写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

きのこの編みぐるみ 〜 マントカラカサタケ

f0108133_843487.jpg

妻が編み物の余り糸で作ってくれたきのこの編みぐるみの四十四作目、マントカラカサタケです。

f0108133_844346.jpgこのきのこは、私が今まで見た内でもいちばん妙ちくりんな部類に入るのではないかと思っています。 この長い棒の先に玉がくっついた杖のようなものが、何の前置きもなく突然な感じで地面から直立しているさまは、周囲の光景に対してあまりに調和を欠き、地球外生物を思わせるものすらあります。 しかもその高さが三十センチ以上と、きのこの中でも最大級なのです。

などといかにもすごいかのように説明していますが、じつはこの姿は傘が開く前のもので、傘が開いてしまうと普通のきのこになってしまいます。普通といっても違和感を覚えるには充分な大きさなのですが、誰の目にもきのこだと判別がついてしまい、正体不明の「なんじゃこりゃ」的な衝撃は失われてしまいます。

f0108133_8221297.jpgそのようなわけで、傘が開く前の怪しげな姿を編みぐるみにしたのですが、もう一つに、このきのこの傘の開いた姿をまだ自然の状態で見たことがないというのも理由です。既に抜き取られた状態では見ているのですが、それでは雰囲気がわかりませんし、やはり編むなら妙な姿のほうがいいということで、今回は幼菌ということになりました。

もちろん、たとえ傘が開いていても珍妙さはたっぷりなので、今後もし成菌の姿を見られることがあれば、また編んでもらえるのではないかと思っています。

なお、今回も例によって交差法による裸眼立体視写真を下に掲載します。

f0108133_843931.jpg

[写真] マントカラカサタケの編みぐるみ:高さ32cm


実物もだいたいそのくらいの高さ(八国山緑地, 国立科学博物館筑波実験植物園)


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

Commented by kokusa5884 at 2012-02-06 21:13
え~っ。開いた状態を見たことがないんですか。開いたら開いたでその大きさに感動すると思いますよ。ちょっと編みぐるみには向かないと思いますが。。
Commented by at384 at 2012-02-06 22:59
残念ながら、既に引っこ抜かれたやつしか見たことがないのです。しかもかなり小ぶりなやつだったので、実感が湧かなくて。ぜひとも開いたところを見てみたいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2012-02-05 11:17 | 菌類 | Comments(2)