写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いろいろ発芽しました

f0108133_20523480.jpg

連休中の五月三日にいろいろと種を播いたり植えたりしてから約三週間半、いろいろと変化が出てきました。 なかにはすでに先週末の時点で発芽していたものもあるのですが、何やかやで出しそびれてしまったので、まとめて紹介します。

f0108133_20525865.jpgまずはバジルです。 バジルは播種後五日ほどで発芽し、既に先週の時点で双葉末が出揃って最初の間引きを行いました。 今週末は本葉が顔を出しています。

次にトウモロコシ。 こちらもバジルと同じ五日目に発芽し、今週末は間引きを、三本のうち一本を根元から切り取る方法で行いました。 まだこの段階ではトウモロコシらしいゴツさは見られず、そこら辺からネコジャラシか何かのイネ科の雑草が紛れ込んでも区別が付かなそうですが、日当たりなのか元肥の撒き方にムラがあったのか、株によってかなり成長の差が現れ始めています。

f0108133_20524252.jpg次はアシタバで、 昨年三宅島の港の土産物屋さんで買ってきたものです。 播いてからなかなか発芽せず気を揉んでいたのですが、袋に書いてあった説明では発芽まで一ヶ月近くかかるとのことだったので、待ち続けていたところ、三週間以上経ってようやっと発芽しました。

同じセリ科のコリアンダーやディルならば一週間もあれば発芽しますし、そもそも好日性種子ならば競争相手がいなくなったらすかさず発芽するという作戦のように思えるのですが、そんなにのんびりしていては他の植物に先を越されてしまわないのでしょうか。 ただ、アシタバは日陰で育つそうなので、あえて発芽を遅らせる作戦なのかもしれません。

f0108133_20525174.jpgそしてオカワカメ。 昨年小さな植木鉢で育ててうまく行ったと思ったのですが、秋になって地下茎を掘り出してみると、悪条件が祟ってすっかりやせ細っていました。

とりあえず元肥をしっかりやって植えてはみましたが、まったく発芽する気配がなく、やはりダメになってしまったのかとおもっていたところ、わずか二つながらも発芽してくれました。 相変わらず小さな植木鉢なのですが、今年は肥料をしっかりやって太らせたいと考えています。

[写真] バジル: 幅約1cm / トウモロコシ: 高さ約10cm / アシタバ: 幅約2cm / オカワカメ: 高さ約1.5cm



OLYMPUS TG-3 Tough

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2017-05-21 22:15 | 植物 | Comments(0)