写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
f0108133_0201075.jpg

深大寺一帯がきのこで埋め尽くされた日曜日は、ただ単にきのこが生えたというだけではなく、きのこの活動も盛んでした。

まずは深大寺脇の小型菌の宝庫となる一角に生えていた小さなノボリリュウタケで、見つけて近付いたところ、ぽわっと胞子を吹き出すのが見えたのです。 胞子を吹き出したとなれば、恒例の動画撮影をせずにはいられません。 こうして撮影したのが下の動画で、ほんの一瞬なのですが、息を吹きかけた直後、かすかに白っぽい胞子が吹き出しています。



その後、神代植物公園植物多様性センターを探索していると、ふと通りがかった樹の幹に生えていたコフキサルノコシカケから胞子が漂い出しているのを見つけました。 コフキサルノコシカケという名前にもある通り、きのこの周囲には胞子がこびりついて真っ茶色になっているくらいなので、吹いているのは想像に難くないのですが、実際に吹き出しているところを見たのは初めてでした。


[写真] ノボリリュウタケ: 長さ約1cm / コフキサルノコシカケ: 直径約20cm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2016-09-27 00:48 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_023223.jpg

雨上がりでむっとするほど湿度が高かった日曜日、これは生えるに違いないと、またいつもの深大寺一帯に出かけました。

しかし予想は確かに当たったのですが、ここまで凄い状態だとは思いませんでした。 もはやきのこは探すまでもなく、周りを見回すだけで地面に、木の幹にと、そこいらじゅうに生えています。 一番目立っていたのはハリガネオチバタケやハナオチバタケで、落ち葉の積もった場所にはまんべんなく生えているといった状態。 おそらく今日この一帯に生えていたきのこの総数は軽く1万本は超え、5万本にすら達していたのではないでしょうか。

こんなに生えてしまって、この秋はもう出尽くしてしまったのではないかと心配にすらなってきます。

f0108133_0434381.jpgf0108133_0435018.jpgf0108133_0435662.jpg

f0108133_044284.jpgf0108133_044326.jpgf0108133_0443831.jpg

f0108133_045387.jpgf0108133_045752.jpgf0108133_0451299.jpg

f0108133_0452961.jpgf0108133_0453542.jpgf0108133_0452081.jpg

f0108133_0454084.jpgf0108133_0454757.jpg

[写真] 深大寺一帯のきのこたち



OLYMPUS STYLUS 1s
OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2016-09-26 01:01 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_2201133.jpg

f0108133_220164.jpg先日、秋のラズベリーは出来が今ひとつのような話を書きましたが、先週の雨続きのあとで週末にラズベリーの出来具合を見たところ、これまであまり数多くは熟していなかった実が、大量に赤く色付いていました。

確かに長雨のためか途中で腐ってしまった実も少なくはないようでしたが、今まではぽつりぽつりとだったものが、ここに来て一気に熟したようです。 よく見るとまだまだこれから熟して来そうな実も結構残っており、出来が今ひとつという見方は変えたほうがよいかもしれません。

f0108133_2202683.jpgちなみに収穫した実を食べたところ、甘みも今までより格段に増しており、量だけでなく質も上がっています。 ただ、実の大きさは初夏のものと較べると小粒になっている気はしますので、その点はまったく同等ではありません。

これが秋にできるからなのか、育て方で改善できるものなのか、今のところはまだわかりませんが、今年育てている中で、ラズベリーの習性がなんとなく把握できてきたので、来年は夏場の管理の仕方を変えてみようと思います。

[写真] ラズベリーの実: 直径約1cm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2016-09-25 22:51 | 植物 | Comments(0)
f0108133_16355020.jpg

庭のラズベリーがじつは二季なりの品種で、八月の末頃にまた花芽が現れたという話を書きましたが、その後ゆっくりと果実が成長し、九月の中旬頃から少しずつ熟して収穫できています。

ただ、気候のためか、株が疲れているためか、それとも肥料が足りないのか、原因はわかりませんが、初夏にできた実と較べると歩留まりが悪く、熟したものも小さく粒が少ないようです。 気のせいか、甘みも今ひとつに感じられてなりません。

長雨で熟した実が腐ったり、粒が落ちてしまったりという原因もあるのかもしれませんが、二季なりとは言ってもそう欲張るものではないのでしょう。

ちなみに今年ラズベリーを育てていて気付いたことが一つあります。 真夏にあまりに草丈が伸びてしまったために、一番背の高い株の幹を二メートルほどの所で切ってしまったのですが、その後伸びて来た脇芽が育った枝にも花芽が大量に付いていました。

ということは、初夏の収穫量を増やす目的とやらで、冬に入る前に翌年の結果母枝を一メートルほどの高さで剪定しているのですが、夏に伸びて来た幹も見苦しいほどだらしなく伸ばさず、一メートルくらいで切り詰めてみても伸びた側枝に花芽が付き、実の出来具合がよくなるのかもしれません。

これは来年の課題としましょう。

[写真] ラズベリーの実: 直径約1cm



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2016-09-22 17:06 | 植物 | Comments(0)
f0108133_15242282.jpg

春先に植木鉢に埋めておいた地下茎から発芽したオカワカメは、植え替えせずにそのまま育てた結果、夏が終わってみれば草丈は4メートル以上になり、見事なまでにボーボーに茂っていました。

上の写真の向かって右側の一群がオカワカメで、これでも二階に達して物干し台に巻き付き始めたので上のほうのつるを切り落とした後のものです。 摘心を途中で怠って二階に達してから慌てて剪定したために、上ばかりに偏って茂ってしまいましたが、たっぷりと茂った葉は野菜が高値だったこの夏、葉物野菜として重宝しました。

f0108133_15242691.jpg写真だけ見ると緑のカーテンに占める面積としては僅かなように見えるのですが、20リットルの大型プランター二つに植わっているゴーヤーに対し、オカワカメは30センチ程度の植木鉢で、しかもその鉢はすり鉢のように下が直線的にすぼまっていて土の量は僅かしかありません。

そこから生えた4〜5株のオカワカメがこのような状態になっているのですから驚きです。 野菜作りでよく聞くのが、土の上と下の体積はほぼ同じなので、鉢が小さいと草丈も伸びず収穫量が少ないという話ですが、オカワカメに関してはあまり当てはまっていないように思われます。

違いがあるとすれば、地植えや大きめのプランターで育てていた時は節々にできていたむかごができていなかったり、新しい地下茎が増えていないといった点でしょう。 ただ、オカワカメのむかごは食べても大して美味しくなく、積極的に株を増やすつもりでもなければ、あまり問題ではないと考えます。

そういえば、晩秋にオカワカメの地下茎を掘り起こしてみたとき、地下茎から伸びている根が非常に細く短くて少ないように思いました。 短いのは根が細いために切れてしまったものと思っていたのですが、本当に根が少ないのかもしれません。

こう考えると、葉の収穫だけを考える限り、オカワカメの栽培には大きなプランターは不要なのかもしれません。 プランターで育てたい野菜はオカワカメ以外にいろいろあり、置き場所や費用的な点も限度があるので、この様子なら来年もオカワカメは植木鉢で育ててみようと思います。

[写真] オカワカメ: 草丈約4m



OLYMPUS TG-3 Tough

# by at384 | 2016-09-22 16:26 | 植物 | Comments(0)