写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

きのこの編みぐるみ 〜 スエヒロタケ

f0108133_11274775.jpg

f0108133_11274745.jpg妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの四十九作目、スエヒロタケです。

前回ニオイコベニタケという、いかにも一般的なきのこらしい形の編みぐるみを作ったのですが、やはりまたこういう、一般的にはあまり見向きもされないきのこになりました。

スエヒロタケは、図鑑ですら乾燥してひからびたような姿しか載っていないことが多く、地味なきのこの印象がぬぐえないのですが、じつは近所にこのスエヒロタケが大発生する樹があり、今年は空梅雨で壊滅状態になってしまったものの、新鮮な状態で見るとじつに見事な姿を見ることができます。

f0108133_11445629.jpgそれは地味どころか、左の写真のような極めて精巧で美しいひだを持っており、スエヒロの名も先が拡がっているというだけで何となくついたものではなく、これをスエヒロと言わずして何と言うかという感じでしょう。

こんなみずみずしいスエヒロタケを見て以来、いつか編もうと思っていたそうで、いろいろと編みかたを考えたすえ、ようやっと満を持して制作に至ったようです。

f0108133_11275373.jpgそんな思い入れもあって、とくに裏側のあの美しいひだの雰囲気を再現しようと苦労していましたが、さすがに編み物では完全に再現とまではいかないものの、生えたばかりのみずみずしいスエヒロタケの姿は伝わるのではないかと思います。

ただ、そもそも編みぐるみ以前に実物のスエヒロタケの美しさ自体をどれだけわかっていただけるのかというところが少々不安なところもあります。

f0108133_23112676.jpgもしスエヒロタケのひからびた灰色っぽい姿しかご存じないかたがいらしたら、編みぐるみを作ってはしゃぐだけの価値がある、すてきなきのこだと意識していただいて、ぜひ実物の新鮮な姿もご覧いただければと思います。
なお、また恒例の交差法による立体視写真も載せておきます。
f0108133_11281035.jpg

[写真] スエヒロタケの編みぐるみ: 傘径約1.7cm


実物はやや小さめで1.2cmくらい


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited
Optio 750Z

Commented by kokusa5884 at 2013-09-09 22:18
これはまた、難しいものに果敢にチャレンジされましたね。
スエヒロタケが重なった姿は格別ですからねえ。今回の作品の裏の拡大写真がもっと見てみたいです。なにせ老眼ですので。。
Commented by at384 at 2013-09-09 23:29
いつもありがとうございます。
裏の拡大写真を追加してみましたが、さすがに実物のあのひだの再現は難しく、拡大するとごまかしているのがバレバレですね。
やはり夜目遠目傘の内がよろしいようです。
Commented by kokusa5884 at 2013-09-10 08:09
リクエストに応えていただき、ありがとうございます。いえいえ、努力の跡がしのばれます。これと同じ系統ではエゴノキタケもありますね。
Commented by at384 at 2013-09-10 23:55
エゴノキタケとはまた不気味可愛いきのこを。
私が作るわけではありませんが、いい状態のものを見たら創作意欲が湧きそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2013-09-08 12:14 | 菌類 | Comments(4)