写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

念願のニオウシメジ詣で

f0108133_2039362.jpg

明日は仕事が休みという昨晩のこと、予期しなかった情報が飛び込んできました。 埼玉県久喜市にある高柳大香取神社の境内にニオウシメジが大発生したというのです。

この神社には昨年もニオウシメジが生えて話題になったのですが、遠いことと交通手段が無いことから訪れるのは諦めていました。 ところが何という僥倖でしょうか、明日は休みで、しかも二年目は生えないだろうという予想を上回る大発生です。 これを逃したらもう生涯出会う機会は無いかもしれないかもしれないと、意を決して本日会いに出掛けました。

到着してみると、10メートル以上離れた神社の入口からもはっきりわかる白っぽい塊の数々。 神社を取り巻くウッドチップの通路をふさぐように、ニオウシメジの株立ちが点々と陣取っていました。 巨大なきのこが塊となって、2メートル×7メートルほどの地面を点々と占領している様子は、冗談としか思えないような、何とも珍奇で不思議な光景です。

ご近所の有志のかたが保護用の柵を立て、カラスなどに齧られないように夜間は柵ごと布で覆い、乾燥すれば散水と、面倒を見てくださっているのですが、お話を伺ったところでは九月の中旬頃に生え始め、三週間ほど経ったのが現在の様子とのことでした。

f0108133_2040898.jpgf0108133_20402952.jpg


今年は雨が多いためか、その後も次々と発生して柵の外にも生え出してしまい、柵を急遽広げたそうです。 また、発生場所も少し離れた場所にもう一カ所と、まさに大発生です。 ちなみに下の写真の右側がもう一カ所のもの、左側が後から生えて柵を拡張した辺りで、妻の持っていた日傘を比較までに後ろに置いてみたのですが、この大きさがわかるでしょうか。

f0108133_20421226.jpgf0108133_20421813.jpg


ちなみに下の左側の写真は発生して4日目のものだそうです。 右側の写真は何日目のものかわかりませんが小ぶりなほうの個体で、これでもいわゆるジャンボマッシュルームほどの大きさはあります。

f0108133_20411862.jpgf0108133_2041264.jpg


ご近所のかたのお話では、以前は神社の周囲にはアカマツやナラやクヌギが生えていたのですが、公園にするために一部を伐採し、それを粉々に砕いて全部埋めたそうで、どうやらそれが熟成して栄養分豊かになった結果、ニオウシメジが生えてきたのではないかとのことでした。

f0108133_20413269.jpgf0108133_20423189.jpg

f0108133_20575529.jpgf0108133_205815100.jpg

f0108133_2059570.jpgf0108133_20595222.jpg


ところで神社の周りは、通路にも植え込みにもウッドチップが敷き詰められており、ニオウシメジの他にもいろいろなきのこが生えて、すっかりきのこの楽園状態になっていました。

その中でもとくに大量だったのがキツネノタイマツで、あちこちに点々と生えるだけでは物足りず、なんと巨大な菌輪すら作っていました。 残念ながら時間が経ってしまったために、ほとんどが折れたり倒れたりしていましたが、これはこれで壮観です。

f0108133_20425731.jpgf0108133_2043252.jpg


ほんの1時間ほどの滞在でしたが、念願のニオウシメジを、しかも大発生という滅多にない光景を見ることができ、大いに楽しませてもらいました。

[写真] ニオウシメジ: 傘径約20cm / キツネノタイマツ: 長さ約10cm


いちばん上の写真をはじめ、ニオウシメジの傍らにも様々な小さなきのこが生えていました。


OLYMPUS STYLUS 1s

Commented by kokusa5884 at 2016-10-10 17:48
このニュースを知ってから、気になって気になって。。
でも、やっぱり遠いし、この季節、行きたいきのこポイントも多数ありますので、今回の発生も写真だけで我慢します。東海地方で出てほしいものです。
Commented by at384 at 2016-10-10 18:32
私もどうしようかと散々悩んだのですが、これまでにも行ける距離で二度機会を逃しており、今度ばかりは行かずにはおれませんでした。しかしこの巨大きのこおかげで今年のきのこ運を使い果たしてしまったのでしょうか、それ以降は最盛期のはずがどこに行っても大外しです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2016-10-04 22:47 | 菌類 | Comments(2)