写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

きのこの編みぐるみ 〜 ベニテングタケ

f0108133_22110474.jpg
妻が作ってくれたきのこの編みぐるみの五十一作目、ベニテングタケです。

f0108133_22122686.jpgf0108133_22131424.jpg以前、ベニテングタケをどうしても見たくなって、ペンションきのこに行った話を記事にしましたが、そのときに見たベニテングタケの可愛らしさに、あまりにありがちな題材とはいえ、どうしても作らずにはいられなくなったようです。

じつは最近きのこの編みぐるみの記事に「余り糸で」という言葉を付けていないのですが、これは欲しい色や質感の余り糸を待っていては、いつまでたっても作りたいきのこを手掛けられないために、きのこ用の糸を買うようになっているからで、このベニテングタケも傘に使った糸は、このために探して購入しました。

f0108133_22112040.jpgそんなベニテングタケの編みぐるみですが、きのこの編みぐるみというと世間一般ではやはりベニテングタケを模したものというのが相場です。

安易に作ってしまっては、単に赤い傘に白い斑点という「かわいい毒きのこちゃん」とでもいうような、いかにも雑貨という感じの作品になってしまいますので、色や形、とくに傘の表面についたつぼの破片の付きかたには相当気を使っていたようです。

f0108133_22113395.jpgこうして試行錯誤を繰り返しながら編んだ作品ですが、そのかいあって毛糸で編んだものとしてはこれ以上はないほど生々しくできたのではないかと思います。

おりしも、東京では関西より数週遅れで放映される『探偵!ナイトスクープ』で、『ベニテングタケを見たい』と三歳の男の子がペンションきのこに行って、ベニテングタケを見つける話が流れていましたが、テレビの前にこの編みぐるみを置いて、夫婦して喜んで見ていました。

なお、またいつも通りの交差法による裸眼立体視写真も載せておきます。
f0108133_22120092.jpg


f0108133_22115149.jpgところで、ベニテングタケにちなんでですが、こんなものを作ってみました。赤いベレー帽に、白いフェルトの点々をちりばめて、いかにもベニテングタケっぽくしてみたものです。

いい歳をしたおっさんが、何をやっているんだかという感じではありますが、きのこ関連の催し物の際には「正装」としてかぶって行こうかと思っています。

『探偵!ナイトスクープ』に出ていた男の子は最初、「将来ベニテングタケになりたい」と言っていたのが、最後には「タマゴタケになりたい」に変わってしまいましたが、私はこれでちゃんとベニテングタケになります。

[写真] ベニテングタケの編みぐるみ: 傘径約8cm


ふつう実物はもう少し大きいようですが、私たちが見たものは気候的な条件もあってか、小ぶりなものがほとんどで、この編みぐるみと同じくらいでした。


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX Optio 750Z

Commented by kokusa5884 at 2013-11-11 08:26
傘のふちの色が退色しているところも表現されていて、レベルの高さを感じます。ツボも段々になってるし。。
ところで、帽子からキノコが生えているようにも見えますが、これは単に後ろにあるだけなんでしょうか。
Commented by at384 at 2013-11-11 23:27
ありがとうございます。
ちなみに帽子の後ろにあるのは、この編みぐるみで、置いてあるだけです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2013-11-10 23:38 | 菌類 | Comments(2)