見てみたい・・・。
こんな形のきのこがあるとは、っと驚きですが、すごくかわいいです!毛糸の質感がまたナイス!であります。てっぺんのオバQの毛みたいなとこも愛らしいです。
Commented by at384 at 2007-05-28 23:10
結構よく見かけるきのこなのですが、暗くてじめじめした所が好きなので、そんな場所に行かないと見つからないかもしれません。見かけても柿だと勘違いする人もいるようです。私も子供の頃、柿が落ちて腐った奴だと思っていました。
ちなみに、実物はこんなに大きくなく、せいぜい1〜数センチで、てっぺんのオバQの毛みたいなのはかなり誇張しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2007-05-27 08:53 | 菌類 | Comments(4)