写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

葉牡丹の宝石

f0108133_0442923.jpg

f0108133_044447.jpg昨年の冬に植えた葉牡丹のうちの一種類が春になっても花を咲かせず、そのまま夏を越してまた冬を迎えようとしています。

夏の間にひょろひょろと伸びて背が高くなってしまい、どことなく間が抜けた感じにはなってしまったため、一時は処分しようかとも思っていたのですが、ここのところの冷え込みで葉の色が鮮やかになってきれいになってきたので、このままこの冬も育てることにしました。

f0108133_0443715.jpgそんな葉牡丹ですが、今朝見たところ昨夜の雨で葉の中心部分の、キャベツで言えば結球しているところに水滴がたまっていました。

揺らすと大粒で透明な水滴がぷるぷると揺れ、甘露とでも言いたくなるような、なんとも素敵な光景です。

[写真] 葉牡丹: 草丈約30cm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2016-11-28 01:07 | 植物 | Comments(0)
f0108133_0123560.jpg

f0108133_0122664.jpg今年、ラズベリーが思いのほかよく実を付けて楽しめたため、ついつい調子に乗ってブルーベリーにも手を出してしまいました。

入手したのが秋であったため、収穫は来年のお楽しみとなってしまいますが、こことところの寒暖差のおかげもあってか、ブルーベリーの葉が見事なまでの鮮やかさで紅葉しています。

改めて見ると我が家の庭は食べることばかり、鑑賞することなど考えてもいなかったため、常緑樹か残念な枯れかたをする植物しかなく、思わぬところで楽しみができました。

[写真] ブルーベリーの葉: 長さ約4.5cm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2016-11-28 00:33 | 植物 | Comments(0)
f0108133_051111.jpg

以前、秋のラズベリーは出来がいまいちと書いたものの、後でそうではなかったと訂正したのですが、その後、さらに付いていた大量の花芽がほぼみんな熟し始めて、かつてない大豊作となってしまいました。

まだこれから熟して来そうな味がたっぷり残っており、この分だとこれもかなりの率で熟してくるのではないでしょうか。

果物ではよく、豊作の翌年は出来が悪くなると聞きますが、こうなると来年が心配になってきます。

f0108133_0123024.jpgf0108133_0124592.jpgf0108133_0123820.jpgf0108133_05329.jpg

[写真] ラズベリーの実: 直径約1cm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2016-10-24 00:31 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23495422.jpg

先週の中頃、ふとキンモクセイの香りがうっすらと漂っているように感じたのですが、庭のキンモクセイを見てみたところ、やはり二つだけですが咲いていました。

気温の変化がその要因だったのでしょうか。

[写真] キンモクセイの花: 直径約2mm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2016-10-24 00:01 | 植物 | Comments(0)
f0108133_2329482.jpg

予定外のニオウシメジ詣でが間に入ってしまいましたが、日曜日の八国山緑地の話の続きです。

どうやらその前の週に一斉に出てしまったようで、あちらこちらにきのこの残骸が転がるなか、それでもまだまだ元気なきのこは残っていました。 実際にはもっと多くの種類があったのですが、そのうちの状態が比較的よかったものをご紹介します。

いきなり同定できない不明菌からですが、落ち葉の間から生える赤茶色の傘が可愛らしいきのこと、青紫色がきれいなきのこです。 青紫色のほうはカワムラフウセンタケのようにも見えますが、茶色がかっているものの、傘まで紫色である点が判断に迷うところです。

f0108133_23295461.jpgf0108133_2330541.jpg


こちらはベニタケの仲間で、これまた同定が困難なきのこです。 傘の赤いものはあちらこちらに生えていたのですが、今回見たものは八国山緑地でよく見かけるヤブレベニタケとは異なっていることだけは外見からわかるものの、何とも言いがたいものがあります。

f0108133_23315291.jpgf0108133_2332044.jpg


こちらは今回一本だけしか見られなかったキタマゴタケと、一カ所に数本だけはえていたタマシロオニタケです。

f0108133_23322996.jpgf0108133_23323965.jpg


この週末はシロオニタケの仲間が多く、他にも離れていて同定できなかったのですが、一番上の写真のものが可愛らしい表情をしていました。 拡大してみれば単なるゴミに過ぎないのですが、離れた場所から見ると傘の表面のつぶらな目がこちらを見ているようなのがわかるでしょうか。

[写真] 八国山緑地のきのこたち



OLYMPUS STYLUS 1s

# by at384 | 2016-10-07 00:42 | 菌類 | Comments(0)